書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

いっしょに書店、歩きませんか?

vol.16劇作家・演出家・俳優 山田由梨

みずから劇団「贅沢貧乏」を立ち上げ、脚本を書き演出をし、俳優としても出演するなど、多彩な活動を展開するのが山田由梨さん。ジュンク堂書店池袋店を訪問していただき、本の山を渉猟していただきました!

プロフィール
山田由梨(やまだ・ゆり)

1992年東京出身。劇団「贅沢貧乏」主宰、劇作家、演出家、俳優。2012年の旗揚げ以来全ての作品のプロデュース、劇作・演出を手がける。そのほか舞台、映画、CM等に出演する傍ら、雑誌等にエッセイを寄稿するなど活動の幅を広げている。新作公演「わかろうとはおもっているけど」が2/13から上演。本誌にて春頃より初の小説連載も開始予定、乞うご期待!
Twitter @YYUUUUYYam
http://zeitakubinbou.com/

現実と不思議な世界が混ざり合う作品に強く惹かれます

 自身が主宰する劇団「贅沢貧乏」の公演「わかろうとはおもっているけど」を2月に控え、稽古が続くさなか、書店を訪れてもらいました。「このところアウトプットの機会が続いていて、そうなると何かをインプットしたい欲求に駆られます。気になっていた本をまとめてチェックしたいです!」

 そう張り切る山田さんがまず足を向けたのは、文芸書のコーナー。「外国文学をよく読みますね。ミランダ・ジュライやエイミー・ベンダーが好き。日本の小説だと、現代の女性作家のものをよく手に取ります。本谷有希子、綿矢りさ、川上未映子、村田沙耶香……。イ・ラン『悲しくてかっこいい人』もぜひ読みたい。

 男性作家でも、村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(新潮社)なんかは、読んだとき深く胸に突き刺さりました。現実の世界と、不思議な世界のことがごく自然に混ざり合って存在している作品はいいなと思います。自分の作風もそういうところが多分にありますから。きっと深いところで相当に影響を受けているんでしょうね。

 これからはもっと古典や名作と呼ばれる作品にも挑戦したい。ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』はずっと気になっていて。これはぜひ買って帰ります」

 写真も好きとのことなので、写真集売り場へと足を伸ばします。梅佳代や川島小鳥といった、身近で生活感のある写真を撮る写真家がお気に入りなのだとか。

「パッと見ると不思議で滑稽な写真なのに、じつはその1枚から豊かな物語を紡ぎ出せる、そんな写真がおもしろいと思います。この『All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて』も、想像力を掻き立てられる一冊ですよね。見た目がきれいな本にはやっぱり惹かれます。マーリア・シュヴァルボヴァー『Swimming Pool』はかわいくて、家に持って帰りたくなる一冊です」

 歩を進めて、映像関連の棚へ。

「『映画監督 市川準 追憶・少女・東京』がありますね。『東京夜曲』『トニー滝谷』などで知られる彼の映画の中に出てくる、女性の佇まいがすごく好きなんです。『トニー滝谷』 の宮沢りえ、『つぐみ』の牧瀬里穂の演技は、かなり印象的で心に残っています」

 脚本家・坂元裕二の『往復書簡 初恋と不倫』『またここか』にも目が留まる。

「テレビドラマでおなじみですが、いつもセリフの一つひとつに奥行きがあったり、俳優の動きで場面を構成していくところなど、ひじょうに演劇と近しいものを感じます」

 続いては、ご自身の仕事と直接に関係する戯曲の棚を、じっくりと見ていきます。

「別役実、如月小春といった日本の演劇を支えてきた人の戯曲は、読み込んできました。アーサー・ミラーやテネシー・ウィリアムズといった世界の巨匠の作品ももちろんすばらしい。今日は野田 秀樹『贋作 桜の森の満開の下/足跡姫:時代錯誤冬幽霊』を買って帰りたいです。先達のすごい作品にジャンルを超えて触れられるから、書店に足を運ぶのっておもしろいですね。なんだかやる気が湧いてきます」

山田由梨さんがお買い求めになった本

山田由梨さんと巡った書店

ジュンク堂書店 池袋本店

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-5
営業時間
10:00~22:00

地下1階から9階まで、ビル1棟が書店になっています。
コミック、雑誌から、医学書・理工書・人文書・法律書など専門書まで、幅広く深い品揃えを目指しています。店内には、ゆっくり本をお選びいただけるように、机とイスをご用意しております。また、ご購入いただいた本をすぐお読みいただくことが出来る喫茶も設けています。各階には、書籍検索機をご用意しており、お客様の本探しをサポートいたします。各階でじっくり本をお選びいただいた後は、お会計はまとめて1階の集中レジをご利用ください。ジュンク堂書店のこだわりである「愚直なまでに"本"の品揃えにこだわる」「図書館に負けない快適さ」を実現するために、池袋本店一同日々努力しています。
皆様のご来店、心よりお待ち申しあげております。
店舗情報詳細

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。