WEB限定コラム

<WEB限定コラム>

町屋がオシャレなカフェに変身! 秋の京都を満喫する3つのポイント

秋めいてくると、どういうわけかどこか旅したくなりませんか? 秋旅の定番といえば、そう、京都ですよね。京都は一年通してたくさんの魅力にあふれていますが、やっぱりこの季節は特別です。

紅葉の名所の数々、懐かしくてどこか新しい町並みやスポットなど京都を楽しむポイントとお薦め書籍を紹介します。

1【自分好みの町屋カフェを探す】

町屋といえば、テレビや情報系雑誌などでよくとりあげられている、京都らしい風景の代表格ですよね。でも町屋って、普通にビルのわきやオフィス街にあるんです。使われなくなった物件は、改装しておしゃれなショップやカフェなどに生まれ変わり、流行に敏感な若者たちを引きつけています。

全国的なブームとなっているカフェは食事やスイーツのおいしさと同時に、そこで過ごす空間がポイント。千年の古都の空気感が積み重なった町屋カフェは、漂う雰囲気が違います。遠くからやってくる人は、日々の忙しさから離れて自分だけの「隠れ家」を見つける楽しみも。老舗の喫茶店などの、内装や雰囲気をそのままにした「レトロカフェ」も要チェック!

最近では、京都のカフェをまとめたガイド本を手に、カップルが町歩きを楽しむ姿がよく見られますよ。

2【紅葉の名所で秋を感じよう】

秋の京都はイコール紅葉。あまりに名所が多すぎてどこへ行こうか、迷ってしまいますが、おススメはやっぱり嵐山。何度足を運んでも、やはり渡月橋あたりから眺める山の景観はダイナミックとしかいいようがありません。

その足で近くの天龍寺へと進んでみてください。嵐山を借景とした庭園はこれまた興趣たっぷり。池の水面まで一つのキャンバスとなります。あとは付近を散策すれば、紅葉でお腹いっぱいになること間違いなし。何もかも忘れて紅葉に没頭する、こんな非日常もアリでは?

紅葉の名所といわれる場所は、寺社が多いですよね。息を飲むほどに作り込まれた庭園にも恵まれています。伝統的な建造物と自然の美が合わさった様子はいつまでも心に残ります。ライトアップされた紅葉もたまりません。

3【なんと言っても町歩き!】

お楽しみの町歩き。京都の繁華街は狭いエリアにいろいろな表情を見せてくれます。まず河原町は京都一の繁華街で、いつも学生さんたちや観光客でいっぱい。まさに京都の最先端で、飲食からファッション、おみやげまでここに来ればなんでもあります。

祇園は大人の街。最近では外国人観光客も多数いますが、かつて一見さんでは歩くのもちょっぴり緊張したほど。運がよければ芸舞妓さんにも遭遇出来るかもしれません。

そばを流れる鴨川に並行する先斗町。先斗は「ぽんと」と読み、なんとも風流ですよね。狭い路地の両側に、老舗からおしゃれなレストランやバーなど飲食店が立ち並び、人がすれ違うのもひと苦労。京都の繁華街の中でもちょっぴり隠れ家的な場所かも。すぐ西側の木屋町は、学生さんたちが飲み会に利用するなどカジュアルで、観光客の皆さんはこちらへどうぞ。

短い滞在では古都・京都を全部楽しむには時間が足りません。何度もリピートして自分のお気に入りの京都の表情を見つけてみてはいかがでしょうか? そのためにも事前に書籍で参考情報をゲットしてから行きたいですね。

hontoお薦め! 京都関連書籍

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

honto+写真倶楽部

  • honto+写真倶楽部

hontoサービス

  • honto with

hontoおすすめ特集

  • WEB限定コラム
  • WEB限定コラム

東京ポッド許可局 『推薦図書論』

  • 東京ポッド許可局 『推薦図書論』

たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

  • たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

クリエイターズ・ファイル祭 開催!