1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. クリエイターズ・ファイル
  5. Creative Works Interview 47 芸能レポーター 伊丹優子

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview 47 (有)和田進平プロジェクト所属
NKTV「朝なまっ。ごっそりワイド」木曜レギュラー
YQY「信州モーニングBar! やってる??」火曜レギュラー
FVC「㊕行進曲しまんチュ!」土曜レギュラー
芸能レポーター

伊丹優子(52)

各界のクリエイターが登場するシリーズ、今回はスクープ連発の芸能レポーターに密着!

撮影=井上佐由紀

Report 1

 1月の木曜の朝、取材班は宮崎のテレビ局NKTVにお邪魔した。人気情報番組「朝なまっ。ごっそりワイド」に出演する売れっ子芸能レポーター、伊丹優子さんに一日密着するためである。

――伊丹さん、出演直前のスタジオにまですみません、これからすぐ出番ですね。

「私なんかに密着しても何も出てきませんよ(笑)。私はスクープをご提供するんじゃなくて、探し出す側なんですから。実はね、ここだけの話、今日は大きいネタを持ってきているんです。タイミングよかったですねー(笑)。あっ、それと、何かネタあったら、くださいね。ではではのちほど」

 そう言い残してテレビカメラの前に歩んでいった伊丹さんが担当するのは、人気コーナー「蔵出しいちばん!芸能チェック」。これまでいくつもの特ダネを発信してきた話題のコーナーだ。今日も驚きの話が伊丹さんの口から飛び出した。なんと、砂地(さじ)豪・原瀬寿奈夫妻が昨年10月から11月にかけて離婚していたというスクープだ。

「年間21本のCMにふたりで出ていたあの夫婦が離婚なんて考えられないでしょ? 噓だと思うでしょ? 私の耳には入ってきていたのですが、これは本当です」

――出演者一同「ええ!? 信じられない!」

「さらに、この原因なんですが、どうやら原さんの側にあるようなんです。実は、黒い噂は4年前から私、伊丹の耳に入ってきておりました」

――出演者一同「ええー!?」

「この続きはCMのあとで」

 CM明けには、驚きの事実が伊丹さんの口から語られた。今回もスクープを惜しげもなく披露して、コーナーは終了し、次の仕事に前乗りするため、伊丹さんはすぐに沖縄に向かう。

「朝なまっ。ごっそりワイド」の出演者たちも、伊丹さんの「蔵出しいちばん!芸能チェック」のコーナーが楽しみだ

伊丹さんは昨年10月に、火曜レギュラーから木曜レギュラーにお引っ越ししたばかりだ

各地レギュラー番組へは前乗りが多いという伊丹さん。キャリーバッグには最大5日分の衣類が入っているというから驚きです!

Report 2

 レギュラー番組(芸能コーナー)3本、芸能コラム4本を抱える売れっ子芸能レポーターの伊丹さんだが、どれだけ多忙でも、囲み取材があれば必ず自らが現場に行くこだわりがあるという。一月某日、伊丹さんの姿は都内の記者会見場にあった。新商品「タブレット・オン・チーズ」のCM発表会。ロックグループ「カーペッツ」のボーカリスト・GENGENとの不倫疑惑が報じられた赤羽(あかばね)ユウの登場を、伊丹さんは狙い撃つつもりだ。

 記者が幾重にも赤羽ユウを取り囲むなか、伊丹さんが鋭く斬り込む。

「赤羽さん、この新商品タブレットチーズは小さくてつまみ食いがしやすいですね。そういう意味では、ロックバンドのボーカルをつまみ食いしたのはどういう経緯で……」

 すぐに会場スタッフから「商品と関係ない質問はおやめください!」と声がかかる。しかし、伊丹さんがさらに斬り込む。

「このチーズはもちろん乳製品ですが、そういう意味では、ロックバンドのお相手はあなたの乳製品をもてあそんだり……」

 再度、「関係ない質問はおやめください!」と声が飛ぶ。息詰まる攻防。真実に迫ろうとする伊丹さんの探究心に脱帽である。

スキャンダル発覚後の取材は戦場だ。所属事務所が関係のない質問を制止するなか、本人も気づかないうちに自然に聞き出すのが伊丹流

 会場を出て早足で歩み去ろうとする伊丹さんをつかまえた。

――今日のお仕事はこれで終了ですか?

「いえこれから事務所に帰って情報整理や原稿書きをします。まあ、あれこれやってるのよ」

――情報収集はいつもどのように?

「意外とアナログですよ。人に聞いて歩き回って、耳と足で地道に集めるんです。どんな些細なことも大事にしないとね。それらが集まって大きな球体になり、ようやくひとつのスクープになるものですから。

 そういう意味では、私は芸能界だけを見ているわけじゃありません。通りかかった商店街でも、聞き込みは欠かしませんね。クリーニング店の店主なんかをつかまえて、どの家とどの家が仲悪いのか、不倫している人はいないか、耳寄りな情報をキャッチするんです。

 芸能界だけを見てああだこうだと語るなんて、虫がよすぎるじゃないですか? 世の中全部をレポートするくらいの気持ちでいなくちゃ。もちろん、私はスクープする側なので、自分がスクープされるようなことは本当に一ミリもない覚悟でお仕事しています。それは当然だと思いますね」

 24時間すべてを捧げる彼女の地道な取材活動は、なんとクリエイティブなものであることか。

芸能スキャンダルより、ご近所さんスキャンダルの方が8倍多いという。伊丹さんは、すべてを追う

一瞬、伊丹さんのスクープか!と思いきや、デビューからかわいがっているイケメンアイドルユニット「NUMBER ONE%」のライブツアーの打ち上げだとのことだ。ひと安心

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。