サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ペトロ
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ペトロ(中公文庫)

ペトロ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

今度は外国人の相棒と二人三脚

2015/03/10 22:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野敏の警察小説である。といっても今野の警察小説にはシリーズ化されたものがいくつもある。本書は碓氷警部補のシリーズである。碓氷警部補は警視庁の捜査一課に属する刑事であるが、実際の捜査に当たるよりは、事件の全体像を確認する調査を任されることが多いと作品の中でも説明がある。

 今野の作品ではキャラクターを描く旨さが際立っている。今回もレギュラーが捜査一課のメンバーであるが、ゲスト的な存在がシリーズ作品で毎回変わっているようだ。小説ではそれを相棒と呼んでいる。今回のタイトルであるペトロとは、ペトログリフの意である。

 大学教授夫人が殺され、その現場の壁に古代文字ペトログリフが刻まれ、残されていた。わざわざ手がかりを残すようなことをするのは、小説の上だけであろう。否、何か主張がある場合はそうするかも知れない。

 大学の教授なので、大学の研究室のメンバーも幾人か登場する。実は教授夫人は教授の教え子であった。よくあるパターンのようであるが、ここから今野がどのようにストーリーを展開させていくかである。

 お決まりのように教授の椅子を争うパターンなのか、あるいは殺された夫人と親しくしていた者はいないかという男女の愛憎怨恨パターンなのか、一応警察小説なので捜査員はあらゆる可能性をあたってみるのだ。

 そこへ行くと、主人公の碓氷警部補は残されたペトログリフの謎の解明に当たる。管理官も捜査一課長も碓氷には一般的な刑事が行う捜査ではなく、調査が得意という評価があるようである。このペトログリフの専門家が別の大学の教授である外国人アルトマン教授であった。

 これはやや風変わりである。碓氷も言葉が心配であったが、幸いアルトマン教授は日本語を流暢に話す。ここからが有り得ない話なのだが、参考人からの事情聴取にアルトマン教授も同席したりする。碓氷はアルトマンの見解を尋ねたりもする。最後は推理まで尋ねたり、披露したりでアルトマン教授の学問的な専門性がどこかへ吹き飛んでしまっている。

 あまり、リアルな小説では面白みがないのだが、やや白けてしまうところでもある。しかし、シリーズの中にはもっと白けてしまうエピソードもあるので、この程度はまだ序の口かも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ペトロ

2016/01/19 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

碓氷刑事と専門家との組み合わせというユニークなシナリオを展開して第5弾、今回の専門家は考古学学者です。なかなか思いつかないですね。最後まで一気読みです。面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/25 21:26

投稿元:ブクログ

2015/01/25 購入。今野敏の2012年の作品。今野敏なら何でもという感じで読んでた時期もあったけど、最近は少し遠ざかっていた。ちょっといつもとパターンが違う気がしたので買ってみた。

2015/03/01 20:48

投稿元:ブクログ

久しぶりに読んだ推理小説。2時間ドラマでお馴染み警視庁捜査一課・碓氷弘一シリーズ。
『おれが当番の夜には、必ず何かが起きる。』から始まる普通ではない事件に、必ずスペシャリストの相棒がつくシリーズ。今回は考古学者のアルトマン教授。
設定は面白いが、2時間ドラマでお馴染みの作者なので、そんな感じの気軽な内容。さらりと何か読みたい時にはよいかな。

2015/12/08 12:45

投稿元:ブクログ

碓氷警部補シリーズ。主人公のはずの碓氷警部補よりもその協力者の頭脳が活躍するのがこのシリーズの特徴なのかしら。それは別にいいんだけど、これはあらゆる設定に相当無理あるなぁ。犯罪の動機、現場に残された二つの古代文字の意味、等々、ちょっと白けるほど納得感がなかった。協力者の日本語ぺらぺらのアルトマン教授の思考経路もほんとに…なんでやねん、て感じ。

2016/02/07 13:40

投稿元:ブクログ

新幹線の移動時の暇つぶしに読了
以前から面白い警察小説を書かれている作家さんと知っていたけれどとにかくシリーズが多いので手を取るのをためらっていたのでタイトルで決めた
タイトルの「ペトロ」は、犯行現場に残されたペトログリフと、キリストの12使途ふたつの意味から
熟練の刑事と、日本で教鞭をとる外国人大学教授と言うのはほかではあまり見かけないかな?(川瀬七緒の法医昆虫学捜査官が少し近い?)
大学と言う閉鎖された場所の人間関係と、残されたペトログリフの意味を調べ上げていくくだりが面白く、人との関係のボタンのかけ違いが悲しく
読み終わったあと、残された人たちの気持ちを考えるとやるせない

2015/02/18 17:32

投稿元:ブクログ

登場人物達の描写はやはり魅力的で
どんどん引き込まれていくけど、事件そのものの動機は?な感じ
ちょっと無理矢理かな感じ

2015/02/26 21:37

投稿元:ブクログ

面白かったよー!
殺人現場に残された古代文字なんて謎解きイベントマニア好み過ぎる設定。
久しぶりに夜更かしして読み切ってしまった。
今野敏さんの小説読むのも初めてだし、このシリーズ読むのも初めてだけど、最初から読みたくなって第1作目の「触発」をさっそく買ってきてしまった。
主人公の碓氷刑事の個性が薄い気がするけど、相棒のスペシャリストを際立たせるにはこんな感じでいいのかも?

8 件中 1 件~ 8 件を表示