サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.7

評価内訳

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

行動経済学の話であり、自己啓発本ではありません。

2016/02/12 23:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うどん99 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自己啓発本の類かと思って手に取ったらまったくそんな感じではなかった。
しかし、時間に対して(というか"余裕"に対して)人がどのように変化するのかを書いており、とてもためになる本であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Scarcity - 欠乏の行動経済学

2015/12/27 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

行動経済学の本。
要は、人間の脳には一定の処理能力の限界があって、欠乏感や心配事等があると、目の前の取り組むべきことに全力で取り組めない(パフォーマンスが低下する)ってことが本書のメインメッセージ。
で、一般によく何かの締め切り前にものすごく集中して物事をこなせることがあるけど、その際にはそれに集中するあまり他のことがよく見えなくなっていたりして、それ相応のトレードオフがあるとのこと。
瞬間瞬間へのこうした認知バイアスが我々の処理能力へ与える悪影響を最小限にするには、悪影響をもたらす要素の発現を未然に予知し、それを予防もしくは自動的に避けれるような措置を前もって講じておくべきこと、ってのがこの本のとりあえずの結論だと思う。(その難しさはすでに筆者たちも指摘しているところではあるが。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思考の処理能力の限界

2015/10/05 00:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Dr.マリオ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間が問題では無く、思考の処理能力が限界を超えることが問題。
処理能力の限界によるミスは誰にでも起こりうる、常に余力残すことでしかこの問題を解決するこはできない。
貧困問題をお金だけでは解決できない、『考える時間』を与える必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/22 23:33

投稿元:ブクログ

時間欠乏の影響は、まったく異なる多くの分野で観察されている。大規模なマーケティング実験で、一部の顧客には有効期限つきのクーポンを送り、ほかの顧客には同じような期限なしのクーポンを送った(8)。すると、期限のないクーポンのほうが使える期間は長かったにもかかわらず、使われる確率は低かった。時間があまりないと思われないと、クーポンは注目を引かず、忘れられることさえありえる。
締め切りが有効なのは、まさに欠乏をつくり出し、注意を集中させる

なぜ欠乏がトレードオフ思考を生むのか、その理由が明らかになる。スーツケースが大きければ、人はいいかげんに荷づくりする。隅から隅までぎっしり詰めることはしない。あちこちに使われていないスペースが残る。私たちはこのスペースを、本来はゆるみやたるみを意味する「スラック」と呼ぶ。詰め方がゆるいので何も入らずに残る部分だ。

トンネリングと借金  なぜ人は何かが欠乏した状況に直面すると借金をするのだろう? トンネリングを起こすからだ。そして借金をすると、将来的にはさらに深みにはまる。今日の欠乏が明日の欠乏を生む。

重要だが緊急でない活動を後回しにするのは、借金に似ている。それをしないことで、今日は時間が浮く。しかし将来につけが回る。

2016/04/28 23:30

投稿元:ブクログ

タスク管理の本のようなタイトルだが、内容的には時間に限らず金銭も含めた「欠乏」の対処法。正論ではあるが凡庸な内容。経済的な欠乏が認知能力の欠乏にも繋がるという箇所以外は読む価値がどの程度あるのかやや疑問?

・欠乏は心を占拠し、満たされないニーズに心を向ける。空腹の場合は食物だし、多忙の場合はやらなければならないプロジェクトだ。

・欠乏にもよいところはあり、注意を他から奪い去ってひきつける。締め切りがあると集中できるのはそういうことなのだが、締め切りがあるふりをして、自分をごまかして一生懸命やるのは難しい。

・欠乏状態になると、トンネル効果がおこる。
例えば、「白いものをできるだけたくさん挙げてください」と言われるのと、「白いものとして雪や牛乳があります。他にどんな白いものを挙げられるか考えてみよう」と言われたのでは後者の方が難しくなる。これは白いものを考え始めた時に、その代表的な例である雪や牛乳に考えが戻ってくるからで、心理学的には「抑制」とよばれるものの理教である。一つのものに集中すると競合する概念が抑制される。
トンネルの中にはいると重要だが緊急でないことなどをトンネルの外に追いやって先送りしてしまうので、トンネルを抜けると次のトンネルに入るという悪循環(ジャグリング)に陥る。

・様々な種類の欠乏は共通した基盤があり、例えば貧しい人たちに金銭にまつわる心配が生じると、ひどい睡眠不足と同等かそれ以上の認知力が損なわれる。(金銭的に余裕のある人にはこういう効果はみられない)

・これを避けるためにはスラック(スーツケースの中の空き部分のような余裕)を作る。最初から意図的にスラックを作っておく。これという理由もなく、スケジュールに余分な空きを野押しておく

・長い期限はトラブルの元になる。初めのうちの豊かさが無駄を促し、期日が近づくころにはトンネリングとほったらかしが生じている。長い期限を段階的にいくつかに区切ると悪循環になる前に断ち切ることができる。

2015/11/14 15:18

投稿元:ブクログ

経験で多くの人達が気づいていながらも、テクニックとして構築されていない欠乏の罠を解説。多くの料理家が「冷蔵庫の一段は常に空っぽにしておく」ことや、GTDでゆとりのあるときに全てを書き出しておくことなど、また車の渋滞などにも通じて、世界をより深く理解する一助になる本。

2015/05/02 14:59

投稿元:ブクログ

最低限の生活必需品を手にするのに絶えず悪戦苦闘しなくてはならないと思うと、将来を考える意欲はいっさいわかず、努力する意欲を奪われるばかりだ。

2016/03/31 20:31

投稿元:ブクログ

欠乏を感じている人は、知能障害の境界程度まで処理能力が落ちてしまうというのは衝撃。「貧すれば鈍す」というのはこういうことだったのかと納得できた。
実際に身内に経済的に厳しい者がおり、「なぜもっときちんと管理できないのか」と責められているのをよく聞くが、できなくて当然のようだ。それをふまえて協力していかねばと反省。

2015/08/07 09:38

投稿元:ブクログ

起-動線で紹介されていたのを読んで。
http://www.ki-dousen.net/docs/content/2964

2015/08/01 19:13

投稿元:ブクログ

時間の欠乏と貧困は、それを生じる環境、仕組み仕掛けに囚われているから起こる。単純にマインドセットを変えれば済むという話ではない。
これはの人は、視野狭窄であるトンネリング、次から次の問題には翻弄されるジャグリングに見舞われる。それを回避するには、スラック、つまり「余裕」を持たせることである。
その「余裕がない」が当人の言い訳であるが、トンネリングの人は置かれた状況を是としているので改善方法に気付かない。深夜までフルに使っても手術をこなせない病院での例では緊急用の手術室を一つ開けるという手法をとったが、関係者は全員反対したという。
結局のところ、本書は万能薬ではない。しかしながら問題を解くためのヒントは十分である。改善を為すには問題の本質を見極め、関係者の反対にあっても断行しなければならない。そして一番重要なのは大局的な視点である。
私も昔テンパった時に助けて貰ったのだが、細かく分類して、余っているリソースにディスパッチしていくのがやはり効率が良かった。一つの業務にはスキルレスのものや、他の人の方が圧倒的に早いという場合は多いからである。
現在仕事で絶賛ジャグリング中であるが、良いタイミングでこの本に出会えた。感謝である。

2015/07/01 13:05

投稿元:ブクログ

カネと違って時間は人類平等に与えられるものである。だから欠乏するという事は論理的にはありえない。そう感じるのは使い方を間違えているから。結果悪循環に陥る。問題はその修正ができるか否か。
我々は有効期限が24時間の生きる権利というクーポンを毎日与えられる。このクーポンが明日与えられる保障はどこにもない。そしていつか与えられなくなる日が必ずやってくる。この事が理解できずに無期限のクーポンが与えれていると勘違いしていると、時間の浪費をする。そして死ぬ間際に後悔する。欠乏と浪費は表裏一体である。
行動経済学で時間を語るのは無理があり、論旨にまとまりがない印象。本書ではにわとりとたまごの話が繰り返されているだけのような気もする。

2015/12/14 14:34

投稿元:ブクログ

2015年10月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 開架図書(3階)
請求記号: 331//Mu29

【選書理由・おすすめコメント】
「時間がないと言っている本には時間ではなくお金が欠乏している」この言葉が気になった人はぜひ読んで下さい
(薬学科)

2015/06/05 22:49

投稿元:ブクログ

実用的な行動経済学の本。
持っているものがほしいものより少ないとき、人は不幸になる。
時間やお金など、欠乏が引き起こす諸問題と解決策を探ります。

2015/11/21 21:24

投稿元:ブクログ

私にとっては、難しい本でした。
時間だけでなく、いろんなことが欠乏してしまう。ではどうするか?私にはよくわかりませんでした。

2015/04/06 23:52

投稿元:ブクログ

おすすめ。「欠乏」という状態について「トンネリング」「ジャグリング」「スラック」などをキーワードを基に、どのようにして起こり、どんな負の影響があるかを解説。スラックの重要性がよく分かる内容。汎用性のある内容で、一度は読む価値は間違いなくある

27 件中 1 件~ 15 件を表示