1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. クリエイターズ・ファイル
  5. Interview31 玉置琥恋子withなにわコロッケ団

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview31スーパーキッズ・ダンサー
玉置琥恋子withなにわコロッケ団

各界のクリエイターに密着するシリーズ。今回は、将来を大いに期待されている小さなダンサーの姿を追った。

撮影=高橋宗正

Session1

 大阪は梅田の「TOKIダンススクール」に来ています。ここに、同世代女子から圧倒的な人気を得て、すでにCMや雑誌で大活躍の小学生キッズダンサーがいる。大阪発キッズダンスユニットなにわコロッケ団を率いるリーダー・玉置琥恋子(たまきここす)ちゃんだ。
 コンテストが近いという彼女たちにお話を聞いてみた。みんなは一つのチームだけど、息は合ってる?
琥恋子(ここす)「そうや。うちら大会近いし、息合わへんとか言ってる時間はないと思う。琥恋子(ここす)、絶対優勝したいねん。先生ともママとも約束してんねん」
 さっそく、私たちは彼女の小学生とは思えぬまっすぐ前を見つめた目、発言に驚かされた。そんな琥恋子(ここす)について、講師のクニ先生にお話を聞いてみた。「琥恋子(ここす)はうちのダンスチームのムードメーカーなんですよ。とにかく琥恋子(ここす)は負けず嫌い。あの子が悔しくて教室の裏で泣いている姿は3日に1回見るほどです。とにかくね、私がダンススクールに関わって20年ですが、あんな負けず嫌いな女の子は一度も見たことがありません。よくスタッフなんかと話すんですが、負けず嫌い関係の映画ができるとしたら、まちがいなく琥恋子(ここす)が主役でしょうね(笑)。けど、あの子のすごいところは、それできちんと結果を出すんですよね。本当に才能はすごいと思います」

↑「うわあああ! ほんまにTOKI さん!?」と目が輝くキッズたち

Session2

琥恋子(ここす)ちゃんの才能はもちろん見て取れるのですが、私たちが一番気になったのは、教室の後ろで先生に負けじとゲキを飛ばすお母様の存在でした。

続きは、「Interview17~33」を収録した

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.2』

2018年3月1日発売。本体1,843円+税(BOOK&DVD2枚組セット)

詳細はこちら!

合せて、「Interview1~16」+「単行本限定特別インタビュー」を収録したこちらも

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.1』

2016年9月20日発売。価格1,400円+税(DVD付き)

詳細はこちら!

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。