書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

本とのギフト
~hontoがはじめる新しいギフトのかたち~ 一覧

奥山由之『君の住む街』(スペースシャワーネットワーク)

デジタルカメラどころかスマートフォンで、だれもがいつでも写真を撮るようになっている昨今、不思議なことにアナログのインスタントカメラや使い捨てレンズ付きフィルムが人気。

  • 2018.9.6

片岡義男『くわえ煙草とカレーライス』(河出書房新社)

千葉・幕張にクラフトビール醸造所が誕生。その醸造所で造られた出来たてのビールをすぐ隣で味わえる「幕張ブルワリー」でグラスを傾けつつページを開くなら、片岡義男はいかが?

  • 2018.8.2

南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社)

祖母が住む田舎で夏休みを過ごすことになった理緒は、現地で少しぶっきらぼうな硬派男子・吟蔵と出会う。

  • 2018.7.5

堀江 敏幸『その姿の消し方』(新潮社)

山形と宮城に多くの店舗を持つのがお菓子とパンの店シベール。2018年にモンドセレクションで金賞を受賞した「ラスクフランス(プレーン)」がおすすめです。

  • 2018.6.7

西村京太郎『京都感傷旅行』(文藝春秋)

十津川警部が活躍する西村京太郎作品には鉄道が絡むこと数多く、正確に刻まれる運行時間が謎解きの鍵となる。

  • 2018.5.3

西加奈子『おまじない』(筑摩書房)

『おまじない』を読みながら飲みたいのは、じんわり優しい味わいのロゼワイン「バイ・オット・ロゼ/ドメーヌ・オット★」

  • 2018.4.5

斎藤由多加『林檎の樹の下で』(光文社)

果物の味を、しっかり味わいたいならドライフルーツがいちばん。

  • 2018.3.1

中谷宇吉郎『雪』(岩波文庫)

冷え込みの厳しい折のギフトには、温かい気持ちを込めた手袋という選択肢はいかが?

  • 2018.2.1

『これから泳ぎにいきませんか 穂村弘の書評集』穂村弘(著)

栃木県の那須に本店を構える「チーズガーデン」、一番人気は「御用邸チーズケーキ」。

  • 2018.1.11

honto+(ホントプラス)トップページへ

最新号はこちら

★honto+読者限定!
電子書籍クーポン特典つき★
(有効期限:2018年9月30日まで)

honto+

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

Twitterでフォロー

東京ポッド許可局 『推薦図書論』

  • 東京ポッド許可局 『推薦図書論』

たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

  • たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

クリエイターズ・ファイル祭 開催!