1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. 中川翔子のポップカルチャー・ラボ

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

中川翔子のポップカルチャー・ラボ

マンガを愛する中川翔子が、同じくマンガを愛する多彩なゲストとともに繰り広げる「文科系トークセッション」。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第5回
衛藤ヒロユキ [後編]

第5回は、『魔法陣グルグル』で知られる衛藤ヒロユキさんの登場。同作のアニメのエンディング主題歌にヴォーカルとして参加した中川翔子が、憧れの衛藤先生と初対面!前編・後編の二部構成、後編をお届けします。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第5回
衛藤ヒロユキ [前編]

第5回となる今回は、『魔法陣グルグル』や『がじぇっと』など人気連載作品を手がけるマンガ家の衛藤ヒロユキさんが登場。ドラゴンクエストをベースにしたマンガ、『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』で築き上げた世界観の延長線上にある、シュールなギャグセンスや魅力的なキャラクター描写により、熱狂的な支持を集める衛藤さん。その無尽蔵なアイデアは、一体どこから生まれるのだろうか。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第4回
大槻ケンヂ [後編]

第4回は、来年デビュー30周年を迎える筋肉少女帯の大槻ケンヂさんとともにお届け。対談後編は、80年代の話からスタート。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第4回
大槻ケンヂ [前編]

第4回となる今回は、日本のロックシーンを牽引してきたバンド、筋肉少女帯や特撮のリーダーであり、小説家や俳優としても類い稀な才能を発揮してきたアーティスト、大槻ケンヂさんを迎えてお送りする。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第3回
奥浩哉 [後編]

第3回は、『GANTZ』や『いぬやしき』で知られるマンガ家の奥浩哉さんが登場。対談後編では、そのルーツに中川が迫った。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第3回
奥浩哉 [前編]

第3回となる今回は、『GANTZ』や『いぬやしき』といった作品で、コンピューターによる3DCGを用いた圧倒的なリアリティと、血も凍るようなバイオレンス、そして、息を呑むほどのエロティシズムを盛り込んだ濃密なストーリーを展開するマンガ家、奥浩哉さんを迎えてお送りする。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第2回
成瀬瑛美(でんぱ組.inc) [後編]

第2回は公私ともに仲良しの“えいたそ”こと成瀬瑛美さんが登場。対談後編では、電子書籍になって欲しいマンガの話題から始まった。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第2回
成瀬瑛美(でんぱ組.inc) [前編]

第2回は公私ともに仲良しの“えいたそ”こと成瀬瑛美さんが登場。でんぱ組.incのメンバーとして活躍する成瀬さんは、アキバカルチャーを心底愛してやまない自他ともに認めるマンガ好き。取材前日もプライベートで会っていたという2人。お互いの電子書籍コレクションを見せ合いながら、賑やかに対談はスタートした。

中川翔子のポップカルチャー・ラボ 第1回
手塚眞

記念すべき第1回は、マンガの生みの親でもある手塚治虫の長男、手塚眞さん。10代の頃から映像作家としての才能を遺憾なく発揮し、現在は映画監督をする一方、手塚作品の「監修者」としても浦沢直樹『PLUTO』や『アトム ザ・ビギニング』など、数々の作品を手がけてきた。

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

東京ポッド許可局 『推薦図書論』

  • 東京ポッド許可局 『推薦図書論』

たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

  • たまむすび『代読芸人・おりしま1ページ』

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

クリエイターズ・ファイル祭 開催!