書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview30ラーメンウォッチャー・ヌードルブロガー(らーめん巡査として活動)
伊吹のり崇

一年三百六十五麺
各界のクリエイターを紹介するインタビューシリーズ、今回は日本のラーメン評論の草分けとなった人物が登場。

撮影=井上佐由紀

REPORT 1

―日本で「ラーメン評論」という分野を切り拓いた第一人者が、伊吹のり崇さん。最近では、雑誌、テレビ番組で、らーめん巡査として出演することも多いという。そんな彼に、最近のラーメン事情を伺ってみた。
「これだけラーメンがブームになっちゃうと、もう味噌・塩・醤油なんてくくりじゃ収まらないんですよ。つけ麺が出てきたころから、麺業界はグシャグシャにかき回されてますから(笑)。何でもありなんですよ。ラーメンゆとり世代というか。分布図がぐっと複雑になってきちゃったね」
―中でも目立った流行は?「これ言っちゃっていいのかな? 何か言われたら、ワシのせいにしないでね(笑)。
うん、ずばりラーメン四大戦争が勃発します。うん、ていうか、もう始まってるんだけどね(笑)。主流の四大ラーメンが、激しく争うというね。いやあ、怖い怖い。カギを握るのは、もちろん、環八〈ラーメン健二〉。特に注目すべき派閥は、このラーメン健二を辞めた人間が始めたラーメン健二“リタイヤ系”という流れかな。他にも、健二の味をインスパイアしたラーメン健二“フィーチャリング系”、“モチーフ系”、こっそりレシピを盗んだ健二“カンニング系”があります。ふぅー、怖い怖い。特にリタイア系なんかは、修行を投げ出した根性のない人間がやっているんですわ(笑)。レシピもよく覚えていないという。そういう店主が見よう見まねでどこまで味を近づけられるか、注目しています。あくまでワシの、勝手な見解ね(笑)」
―ということは、味は保証できない?
「どうなんだろうね。〈ラーメン健二〉“リタイヤ系”の代表格〈ラーメン健三〉〈ラーメン健之助〉〈ラーメン健太郎〉は、ひどかった。ブログに書いたら炎上しちゃったけど。ワシは言うのよ、正直に。松戸〈ラーメン健吾〉、木更津〈麺や健康家族〉とかは、おもしろかったな。どの店が戦いに勝つかな」
―伊吹さんの予想は?
「いやいや、だから、ワシが何か言うと、ブログ炎上するの知っとるやろ、オンドリャ!」(一同大爆笑)

REPORT 2

―他に注目の系統はありますか。

続きは、「Interview17~33」を収録した

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.2』

2018年3月1日発売。本体1,843円+税(BOOK&DVD2枚組セット)

詳細はこちら!

合せて、「Interview1~16」+「単行本限定特別インタビュー」を収録したこちらも

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.1』

2016年9月20日発売。価格1,400円+税(DVD付き)

詳細はこちら!

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。