書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview24声優 二木 陽次(39歳)

各界のトップを走るクリエイターが登場のインタビューシリーズ、今回は声優の世界で脚光を浴びる人物が登場!

撮影:浅田政志

――都内の録音スタジオに来ています。若手声優界のトップ・二木陽次が、七色の声を持つ男・山寺宏一と音声収録&対談するという。
 よろしくお願いします。
山寺二木 よろしくお願いします。
二木 というか、まだまだ若手の僕が山寺さんと対談なんて怒られちゃいますから。
山寺 いやいや、二木君は今本当にすごいから。本当にすごい才能だと思っていつも見ているよ。
――お二人は今まで接点はあったのですか?
二木 あります。山寺さんは覚えていてくれているかわからないけど(笑)。とにかく僕が声優デビューしたての頃の作品だったんで。
山寺 覚えてるよ、そりゃ覚えてるよ。
――ちなみになんという作品ですか?
二木 『ジーンズ・ストーリー』という作品でした。
山寺 なつかしい(笑)。
二木 覚えてます? あの全身ジーンズでなきゃ外に出られない姿のキャラクター、ジーンズ・ボーイが僕で、町のジーンズショップのおじさん、ゲンさんを山寺さんが演じたんですよね?
山寺 なつかしい。やった、やった(笑)。あのときまだ新人だったの? 今だから言えるけど、すごい才能が出てきたなとびっくりしたものだよ。このままじゃ潰されるって(笑)。
二木 いやいや、やめてください。山寺さんは、当時から声優界のスターだったんです。僕の中でも世の中的に見ても。初めてお会いした時は、「この人が、小さい頃よく見ていたあのアニメ『雪ダルマ赤ダルマ』の声の人なんだ!」って。ただのファンでした。
山寺 僕がデビューして間もない頃の作品だ。なつかしいの出してくるね。
二木 この業界に入って気づいたんですよ。『雪ダルマ赤ダルマ』の声は、主人公・雪だるまの声だけじゃなく、赤だるまも山寺さんがやってるってこと。二役だったんだって。
山寺 そうそう、けっこう気づかなかった人たちも多かったみたい。
二木 さらに、雪だるまのライバル・カマクラ博士の飼ってる犬・チンコロの声までも山寺さんだったと知った時は本当に僕、腰抜けちゃいましたから( 笑)。いや、本当なんです。何役こなすんだって。

――二木さんは若手声優界のトップと言われてますが、大先輩としてどう感じますか?

続きは、「Interview17~33」を収録した

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.2』

2018年3月1日発売。本体1,843円+税(BOOK&DVD2枚組セット)

詳細はこちら!

合せて、「Interview1~16」+「単行本限定特別インタビュー」を収録したこちらも

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.1』

2016年9月20日発売。価格1,400円+税(DVD付き)

詳細はこちら!

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

最新号はこちら

★honto+読者限定!
電子書籍クーポン特典つき★
(有効期限:2018年4月30日まで)

honto+

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

Twitterでフォロー

東京ポッド許可局 『推薦図書論』

  • 東京ポッド許可局 『推薦図書論』

たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

  • たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

クリエイターズ・ファイル祭 開催!