『中川翔子のポップカルチャー・ラボ』第1回 手塚眞

Photo : Kentaro Kambe Styling:Masumi Miyazaki Hair and Make:Toh Text : Takanori Kuroda Edit:Takuro Ueno (honcierge)

マンガを愛する中川翔子が、同じくマンガを愛する多彩なゲストとともに繰り広げる「文科系トークセッション」。hontoのサービスをご利用することで、気になる作品は手元ですぐに立ち読み(試し読み)可能。おすすめのマンガとの出会いを提供します。

中川翔子×手塚眞が見た「手塚治虫マンガのインパクトと遺伝子」

オリンピックイヤーとなる2020年。来たるべきその日に向け、女優・タレント・歌手の中川翔子が改めてマンガと対峙。日本が誇れるポップカルチャーの象徴について、多彩なゲストとともにトークを繰り広げる新企画。

記念すべき第1回は、マンガの生みの親でもある手塚治虫の長男、手塚眞さん。10代の頃から映像作家としての才能を遺憾なく発揮し、現在は映画監督をする一方、手塚作品の「監修者」としても浦沢直樹『PLUTO』や『アトム ザ・ビギニング』など、数々の作品を手がけてきた。実は、中川の亡き父・中川勝彦とは学生時代の友人であり、自身の映像作品に出演してもらったこともあるという眞さん。しかも、今年上演された妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』に、今度は中川本人がヒロイン役として出演するなど、不思議な繋がりが今も続いている。

今回は、そんな2人に手塚治虫作品の魅力について、たっぷりと語ってもらった。

一般的に手塚のマンガというと、ヒューマンだとか、心洗われるとか多いのだけど、怖いストーリーもあれば、すごく皮肉な話や痛切な話もたくさんあるんですよね。

中川翔子(以下、中川)眞さまとの出会いは不思議なものでしたよね。5年前、ニコニコ動画さんの企画で、『魔法少女まどか☆マギカ』の実写版を制作するという話があって。眞さまが監督で、私がまどか役っていう。場所は日光江戸村だったじゃないですか。なんでそんなことになったんだろうとビックリしました。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

手塚眞(以下、手塚)魔法少女まどか☆マギカ』をもとにした「マギカ☆調べ」という落語があって、その実写化っていう変わった企画でしたね。ニッポン放送のアナウンサーの吉田尚記さんという人が、そういうオタク落語をやっていて(笑)。

中川それで初めてお会いしたのですが、驚いたことに、私の父(中川勝彦)が生前、眞さまに大変お世話になっていたことをお聞きして。

手塚お世話というか学生の頃の友達で、僕の作った映画にも彼は出てくれているから、親子で出演してもらったことになる(笑)。

中川時を超え、二世代にわたってお世話になりましたという。

手塚そして、今度は私の父の作品『上を下へのジレッタ』(妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』)に、しょこたんが出てくれて、なんだか家族でつながってグルグル回っている感じ(笑)。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川ヒロインの小百合チエ役をやらせていただいて。今年はもうずっと、寝ても覚めてもジレッタの世界にいたので、公演終了後は“ジレッタロス”みたいになってしまって……。まだふわふわしているんです。だから、ここ(手塚プロダクション)に来られて、手塚ワールドを浴びられて幸せです。

手塚僕は初日だけ顔を出したのですが、ずっと満員御礼だったとか。

中川はい。もう毎回満席で、立ち見席までぎっしり埋まっていました。『上を下へのジレッタ』は、自分の妄想世界(ジレッタ)を、他人に伝達する能力を持つ人物が出てくるのですが、VRやCGがものすごいスピードで発達しているこの時代に読み直してみると、ものすごく風刺が効いているんですよね。この作品の中で起こっていることは、今の社会でも起こりうることで。これが40年以上も前に描かれていたのかと思うと、本当に驚きです。当時の想像力で言ったら、脳みその頭蓋骨のさらに外側まで突き抜けていますよね。

手塚(笑)確かに、行き過ぎていたように思いますね。

中川手塚治虫先生は、マンガやアニメをこの世に定着させたパイオニアであるばかりか、発想自体がぶっ飛んでいたという……。舞台で演出を担当した倉持裕さんと、手塚先生の作品について稽古中も盛り上がって。すごく幸せでした。

手塚最初に原作を読んだとき、どんな風に思いました?

中川まず「エロいな!」とビックリしました(笑)。ここまでエロい手塚作品があったのかと。それと、登場人物がみんな「いいヤツじゃない」。主人公も最悪ですよね(笑)。自分の欲望と弱さが全開で、小百合チエも田舎から出てきた純朴な女性かと思いきや、恋人のオンちゃんが大好きと言ってるけど、平気で門前とも関係を持ったりする。そこがリアルで面白くもあり……(笑)。

手塚手塚作品は他に何が好き?

中川子供の頃は「バイパスの夜」という短編マンガが好きでした。登場人物がほぼ2人のみで、タクシーの中という狭い空間での会話劇がとにかく新鮮で。ラストシーンは今思い出してもゾッとします。あと、トーンをほぼ使わず黒のベタと“かけあみ”のみで描く背景や、線だけで表した夜の雨の表現など、絵を描くことに興味を持っていた8歳の頃に読んで、びっくりしたのを今も覚えています。当時は好きなマンガを模写しまくっていたんですけど、このマンガは無理だと思って諦めました(笑)。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

手塚一般的に手塚治虫のマンガというと、ヒューマンだとか、暖かいとか、心洗われるとか言われますが、怖いストーリーもあれば、すごく皮肉な話や痛切な話もたくさんあるんですよ。

中川そうなんですよね。倉持さんは「時計仕掛けのりんご」がお好きとおっしゃっていて、私もすごく好きなので、「『ジレッタ』の次は『時計仕掛けのりんご』を舞台にしてください」ってお願いしておきました(笑)。それと、「聖女懐妊」という、アンドロイドが人間と愛し合い妊娠するお話も大好きだから、「『聖女懐妊』のアンドロイド役もやりたい!」って伝えておきました(笑)。

手塚結構、マニアックな作品を読んでいるんだね(笑)。『リボンの騎士』も、相変わらず好き?

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川好きです! 女の子って可愛いだけじゃなくて、強かったり弱かったり優しかったり、いろんな部分があることを手塚先生が描いてくださったこと、大人になって改めて嬉しく思いますね。守られて優しいだけじゃなくて、強くもカッコよくもなれる。けど繊細で弱い部分もあって。そういう女の子の描き方が、なんだかとってもいいなと思うんです。あと、「可愛らしさ」の描かれ方っていろいろありますが、手塚先生の描く女性は“品”があると思うんです。それは、例えばサファイアの足の角度や、腰の曲線などに強く感じる。男の人が描く女の子とは思えない気品が漂っていて。

手塚昔、手塚治虫の家は兵庫県の宝塚にあって、宝塚歌劇の関係者が家の近所に住んでいたんですね。その方が、「手塚治虫という少年が、すごく絵が上手い」と聞きつけて。「宝塚歌劇の会報に絵を描かない?」と言ってきたらしいんですよ。男なのに歌劇の楽屋に入り、出演者をスケッチしていたらしいんです。

中川すごい経験!

手塚女性の美しい描き方は、そこで学んだのかもしれないですね。

『上を下へのジレッタ』の舞台では、手塚作品と音楽の相性の良さに驚きました。

中川そういえば、あるマンガのシーンで、大勢の女囚が後ろ手に縛られ、ズラーっと並んでいる絵があったんですけど、そこに描かれている女性のおっぱいの形が全部違っていて(笑)。小ぶりで可愛い感じのおっぱいもあれば、垂れてるけど母性を感じさせるおっぱいも、グラマラスなおっぱいもある。そういう、名もなき女性ですらちゃんと描いている、その女性へのリスペクトに感動しました。眞さまは今おすすめの手塚作品というと何かありますか?

手塚いま読んでほしいのは『きりひと讃歌』という、手塚作品の中でも難解と言われている作品のひとつ。これから東京オリンピックに向けて、外国人が大勢日本にやってきたり、逆にこちらから日本文化を海外に発信しようとするときに、読んでおくと良いと思える味わい深い作品です。しかも、漫画表現をものすごく突き詰めて考えている、その「苦痛」が伝わってくるようなすごい作品です。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川へえ! 読んでみたいです。

手塚短編だと「野郎と断崖」。「バイパスの夜」は2人しか出てこなかったけど、こちらはたった1人。シンプルですが、ものすごく考え抜かれた作品で、最後まで読むとホロっとさせられる。短くてすぐ読めちゃうんだけど、絶対に忘れられない強さがあります。それから『人間ども集まれ!』。これも『上を下へのジレッッタ』と同じく、風刺の効いたSFマンガです。いろんな国や組織の思惑が出てきて、今読むとちょうど面白いと思います。舞台にもなっています。手塚治虫のマンガって、スケールが大きくて世界観もしっかりしているから、映画やドラマで再現しようとすると、お金がかかっちゃうと思うんですよ。舞台だと全てを表現せず、観客の想像力に任せることも自由にできるじゃないですか。ミュージカル仕立ても良いですね。手塚治虫の作品と音楽はすごく相性がいいのでは。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川そうなんです! 今回の舞台でも、手塚作品と音楽の相性の良さに驚きました。ほかに、舞台で観たい手塚作品ってありますか?

手塚アドルフに告ぐ』は舞台にしてほしいですね。昔から映画化したいという話が、海外からも、それこそドイツからも来ましたが、やはり壮大すぎるというのと、ヒトラーも登場するデリケートな内容で、なかなか実現しなかった。舞台だったらできるんじゃないかな。

中川それは是非観てみたいです。

手塚ちなみに今までの舞台で最も評判が良かったのが、『陽だまりの樹』という、手塚の先祖を主人公にした江戸時代の話でした。ドラマにもなったし、舞台も3ヴァージョンくらいあったかな。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川手塚先生の、お仕事中のエピソードで覚えていることってありますか?

手塚すごく忙しい時は、何誌も掛け持ちで連載をしているんですよ。そうすると、何本か並行して進めないといけないんですね。昔は今みたいにデジタルの技術がないから、絵は、ギリギリまで待ってもそのまま印刷まで持っていけるんだけど、セリフの部分は写植文字を先に打たなきゃいけなくて。つまり、お話と台詞だけ先に作るんです。例えば、机の上では『三つ目がとおる』の原稿を描きながら、電話口で編集者に『ブラック・ジャック』のセリフを伝えていたり。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川何それ!!

手塚人間とは思えないですよね(笑)。普通の人ならできないと思います。本当に、一生懸命描いているという感じでした。原稿に、ものすごく顔を近づけて描いているんですよ。傍目には、机に突っ伏しているように見えるくらいグググッと近づいて。

中川え~肩を揉んで差し上げたい……。

手塚(笑)おそらく、子供の頃からの癖だと思うんですよ、その姿勢は。だから、仕事場の机を少し高くしてありました。脚の下に何かを噛ませて上にあげて、なるべく顔に近いところに原稿が来るよう工夫してあった。で、昔の原稿はペン先に墨汁をつけて描くんですけど、ペン軸の先が顔に当たるのが煩わしいからってちょん切って。ペン軸を短くして顔のそばに持って来て描いていました(笑)。

中川自分のスタイルに合わせていたんですね。ということは、描くのもすごく速かったのですか?

手塚速かったですね。「落書きでもしているんじゃないか?」と思うくらいパパパッと描いていました。

中川苦手なことってあったのかな。

手塚意外なことに、メカ音痴だったんですよ。

中川え! 意外すぎる(笑)。

手塚僕も若干、その傾向があるんですけど。昔、ワープロのコマーシャルに本人が出演して、ワープロをもらえるって言われたとき、「要らない」ってもらわなかったの。「僕は絵を描く職業だから」って。でも実は、持っていても使えなかったからじゃないかと(笑)。ビデオの留守録も自分で出来ないから、私の母にやってもらうなどしていました。

今の若い人たちと、昔の手塚作品を結びつける際、何が必要なのかを見極めるのが監修の立場です。

中川誰よりも未来を描いた男なのに!(笑) ところで、眞さまはどんなときに「父の血が騒いじゃった」って思いますか?

手塚さあ、なんでしょうね。あまり意識したことがなくて。というのも、落書き程度に絵は描くのですが、真面目に描こうと思ったことがないんですよ。よっぽどしょこたんの方が上手いと思う。今は、自分ではマンガは描かなくてもお話を考えたり、監修をしたりしています。アニメだったら自分で監督することもある。むかしは「父親のやっていることとは違う」と思っていましたが、今となっちゃ同じだなって(笑)。
10年ほど前ですが、『ブラック・ジャック』のアニメをテレビでやったんですね。そのとき、テレビシリーズも監督し、同時に映画版も監督し、なおかつ出版社からも「『ブラック・ジャック』をマンガで描きませんか?」みたいなことを言われ。それが全部同じ時期に重なっていて。うわ、もう大変……って思ったとき、「父親はこれが毎日だったんだな」と。絶対無理!って。

電子書籍

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川普通はそうですよね……先生はなんで出来ちゃったんだろう。眞さまの、監修のお仕事というのはどんなものなのですか?

手塚ただ「手塚ワールド」を忠実に守り続けるのではなく、例えば今の若い人たちと、昔の手塚作品を結びつける際、何が必要なのかを見極めるのが監修の立場です。例えば、浦沢直樹さんの『PLUTO』ですが、浦沢さんは当初、手塚作品へのリスペクトがものすごく強くて、「できる限り、手塚先生の絵を再現します」と言ってきてくれました。「アトムも僕はすごく上手く描けるんです」って。確かにまるで手塚治虫のようなアトムが描けるんですけど、それをやってしまうとただの「マネ」になってしまうので、それはやめてくださいとお願いしました。浦沢さんのタッチで描いてくださいって、こちらから頼んだんです。しかも、「せっかく描くのだから、あなたの最高傑作にしてください」とお願いして、ハードルを上げてしまいました(笑)。

中川うわああ! 凄まじいプレッシャー(笑)

手塚普通、著作権者って、守るだけの立場なんですね。イメージを悪くしないよう、「ここを変えちゃいけない」とか「ここはこのとおりにしてくれ」とか。でも、僕自身が表現者なので、僕が入るときは、守るだけじゃなく攻める方に回りたい。NHKでも放映していた『アトム ザ・ビギニング』は、最初の企画段階から僕も関わっています。「今、アトムをリメイクするなら、どういう方法があるか」というアイデアを、いろんなクリエイターからたくさん出してもらって。そこで出てきたのが“ビギニング”というフレーズでした。映画『バットマン ビギンズ』のように、アトムが誕生する前日譚を描いたら面白いんじゃないかと。若きお茶の水博士や天馬博士が出てくるような。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川すごい! 私たちが見たい手塚ワールドを掘り出して、それを全く新しい視点で生み出すわけですよね。

手塚ただ最終的には、やっぱり手塚の原作を読んでもらいたいですね。今、話題になっている『AIの遺電子』というマンガは、まるでブラック・ジャックのようなロボット医師が出てきます。AIの研究をしている人は、「あのマンガの設定は本当によくできている。素晴らしい」ってみんなが言うんです。ただ、その世界は、実は手塚治虫が、何十年も前に全部描いている。きっと当時はみんなそのすごさがわからなかったんでしょうね。『AIの遺電子』のようなマンガが今になって出てきて、それで逆に手塚治虫のすごさに改めて気づかされるというか。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

中川本当にそうですね。

手塚でも、しょこたんも結局はお父さんと同じ仕事になっちゃったね。役者もやって、歌もやって。

中川そうなんです。もともとマンガや絵を描くのが好きな引きこもりで、人前に出ることなんて考えられなかったんですけど……。父も猫が好きで、絵を描いたり歌を歌ったりしていたらしく。今年、ついに父が亡くなった時と同い年になったんですけど、未だに「お父さんと一緒に仕事をしたことがあるんですよ」って言っていただくことも多いんですよね。目に見えないけど、一緒に歩いているような不思議な気持ちです。

手塚来年は、お父さんの年齢を追い越してしまいますね。

中川そうなんです。いつかの未来が今なのだなと思うと、この今の瞬間に、父が大変お世話になっていた眞さまの、お父様の作品でヒロインをやれているというのは、何か未来に対して特別な思いがあった自分にとっては、過去と未来がガシッと繋がったような感覚でした。『上を下へのジレッタ』への出演が決まり、手塚作品をいろいろと読みあさっていく中で、大人になってからの方が意味がわかったり、面白くなったりするシーンがたくさん潜んであったのも気づいて。もう、生きることがどんどん面白くなっていく感じがします。

手塚しょこたんが、お父さんの亡くなった年齢になったというのが、今日最も心動かされた話でした(笑)。感慨深いですね。しょこたんはたくさんの漫画やアニメを、今の目線で見て、面白いものを分かっている。そんなしょこたんが手塚作品を評価してくれているのがすごく嬉しくて、ありがたいなって思っています。

中川恐縮でございます!! でも今日、こうやって眞さまとお話がゆっくりできて嬉しいです。父がくれたプレゼントなのかな、会わせたい人に会わせてくれたのかなって思っています。これからまた、眞さまとご一緒できる未来がありますように。今日はありがとうございました!

新規会員限定!電子書籍全ジャンル50%OFFクーポンキャンペーン

Profile

中川翔子

女優・タレント・歌手。2004年11月からスタートさせた公式ブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年にはシングル「Brilliant Dream」で歌手デビュー。同年、愛猫・マミタスの写真集『ギザ☆マミタス!!』も発売。このほかにも声優やイラスト、漫画家、ドラマ出演など、多方面で活躍するマルチタレントぶりを発揮している。デビュー10周年を迎えた2012年には念願だった初のアジアツアーを大成功に収めた。近年は女優としても積極的に活動し、2015年には朝の連続テレビ小説『まれ』に出演。2017年にはTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』で、横山皆美役を演じた。
http://www.shokotan.jp/

手塚眞

ヴィジュアリスト。1961年、漫画家・手塚治虫の長男として東京に生まれる。1978年、高校在学中に監督した『FANTASTIC★PARTY』で注目を集める。1999年、『白痴』でヴェネツィア国際映画祭デジタル・アワードを受賞。2005年、テレビアニメ『ブラック・ジャック』で東京アニメアワード優秀作品賞に選出される。主な監督作品に『星くず兄弟の伝説』『妖怪天国』『ブラック・キス』。著書に『ブラックモーメント』『ファントム・パーティ』『ヴィジュアル時代の発想法ー直感をいかす技術ー』『手塚治虫ー知られざる天才の苦悩ー』などがある。一般財団法人手塚治虫文化財団理事。株式会社手塚プロダクション取締役。有限会社ネオンテトラ代表取締役。最新作は『星くず兄弟の新たな伝説』(2018年1月より劇場公開)。
http://www.neontetra.co.jp/

対談内で紹介された書籍

魔法少女まどか☆マギカ

上を下へのジレッタ

PLUTO

アトムザ・ビギニング

バイパスの夜(※「時計仕掛けのりんご」内に集録)

時計仕掛けのりんご

リボンの騎士

きりひと讃歌

野郎と断崖

人間ども集まれ!

アドルフに告ぐ

陽だまりの樹

三つ目がとおる

ブラック・ジャック

AIの遺電子

  • 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン
  • ハイブリッドなフリーマガジン honto+(hontoプラス)