1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. わたしのBOOK MARK
  5. HACCI's JAPAN CEO 水谷仁美さん

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

わたしのBOOK MARK

-第20回-HACCI's JAPAN CEO 水谷仁美さん

本は、時に友となり、師となるもの。
人生の転機の支えとなった1冊とは?
時代を拓く注目のビジネスリーダーに聞く連載。
第20回は、ハチミツ由来の上質なコスメをリリースするコスメブランド「HACCI」を展開するHACCI's JAPAN CEOの水谷仁美さんです。
文/宮本恵理子 撮影/竹井俊晴

情熱だけを胸に、未経験からの起業
勇気を欲する時にはエネルギーをもらえる本を開きます

 本屋さんは私が大好きな場所。本に出会える楽しみがあるのはもちろん、本屋さんそのものに街の個性や息遣いが宿っているからです。海外や地方に出張に行った時には必ず街の本屋さんに立ち寄るのが習慣。特に、学生時代、旅先のドイツで入ったアンティーク風の素敵な本屋さんが忘れられません。先日はドバイでとても近代的な本屋さんを発見。本屋さんにもお国柄が表れますよね。

 今でも時間が許せばフラリと本屋さんに入って、書店員さんにオススメを聞いたり、人気ランキングの本を手に取ってみたり。不思議なことに、1冊1冊手に取ってみると、表紙の感触から「あ!この本、今の私が求めてる!」とエネルギーが伝わってくることがあるんです。

 最近出会った本の中でも強烈なエネルギーを受け取ったのが、見城徹さんの『読書という荒野』(幻冬舎)。時代を揺るがすベストセラーを次々に生み出した名編集者の読書録であり、人生録。情熱的な仕事論の本でもあります。独自の哲学で突き進む見城さんは「生まれ変わるなら、私もこんな男性になりたい!」と憧れるお手本。ページをめくるたびに前に進む勇気をもらえる、〝激辛スパイス〞のような本です。きっと、今の私の立ち位置が、勇気を欲する場所にあるから、思わず手に取ったのだと思います。

 私は14年前、何不自由なかった専業主婦生活を卒業して、一念発起。「何か情熱を注げる仕事を始めよう」とゼロから今の事業を始めました。100年続く養蜂園を営んでいた実家で生まれ育った私のルーツから自然と生み出されたのが、当時は珍しかったハチミツを使った化粧品。「そういえば、うちの女性たちはみんなハチミツを肌に塗っていたよね。ハチミツの良さをもっとたくさんの人に伝えていきたい」という思いだけで、無我夢中で進んできました。ありがたいことに百貨店出店など国内事業は順調に広がっていきましたが、ここ5年ほどは海外展開についてもチャンスが広がってきました。

 未知の世界に飛び出すのは勇気が要ります。社長業は孤独なもので、私の場合は自分で起業したので相談できる上司は社内におらず、常に自問自答の日々です。もちろん、決める時はスパッと即断しますが、それに至るまでには人知れず幾日も逡巡するのです。そんな時に、私に寄り添い、覚悟する勇気に火をつけてくれる本を自然と欲するのだと思います。

ボロボロになるまで読んだ御守りのような1冊

 もう1冊、これは販売されている本ではありませんが、ずっと私の〝御守り〞のように寄り添ってくれている本があります。森ビルの前会長・森稔さんが生前に綴られた短文を集めた記念本です(写真参照)。参列した告別式で配られたものですが、「前例は自分たちでつくる」「失敗しても失敗しても成功するまで諦めなかっただけ」「山は高いほど挑戦しがいがある」といった創業者ならではの珠玉の言葉がギュッと詰まっていて、ずっと抱き締めていたくなるような本です。私が信条としてずっと言葉にしたかった思いを、形にしてくださったような御守り。実際、私は初めて海外に商談に行く日の朝、この本を握り締めながら朝食をとったのを覚えています。すっかりボロボロになってしまったので、2冊目を分けていただいたほどです。

「影響を受けた本」として今浮かぶのはこの2冊ですが、時期によっては絵本を手に取ったり、林真理子さんの小説に没頭したり、本の世界を自由に楽しんでいます。ピンと来た本を人に薦めるのも好きで、最近読んで面白かった『頭に来てもアホとは戦うな!』(田村耕太郎、朝日新聞出版)は、社会人になったばかりの次男に薦めたいですね。『アイデアの発見』(杉山恒太郎、インプレス)は、HACCIのクリエイティブ部門の女性に渡そうかなと思っています。

 あらためて本の魅力を考えてみると、活字を通じて自由自在に自分だけの世界を創れること。どんなイマジネーションも色付けも自由。誰にも邪魔されない本の世界に浸るだけで、のびのびと過ごした少女の時代に戻れるような気がするのです。

HISTORY

2004
専業主婦生活の後、HACCI設立。
2005
商品第1号「BEAUTY HONEY」発売。
2006
第1号店舗が銀座三越にオープン。
2008
「はちみつ洗顔石けん」を発売。好評を博し、12年には銀座三越店にコスメ店舗もオープン。
2012
ディズニーとのコラボレーション商品を発売。
2014
「ハニーローション-HINKAKU-」「クレンジングクリーム」が発売。共に女性誌に多く取り上げられ、ヒット商品に。
2017
初の旗艦店が「GINZA SIX」にオープン。現在、国内17店舗、免税店3店舗を展開する。商品は美容商品16種のほか、スウィーツやギフトも。

☆ここで『読書という荒野』に出会った

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭