サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

コンビニのおっちゃん

コンビニのおっちゃん みんなのレビュー

  • ぼん (著)
  • 税込価格:1,08010pt
  • 出版社:文芸社
  • 発行年月:201110
  • 発送可能日:1~3日

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2012/02/12 20:47

投稿元:ブクログ

「女の子は将来、結婚するかもせえへんから一通り生活できる技術を
身につけなあかん。
……やから、十八歳になったら家から出て行ってもらうから」。
知り合いのまったくいない土地で、アルバイトをしながらの大学生活。
そこで私が見つけた人生のタカラモノとは!? 
私の人生のええネタプレゼントします! 
ぴっかぴかの感動エッセイFROM秋田をあなたへ。


実は著者がお友達です。
彼女の人柄やこの本に出てくるエピソードは十分知っている
つもりでしたが、この本を読んで「この時こう思ってたんだ」
「だからこうなったんだ」と新しい発見もありました。

「いつも笑顔で人とのつながりを大切にする」

それは当たり前なのかもしれないけれど、できてない人って
意外と多い気がします。
でも彼女はそれができています。
だからこそ、幸せな人生を送れているのかもしれません。

大学4年間の思いがこめられたこの本は、今の自分と重なる
ところが多かったです。
難解な表現は使わず、ストレートで関西弁まじりな文章は
心にすっとはいってきました。

私も彼女のようにいつも笑顔で人とのつながりを大切にできる人に
なりたいです。

2013/09/24 19:27

投稿元:ブクログ

「18歳になったら、家からでていってもらうで」、ユキは、親からそういわれ、兵庫の実家をでて、秋田の大学に進学。毎日、大学の授業と、ダイトに明け暮れる。どんなに大変でも、大学も、バイトも、やめるわけにはいかへん。入学前から、600万の、借金があるんやから…。
この本を読んで、今まで出会った人たちのことを、思い出してみた。お世話になった人、支えてくれた人、出会いもあれば、別れもあった。私は、相手に、うまく感謝の言葉を、伝えることができただろうか?伝えることができるうちに、伝えておこうと思った。

2 件中 1 件~ 2 件を表示