書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

ウェブ限定配信

キミのこと、もっと聞かせて

#1 在原みゆ紀 @代々木公園

本誌『honto+』で連載中の「加瀬健太郎の キミのこと聞かせて」。その番外編を、ウェブ限定配信!ミレニアル世代の彼・彼女のライフスタイル、学校や仕事のこと、そして本や読書についてなど、気になるアレコレに迫ります。

今回取材した『キミ』:在原みゆ紀

1998年生まれ、千葉県出身。2017年、GINZA(マガジンハウス)『ニッポン美人化計画』特集でモデルデビュー。同年には、「MILLENNIALS DOLCE&GABBANA TOKYO」にてショーモデルとして参加。都内の大学に通いながら、雑誌やファッションショー、CMなど幅広く活躍している。インスタアカウント:@ariharamiyuki

実家が、とにかく大好きすぎて!

──普段は大学に通っているということですが、どんなことを勉強しているんですか?

大学では、日本文化を勉強してます。主に実技の授業が多くて、花道をやったり、十二単の着付けをやったり。あと、妖怪の研究をしたり(笑)。

──学業とモデル業を両立するって、大変そうですね。そもそも、モデルになったきっかけは?

高校3年生のときに、インスタでスカウトされたんです!

──なんと、いまやスカウトもインスタ上で行われているとは……!さまざまな雑誌やウェブメディアに起用されるだけでなく、ファッションショーに出たり、テレビCMに出演したり、幅広く活動中とのことですね。

おかげさまで、たくさん仕事をいただいてます!
ただ、この先は自分の外面を使うモデル業だけでなく、もっと内面を磨きたいと思っています。ぐちゃぐちゃになるくらい頭を使う仕事をしたい。そういう意味では、いまの仕事に満足はしていなくて、積極的にモデル以外の仕事にもチャレンジしていきたいんです。

──休みの日には、何をして過ごすことが多いですか?

実家がとにかく大好きすぎて! 週末は、できるだけ実家に帰るようにしています。実家では、お母さんと出かけたり、犬と散歩したり、お父さんとサイクリングに行ったり。

──この自転車で、ですよね。なんというか、本気具合が尋常じゃないカスタム……(笑)。

父の好みなんです(笑)。わたしが小さい頃、競輪選手だったんですよ。お父さんとは趣味が合うんです。自転車のほかに、音楽の話もすることも多くて。週末実家に帰ると必ず、「今週はコレね」ってお父さんが昔録音したミックステープなんかを渡してくれる。

本を読むときは、アナログに戻りたいんです。

──今回の撮影場所の代々木公園には、どんなときに足を運びますか?

わたし、朝が好きなんです。いつも6時には目が覚めちゃうから、朝イチで部屋の掃除をして、代々木公園に散歩しに来ます。おなじく早起きの得意な友達と集合して、ドッグランを楽しむのが日課。

──ほかには、どんなことをして過ごしますか?

本を読みます! カセットプレイヤーで音楽やラジオを聴きながら。本を読むときは、できるだけアナログに戻りたいんです。

──好きな本のジャンルや作品は?

いちばん好きな本は、『アルケミスト』。人生の指針にしてます。弥太郎さんの『くらしのきほん 100の実践』も好きで、書かれてあることを1日1個実践してみることもあるくらい。あと、穂村弘さんも好きですね。

あと、フードエッセイは必ず持ち歩いています。いつも、本は2、3冊カバンに入れてあって。飽きちゃうから、だいたいは薄いのを選びます。

──本は、どこで、どのように選んでいますか?

知り合いが紹介してくれることもあれば、よく読む雑誌で薦められているものから選ぶことも。あと、ネット書店の古書コーナーで探すことも多いですね。 古書って好きなんです。ページが折ってあったり、線とか引いてあったりすると、もう最高! 「前の持ち主は、ココを良いと思ったんだ!」とか、読んだひとの存在感が残ってるのが面白いし、愛おしいんですよね。

PHOTO GALLERY ~オフショット~

前へ戻る

次に進む

撮影/加瀬健太郎
文/髙阪正洋

加瀬健太郎・写真家

1974年、大阪生まれ。現在は東京を拠点に、雑誌、書籍など広く活動中。著書に『お父さん、だいじょうぶ?日記』、『スンギ少年のダイエット日記』(ともにリトルモア)、『イギリス 元気にジャンプ!ブルーベル』(偕成社)、『撮らなくてもよかったのに写真』(テルメブックス)など。

honto+(ホントプラス)トップページへ

▼本編「加瀬健太郎の キミのこと聞かせて」は電子書籍版でご覧いただけます▼

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。