サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

王太子の愛檻(エバープリンセス)

王太子の愛檻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

前半は悪くないんけれど……

2015/12/11 01:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pisces_pk - この投稿者のレビュー一覧を見る

焦れて無理やりするは好きみけどう、ヒロインの気持ちの変化が速いすぎは凄く惜しい!ちなみに、電子版はイラストを入りませんは残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ダメな人は、きっとダメかもしれないけれど。

2016/04/19 14:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

未来を予知する娘は、バンシー(精霊)と呼ばれ、村の人達の庇護の元に暮らしていた。
早く次代のバンシーを産むために、夫をとるようにと村長に言われるが、なかなか心が決まらない。
そんなある日、崖から落ちてきた若者を助けるが、彼はこの国の王太子ファーガスだった。
娘を城に連れて行き、シーラと名付けた王太子は、彼女に一心に愛を請うのだが、シーラは身分違いが懼れ多くて、その心に応えられない。
シーラの身辺を調べたファーガスは、彼女がバンシーと呼ばれることを知る。
彼女を村に帰したら、村の男に共有されて犯されて孕まされる運命であることも。
事実を告げてもかたくなに心を開かないシーラに、恋情を暴走させるファーガス。

信じていた男に無理矢理望まない行為をされるというのは、行きずりの男に犯されるのとはまた違う残酷さがある。
シーラの母親の運命も過酷でぞっとさせられますが、最初のファーガスの無理矢理シーンは、シーラがすごく可哀想でした。
淫靡であればあるほど、鬼畜、鬼畜と頭の中でぐるんぐるんまわりました。
鬼畜な行為のあと、反省して甘く優しくなる…DV夫の典型ですよね。
とにかくここまでのシーンは、シーラが可哀想で可哀想で、思わず涙があがってきたほどでした。
そのあとコロっと彼への愛を自覚するシーラですが、それならもうちょっと、鬼畜的な行為に嘆く中にも、恋する切なさを見せておいて欲しかったなぁ。
と、思いながら読み返すと、自分をバンシーとしか見られない、と心を凍らせるシーラと同じく、自分のことを王太子としてしか見てもらえない、一人の男としては見てもらえない、と思ってシニカルに笑うファーガスの気持ちが見えてきて、彼に対しても、ちょっと同情的になることができました。

後半はそんなに痛いこともなく、とはいえ、シーラの「未来を視る」という能力は、重い宿命を持っているので、お気楽なストーリーでは終わりません。
でも甘いエロを絡めつつ、ちょっとドラマティックな展開で、用意されたラストへと収束していく感じです。

なんていうのか、前半すごく痛すぎて、でもその痛い部分が良かった感じもします。
ダメな人はきっとダメかもしれない。
もちょっとシーラの恋情をわかりやすく書いててくれたら、★いっこ増えたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示