サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

オススメのブックツリー

検索結果 38 件中 1 件~ 30 件を表示

どんでん返しがミステリーの極み!結末に思わずゾクっとくる傑作本

お気に入り
178
閲覧数
6446

ミステリーの中でも、特に「巧妙な叙述トリックで読者をだまして、ストーリーの前提が大きく崩れるようなどんでん返しがある」作品が好きな人にオススメです。ハラハラ!ドキドキ!先が気になって仕方ないです。そして最後の展開に、あっと驚いて全身がゾクっとしますよ!

科学道100冊<はじまりは疑問>

お気に入り
50
閲覧数
1110

誰もが見落としてしまうような素朴な疑問から科学の道ははじまる。 ひらめきをつかまえる5冊。

一文の衝撃!最後に物語が180度ひっくり返る驚愕のミステリー小説!

お気に入り
176
閲覧数
6319

すぐれた構成に、作者のたくらみ、ときに後頭部を殴られたような衝撃を受けるような一文・・・。ミステリー小説の中には、終盤のたった一文で物語の意味をがらりと変えてしまう作品があります。気持ちよくだまされたい方には、そんなミステリー小説がオススメです。終盤の一文で世界が変わる快感を味わえる傑作です。

本を読むにも技術は必要です!能率的な読書ができるようになる本

お気に入り
93
閲覧数
3659

本を読んでもいつの間にか内容を忘れてしまい、全然活用できていない。「もっと能率的な読書法はないのか」と、考えたことがある人は多いと思います。読書技術を高めたい方の参考になる、読書についての本を集めました。正しい読書術を知れば、本から得た知識を自分の血肉にすることができるようになるでしょう。

ラテンアメリカの幻想文学、「マジックリアリズム」が用いられた小説

お気に入り
26
閲覧数
1051

一般的なファンタジー小説とは一線を画す「マジックリアリズム」をご存じですか?ラテンアメリカの文学で隆盛をきわめたその技法は、ただ怪奇を描くだけでなく、それがその世界での常識として表現されることで、よりいっそう数奇な味わいを感じることができます。さあ、新しい不思議の扉を叩いて、異常な日常をご堪能ください。

不思議の国はこちらです。架空の世界を旅した気分になれる本

お気に入り
137
閲覧数
4972

現実世界でどんなに旅をしても、たどり着けない場所があります。2千年前の唐の国、アラビアンナイトの王宮、人々が超能力を使えるようになった星などなど。物語のなかでしか味わえない、あり得ないアクシデントに巻き込まれてみてはいかがでしょう。波乱万丈の冒険の後、ちょっと哲学的な気分にもなれる小説を集めました。

読むことで「意識」が拡大・変容する本

お気に入り
19
閲覧数
1301

本を読むからには、大きく自分が変えられてしまうようなものを読みたい。とくに、一部の小説にはそういう力があると思います。そこで、言葉の使い方や、本の中の世界観や、その他のよくわからないけれど何かの方法で読者の意識を直接つかんで揺すぶってくるような本であり、物語を追体験できるというよりもその本を読むこと自体が独特の体験になるような本を選びました。

すぐそこにある異界を感じるスリリングな5冊

お気に入り
24
閲覧数
1410

朝起きて、今日も平凡な一日が始まる。家を出ていつもと同じ信号、いつもと同じ電車、あるいは、いつもと同じスマホ、いつもと同じ掃除機。でも、よく見るとうっすら亀裂が入っているかもしれない。その亀裂は突如広がって、あなたを吞み込んでしまうかもしれない。異界はすぐそこに口を開けている。アナザーワールドまではほんの一歩。

〈父殺し〉ばかりじゃない!父と子の愛と憎しみと和解の世界。

お気に入り
13
閲覧数
581

フロイトの影響で、一頃、小説に描かれる「父親」という存在は、何でもかんでも〈父殺し〉の神話と結びつけて語られる傾向があったが、早くに父を亡くし、母子家庭で育った私には非常に違和感があった。親子もそれぞれというわけで、様々な関係をご覧いただきたい。

夜中に見ちゃダメ!読めば絶対お腹が空いてくるグルメな小説

お気に入り
117
閲覧数
4548

文字だけなのになぜかおいしそう・・・手間ひまかけた料理が質感たっぷりの描写が登場する作品を集めました。おいしいものを食べれば誰しも自然と頬がゆるむもの。最高の食事を通して人生が変わったり、疲れた心や体が癒される。そんな「読んでおいしい」小説たち。心に元気がないときに読めば、きっと栄養を補給できますよ。

趣味や資格が活かせます!女性がプチ起業したくなったときの参考になる本

お気に入り
33
閲覧数
1573

主婦や子育て中のママたちが自宅で起業する「おうち起業」や、会社に勤めながら副業もこなす「ダブルワーカー」など、趣味や資格を活かして小さな事業を起こす女性が増えています。その始め方も自宅サロンやセミナー講師、ネットショップ運営などさまざまです。起業を考えている女性の参考になる本を紹介します。

7~66年の時を経て映画化。映像に「はっ!」とする前に味わいたい原作

お気に入り
16
閲覧数
783

映画化された作品は、先に読むか、それとも先に観るか迷うことってありませんか?今日オススメする本は、かつて私が読んだ時にはまだ映画化されていなかった作品。どれも幻想的で読むと文字から、音や匂いや景色が立ちのぼってくるような世界。だからこそ、後に映像になった時に「はっ!」と新鮮な驚きのあった原作を集めました。

実は身近なアブナイ依存症の世界

お気に入り
11
閲覧数
743

芸能人の薬物スキャンダルや、著者自身が薬物依存症やアルコール依存症となった実体験をもとに、ときには真面目に、ときにはおもしろおかしく依存症の実態を描いた作品を紹介します。自分には疎遠な世界と思いがちかもしれませんが、薬物中毒やアルコール依存症は誰にでも可能性のある落とし穴なのかもしれません。

身も心もこれでスッキリ!いろんなことが片付けられるようになる本

お気に入り
103
閲覧数
3672

「お片付け」といっても、それこそ一言では片付けられないほど、その方法は多種多様です。また、片付けたい場所も人それぞれ。私たちにとって最も身近で難しい問題、それが「片付け」なのかもしれません。そんな難題である片付けの手助けしてくれる本を紹介します。少し目線を変えて片付けに取り組んで、身も心もスッキリしましょう。

自分に合った方法を見つけよう!やる気がコントロールできるようになる本

お気に入り
34
閲覧数
1277

「やらなければいけない」と頭ではわかっていても、やる気が出ない・・・。そんな人に向けて書かれた「やる気を出すため」の本はたくさんあります。ただし、数が多すぎて何を選んだらいいのかわからない、という方も多いことでしょう。そこで、異なる切り口でやる気アップについて書かれた本を紹介します。あなたにあった方法を探してみてください。

奇妙な世界観が映し出す・・・「人間の本質」にゾクッとする小説

お気に入り
165
閲覧数
6143

何かがおかしい、現実世界から一歩踏み外してしまったような奇妙な世界感のもと、人間の本質が描かれた小説を集めました。人の心は単純で、きれいなだけではないもの。ふとした拍子に予測できない動きをしたり、過ちを犯したり、弱さに逃げ込んだりします。物質的な恐怖よりもある意味怖い、人間の心を映し出すストーリーです。

作家が頼まれてもいないのに自分のことをあれこれ語るのはなぜ?

お気に入り
10
閲覧数
925

「私小説」が流行したのは百年近く前のことだが、現代になっても作家は自分のことをせっせと語る。私たち読者もつい耳を傾ける。私語りには、筋のおもしろさだけでは説明できない複雑な魅力が隠されている。いったいどんなあやしい関係が語り手と読者との間に生まれているのだろう。私語りの魔術師たちへのアプローチのための五冊。

食べることは救いなのか、絶望なのか

お気に入り
15
閲覧数
2670

通常わたしたちは、食べることは楽しいこと、食卓は分かち合いと対話の場と考えています。でも、本当にそれだけなのでしょうか。食物には「影」はないのでしょうか。飢饉はどこでも人間の生活をずっと脅かしてきましたし、あらゆる悲劇は食の問題と関わっています。そんなことを教えてくれる書物を選んでみました。

旅を描く5冊

お気に入り
14
閲覧数
1362

旅をする人はそれこそ星の数ほどいるだろうが、旅について書く人はどれくらいいるだろう。さらに、自分が知っている風景とは異なる視線や香りをもたらす文章を書いた人は何人いるだろう。ここに挙げた本は、旅の名人になるための手引きの書ではない。けれども、それぞれの書物は、旅を描く、書くとはどういうことか、しっかりとした答えを与えてくれるにちがいない。

現状に満足できないときに、歴史から考えてみる

お気に入り
11
閲覧数
1078

春は就職や異動など、地位や役回りが様変わりする季節です。現在の身の置かれ方に得心している人とそうではない人、様々でしょうが、誰しも前向きに仕事に取り組みたいものです。就職を歴史学的に考察した書籍を導入に、職人的な仕事ぶりを示した幾人かにフォーカスしてみます。

意志について考える。そこから中動態の哲学へ!

お気に入り
43
閲覧数
2980

「意志」について考えるきっかけになる本を選びました。「意志なんて、何か考えるべきことなんてあるの?」と思われる方もいらっしゃるかと。このテーマ、哲学ではそれなりに論じられています。けれども、いったい何が問題なのか、いまいち分かりにくいんですね。それをハッキリさせる五冊を選んでみました。【選者:國分功一郎(こくぶん・こういちろう:1974-:高崎経済大学准教授)】

広大な本の海に溺れる本

お気に入り
50
閲覧数
3248

いつものようにお気に入りの作家や好きなジャンルの本を選ぶのもいいけれど、もっともっと遠いところに連れて行ってくれる不思議な本が世の中にはたくさんあるみたいです。広すぎる本の世界を旅するための地図やヒントになる、もしくはその海の広さ深さに途方にくれながらも、ますます本が好きになる本を集めてみました。

モノを捨てれば快適に暮らせる!ミニマリストへの道

お気に入り
75
閲覧数
3072

必要最小限の持ち物だけで暮らし、消費社会とはオサラバするミニマリスト。ワードローブは厳選された数着を残してあとは処分し、本やCDもクラウドへ移行。ガランとした部屋でアタマの中もリセットし、スッキリ快適生活。そんなイマドキな生き方をしてみたい人に読んでほしい本。

世界と歴史を旅する読書。ユーラシア大陸横断篇

お気に入り
7
閲覧数
808

文学で今を描くとき、おのずとそこには「世界」と「歴史」が現れる。その対象が政治であれ、革命であれ、恋愛であれ、今の人間存在と、色濃く結びついたそれらを読書によって自身にも紐づける。それが文学を読むという行為ではないか?・・・という大上段に構えた選書です。

「昭和」「戦後」「テレビ」「ロック」「学生運動」。日本人の誰もが「青春」だった頃を描いたノンフィクションと小説の数々。

お気に入り
6
閲覧数
635

音楽のような青春小説とノンフィクションがテーマ。時代と自分がシンクロしていた「昭和」という時代。声に出して読んでみると、そのまま昭和のキーノート(主音)になる。心にくっきりと「あの頃の風景」が浮かぶ作品群。

今日より明日、成長したい人のための「よい習慣」を身につける本

お気に入り
12
閲覧数
562

本を読むのは「楽しいから」というのもありますが、ビジネス書の場合、何か少しでも「成長したい」「今よりよくなりたい」と思って手に取る人がほとんどでしょう。人が「行動」をよりよく変えていくための第一歩は「習慣」を変えること。多くの人に読み継がれてきた名著から最近のベストセラーまで、「よい習慣」が身につく本を紹介します。

大人な対応にドキッ!年上男性の魅力にハマるコミック

お気に入り
10
閲覧数
683

年を重ねたぶん、年上男性は人生経験が豊か。人との距離感の取り方が上手だったり、さりげなく手助けをしてくれたり、若者には真似できない心配りに素敵だと感じることがあるでしょう。ときには人生経験を踏まえた厳しいアドバイスをくれることも。そんな大人な魅力たっぷりの男性が登場するコミックを紹介します。主人公とともに、きっとハマってしまうでしょう。

饒舌で、皮肉っぽくて、でも繊細。サリンジャーの世界へようこそ

お気に入り
40
閲覧数
1512

その小説が好きか嫌いかというのは、その物語の主人公が好きか嫌いかということに大きく左右されると思います。もしあなたが繊細で敏感な皮肉屋を好きになる傾向があるようならば、サリンジャーの本をオススメします。主人公はみな世の中に嫌気がさした曲者ばかり。しかしどこかで救いを求める姿に、思わず自分を重ねてしまうでしょう。

はじめて読むなら押さえておきたい!SF小説の古典的名作

お気に入り
213
閲覧数
8451

1970年代、80年代、オイルショックやコンピューターの一般化という時代背景のなか、未来の姿を示すSF小説が全盛期を迎えます。90年代以降、映像メディアに押されて暗黒期が続きますが、最近、映像メディアのルーツとして再評価の機運が高まっています。そこで、おさえておきたいSF小説の古典をピックアップしました。

一緒に食べるともっとおいしい。大切な人とご飯を食べたくなる本

お気に入り
63
閲覧数
2709

本を読んでいて物語の中に出てきたものを食べたくなった経験は、誰もが思い当たる節があるでしょう。静かに1人で本を読んでいるときの空気感をそのままに、自分のために料理をしたくなるような本もいいもの。だけどここでは、大切な人のためにごはんを作りたくなったり、食卓を囲みたくなったりする。そんな気持ちになる本を集めました。