1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. いっしょに書店、歩きませんか?
  5. vol.15 アーティスト モモコグミカンパニー(BiSH)

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

いっしょに書店、歩きませんか?

vol.15アーティスト モモコグミカンパニー(BiSH)

〝楽器を持たないパンクバンド〞というキャッチコピーに負けないエモーショナルなパフォーマンスで人気を博すのが「BiSH」。そのメンバーであり、大の読書好きとしても知られるモモコグミカンパニーさんと、ジュンク堂書店池袋本店をめぐりました!

プロフィール
モモコグミカンパニー

2015年3月結成、16年5月メジャーデビューした〝楽器を持たないパンクバンド〞BiSHのメンバーでグループ内で最も多くの歌詞を手がける。18年12月に幕張メッセ9~11ホールでワンマンライブを敢行、5thシングル『stereo future』発売。2018年3月に初の著書『目を合わせるということ』を上梓。「第60回輝く!日本レコード大賞」新人賞受賞。@GUMi_BiSH

本を通して「自分がどう生きればいいのか」の答えを探している

 日本全国でのツアーやフェス出演等を果たしながら、個人としてはエッセー集『目を合わせるということ』もリリース。精力的に活動を続けるモモコグミカンパニーさん、本を読む時間なんてあるんだろうか?

「読みたい本は持ち歩いて、楽屋で読みふけったりしていますね。読むのは遅いほうなんですけど、好きな小説なんかだとすぐ夢中になってその世界に浸ってしまう。それで結局、1日で読み切ったりしますよ」

 時間を見つけて、書店に足を運ぶこともしばしばだ。

「ちょっとつらい気分のときには書店に行きます。自分の哀しい気持ちをよく表していたり、癒してくれる本がないかなと探すんです。

 新刊がずらりと並んでいるのを眺めるのもおもしろい。私も含めていまここで生きている人たちが、何を考えどんな感情でいるのかが、新刊のタイトルや装丁に反映されている気がするので」

歌詞も手がけるので、言葉には敏感になる。いい言葉と出逢うための場所としても書店は大切な場所なのだとか。

 ファッション誌などもチェックするけれど、書店で最も時間を費やすのは小説の棚の前。

「小学生のころから、外で遊ぶよりも部屋でひとり本を読んでいるほうが好きでした。女性の書く小説が好きで、綿矢りささんや唯川恵さんをよく読みます。唯川さんの『燃えつきるまで』は失恋の痛みから立ち直っていく話。女性だからこそ書けるんだろうという生々しさにあふれています」

 文庫の棚で、思い出の1作も発見。「森絵都さんの『カラフル』、大好きなんです。高校生のころに読んで、人生観が変わりました。進路に悩んでいた時期だったので、いちど死んでしまった主人公が生き直す話に共感しました。ふだんは泣いたりしないけど、この作品をはじめ本を読むと泣いてしまうこともありますね」

 いま・こことは異なる世界に入り込んでいける小説が大好きではあるけれど、SFやファンタジーよりも、もっと生々しい感覚を得られる作品が好みだ。

「本を通して、自分がどう生きればいいのかについての答えを探しているようなところがあるので、現実に則したもののほうがしっくりきますね。だからその人の日々や考えをつづったエッセーもよく手にとります。さくらももこさんの『ひとりずもう』も、大きな影響を受けた1冊。思春期の悩みが詰まっていて、自分の胸に強く響いてきました」

 本は自分と向き合うために読むもの。人に薦められたものもいいけれど、自分の目と足を使って本と「出逢う」のが理想だという。では本日、いい出逢いとなりそうな本はありそうですか?

「そうですね……。タイトルに惹かれて手にとることが多くて、いま気になったのは木下龍也さんの『きみを嫌いな奴はクズだよ』。なんだかドキッとさせられますよね。あと、大好きな森絵都さんの『出会いなおし』もおもしろそう。ハマると夢中になって、脇目も振らず読んでしまうので、この2冊くらいに留めておきます(笑)」

 新たに出逢った2冊を大事そうに抱えて、モモコグミカンパニーさんは店をあとにしたのだった。

モモコグミカンパニーさんがお買い求めになった本

モモコグミカンパニーさんと巡った書店

ジュンク堂書店 池袋本店

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-5
営業時間
10:00~22:00

地下1階から9階まで、ビル1棟が書店になっています。
コミック、雑誌から、医学書・理工書・人文書・法律書など専門書まで、幅広く深い品揃えを目指しています。店内には、ゆっくり本をお選びいただけるように、机とイスをご用意しております。また、ご購入いただいた本をすぐお読みいただくことが出来る喫茶も設けています。各階には、書籍検索機をご用意しており、お客様の本探しをサポートいたします。各階でじっくり本をお選びいただいた後は、お会計はまとめて1階の集中レジをご利用ください。ジュンク堂書店のこだわりである「愚直なまでに"本"の品揃えにこだわる」「図書館に負けない快適さ」を実現するために、池袋本店一同日々努力しています。
皆様のご来店、心よりお待ち申しあげております。
店舗情報詳細

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。