書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview24 声優
二木 陽次(39歳)

各界のトップを走るクリエイターが登場のインタビューシリーズ、今回は声優の世界で脚光を浴びる人物が登場!

*クリエイターズ・ファイルの単行本が発売されました。
クリエイターズ・ファイルVol.1
2016年9月20日発売。価格1,400円+税(DVD付き)
詳細はこちら。

撮影:浅田政志

――都内の録音スタジオに来ています。若手声優界のトップ・二木陽次が、七色の声を持つ男・山寺宏一と音声収録&対談するという。
 よろしくお願いします。
山寺二木 よろしくお願いします。
二木 というか、まだまだ若手の僕が山寺さんと対談なんて怒られちゃいますから。
山寺 いやいや、二木君は今本当にすごいから。本当にすごい才能だと思っていつも見ているよ。
――お二人は今まで接点はあったのですか?
二木 あります。山寺さんは覚えていてくれているかわからないけど(笑)。とにかく僕が声優デビューしたての頃の作品だったんで。
山寺 覚えてるよ、そりゃ覚えてるよ。
――ちなみになんという作品ですか?
二木 『ジーンズ・ストーリー』という作品でした。
山寺 なつかしい(笑)。
二木 覚えてます? あの全身ジーンズでなきゃ外に出られない姿のキャラクター、ジーンズ・ボーイが僕で、町のジーンズショップのおじさん、ゲンさんを山寺さんが演じたんですよね?
山寺 なつかしい。やった、やった(笑)。あのときまだ新人だったの? 今だから言えるけど、すごい才能が出てきたなとびっくりしたものだよ。このままじゃ潰されるって(笑)。
二木 いやいや、やめてください。山寺さんは、当時から声優界のスターだったんです。僕の中でも世の中的に見ても。初めてお会いした時は、「この人が、小さい頃よく見ていたあのアニメ『雪ダルマ赤ダルマ』の声の人なんだ!」って。ただのファンでした。
山寺 僕がデビューして間もない頃の作品だ。なつかしいの出してくるね。
二木 この業界に入って気づいたんですよ。『雪ダルマ赤ダルマ』の声は、主人公・雪だるまの声だけじゃなく、赤だるまも山寺さんがやってるってこと。二役だったんだって。
山寺 そうそう、けっこう気づかなかった人たちも多かったみたい。
二木 さらに、雪だるまのライバル・カマクラ博士の飼ってる犬・チンコロの声までも山寺さんだったと知った時は本当に僕、腰抜けちゃいましたから( 笑)。いや、本当なんです。何役こなすんだって。

↑『赤ダルマ雪ダルマ』(1991 年、山本リンゴ原作)

↑『ジーンズ・ストーリー』(1997 年、かりたまさむね原作)

――二木さんは若手声優界のトップと言われてますが、大先輩としてどう感じますか?
山寺 とにかく二木君は常に一生懸命。僕が七色の声を持つ男なんて言ってくれる人もいるけど、彼は、人類代表のノドを持つ男って感じなんです。生まれながらの声優センスというか。まちがいなく二木君が今後の声優界を引っ張っていく代表になると思います。
――二木さん、少し目が赤くなっているように見えますが?
二木 いや~……。
 でも本当に優しいんです。山寺さんって。いつも収録の時は「これ食べる?」って必ずご当地ツナマヨを差し入れしてくださるんです。全国どこに出張されても、いつもツナマ
ヨおにぎりなんです。若手声優陣は、いつもそれが楽しみで楽しみで。食べ比べると、やっぱり味も微妙に違うんですよ。本当にいつもありがとうございます。
山寺 いえいえ。
――山寺さんに教わって覚えていることはありますか?
二木 はい。今も続けているのは、喉や口元で声を出しちゃいけない、もっと自分の内側、臓器から声を出すべきなんだという教え。それが、「臓声」。目が覚める思いでした。
山寺 そうだね、声優は内側に持っているものを吐き出して声にしないといけないからね。
二木 「臓声」。心臓の鼓動を、直接音にする。臓器の音に声を乗っける。それを覚えて本当に仕事の幅が広がりました。
――山寺さんはアニメ声優以外にもエディー・マーフィー、トム・クルーズ、ウィル・スミスなど幅広く活躍されていますね。
山寺 ありがたいことに、やらせてもらっています。二木君はやってないんだっけ?
二木 まだまだですが、昨年からジーン・ハルカス、あと、子供の頃のティム・ハイヤーなどやらせてもらってます。
山寺 おお。すごいことじゃない。
――本日の収録はどんな作品ですか?
二木 WOWOWで放送の『ブラインドスポット2 タトゥーの女』第1話のアフレコ収録です。
――収録してみていかがでしたか?
二木 カート・ウェラー役の山寺さんに負けないように立ち向かったつもりです。現場も一流の声優さんが揃ってつねに緊張でした。
山寺 二木君もがんばったし、最高のアクションサスペンスになってます。ぜひ、みてほしいですね。
二木 あと、僕ももう一つあるんですけど、はじめて主演やらせてもらいますアニメ映画『キツツキ』という作品、ぜひ山寺さんにも見ていただきたいです。
山寺 絶対に見るよ。どんな作品?
二木 キツツキのように、どんな些細なこともつついて逃さない街の探偵の話なんです。少し長いんですが、7時間の作品なんです。
山寺 7時間!?
二木 前後編で5時間と2時間に分けています。ぜひ初日、見に来てください。
山寺 ツナマヨ持って見にいくよ。
(一同)ハハハハハハ。
――ありがとうございました。

↑OB として、日本ボイス学院に講演に訪れた際の生徒さんたちと。

↑左から、松井茜、寸石和弘、山寺宏一、二木陽次、藤生聖子、加瀬康之、四宮豪、林真里花(敬称略)
WOWOW プライムにて4 月1 日(土)夜11:00 スタート(第1話無料放送)

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+の定期購読ができます

0(税込)

刊行頻度:毎月第1木曜日の配信予定

定期購読を申し込む

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

hontoサービス

  • honto with

hontoおすすめ特集

  • WEB限定コラム
  • WEB限定コラム