サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

オススメのブックツリー

検索結果 39 件中 1 件~ 30 件を表示

知的好奇心がめちゃくちゃ刺激される本

お気に入り
310
閲覧数
11699

面白い本にもいろいろありますが、知的興趣がかきたてられる面白さというのは、また格別なものです。ここに挙げたのは、どれも新たなものの見方を教えられたような気がして、興奮しながら読んだ本です。

毎日を最高の状態で過ごせる自分になるために。「マインドフルネス」のススメ

お気に入り
52
閲覧数
2283

自分の内面と向き合い、自分を最高の状態にする「マインドフルネス」をご存じですか?米国では、社員のパフォーマンス向上、モチベーション向上のための人材育成プログラムとして、取り入れている企業も多数あります。ぜひ知りたいという方にオススメの、入門書、実践書、そして実践した人たちの結果を記した本を紹介します。

孤独と向き合うためのタイム・ループ小説

お気に入り
67
閲覧数
3946

時間SFといえば過去へ行くものや未来へ行くものなど方向性は様々ですが、なかでも同じ時間が繰り返される「ループもの」は精神の檻に閉じ込められるような哲学的な味わいがあります。自分一人だけに同じ毎日がやってきたら?永遠に同じ10分間が繰り返され続けたら?究極の状況に想いを馳せて、その深い孤独に身震いしてみませんか。

仕事・学校・日常でも役立つ!「相手に伝わる文章」を書くための本

お気に入り
40
閲覧数
1578

仕事で報告書や企画書をつくるときや、学校でレポートや論文を書くとき、また日常で文章を書くとき、求められるのが文章力です。文章力をアップするには、内容をよく知ること、かたちを知ること、そして論理力とコミュニケーション能力が必要となります。相手に伝わる文章とは何かがわかる本を紹介します。

もう悩まない!対人関係に疲れたとき、視点を変えてくれる本

お気に入り
44
閲覧数
1969

人間の悩みのほとんどは、対人関係に関わることなのだそうです。だけど人間は、1人では生きていけません。そんな人間関係から逃れられないのならば、視点を少し変えてみてはいかがでしょう。そこでここでは、悩み多き現代社会を「生きる知恵」が紹介されたさまざまな本を紹介します。

家と間取りから家族を見つめる小説

お気に入り
27
閲覧数
990

自分が住むわけでもないのに間取り図を眺めるのってなんだか楽しい。部屋の配置からそこに住む人の生活、人間関係を思わず想像してしまうからかもしれません。小説の中で、家の佇まいや間取りはそこに住む人や家族の人生や関係をあらわし、ときには、そのあり方に影響を与えるスリリングな存在でもあります。

あなたにピッタリな一冊があります!初めての冒険ファンタジー

お気に入り
85
閲覧数
3665

冒険ファンタジーに興味はあるけれど、独特の世界観がある印象があって、最初の一冊に何を選んでよいのかわからない・・・そんな方に冒険ファンタジーへの入り口として、うってつけの本を紹介します。軽妙であったり重厚であったり、西洋風・東洋風など、バラエティ豊かな本を選んでいますので、あなたにピッタリな一冊が見つかることでしょう。

「学校」が敵に回るとき、あなたはどう戦うべきか

お気に入り
19
閲覧数
873

「学校」は必ずしも楽しくないし、キラキラしてもいないし青春でもありません。「教育」は必ずしもあなたのためではないし、あなたを守ってくれないかもしれないどころか逆に追い詰めるかもしれません。子供たちを追い詰める誤った教育、歪んだ学校。その分析と対策を教えてくれる本たちです。

奇妙な世界観が映し出す・・・「人間の本質」にゾクッとする小説

お気に入り
127
閲覧数
4511

何かがおかしい、現実世界から一歩踏み外してしまったような奇妙な世界感のもと、人間の本質が描かれた小説を集めました。人の心は単純で、きれいなだけではないもの。ふとした拍子に予測できない動きをしたり、過ちを犯したり、弱さに逃げ込んだりします。物質的な恐怖よりもある意味怖い、人間の心を映し出すストーリーです。

人生や仕事に前向きになるために

お気に入り
140
閲覧数
6485

「なぜ人は働くのか」というようなことは多忙な日々には熟慮されないかもしれないが、仕事に行き詰まった時でなくても、時に立ち止まって考えたい問いである。 働くこと、さらには生きることについてのヒントを得、仕事に前向きに取り組む勇気を持てる哲学書、心理学書を選んだ。

一文の衝撃!最後に物語が180度ひっくり返る驚愕のミステリー小説!

お気に入り
106
閲覧数
3981

すぐれた構成に、作者のたくらみ、ときに後頭部を殴られたような衝撃を受けるような一文・・・。ミステリー小説の中には、終盤のたった一文で物語の意味をがらりと変えてしまう作品があります。気持ちよくだまされたい方には、そんなミステリー小説がオススメです。終盤の一文で世界が変わる快感を味わえる傑作です。

イケメンな変わり者が大活躍!日本の探偵小説シリーズをはじめから

お気に入り
62
閲覧数
2428

探偵キャラがイケメンで魅力的。でも残念ながら理系・博学な奇人変人・・・という本格推理小説を紹介します。相棒とのやり取りでの「萌え」も見逃せない人気シリーズで、どの小説も映像化されたものばかり。そのなかでもシリーズの第一作目や重要な初期作品を選びました。映像で補完するもよし、小説でイメージを膨らませるもよし、いろいろな楽しみ方ができます。

『小さいおうち』を読んでくれる読者に、さらに楽しんでもらうための本

お気に入り
33
閲覧数
1435

『小さいおうち』はわたしの代表作ですが、この本にはたくさんの先行作品が隠れています。はっきり引用したものもあれば、参考にしたり、インスピレーションをもらったり。以下に挙げる以外にもいっぱいあるのですが、文庫になっていて比較的手に入りやすいものを選びました。どこを参考にしたのか、探してみてくださいね~。

ワクワクが止まらない!!大人が読んでもおもしろい児童文学

お気に入り
94
閲覧数
3804

児童文学と聞くと絵本や寓話の類を想像しがちです。しかし、児童文学の中枢は、ロマンあふれる幻想小説・冒険活劇なのです。誰もが憧れるヒーロー、夢のような幻想世界、胸が高鳴る綱渡りのような冒険活劇・・・。大人になった今だからこそ読みたい作品が、身を投げ入れたい興奮の渦が、意外にもすぐ近くにあるのです。

2017年、海外の読者が注目する日本の小説

お気に入り
18
閲覧数
816

海外で読まれている日本の作家と言えば村上春樹・・・だけではありません。ここ数年は、翻訳家や出版社の層も厚くなり、海外に出ていく作品の幅も広くなってきています。その中でも2017年に英語で新たに刊行される日本文学は傑作揃い。今、海外で最も注目されている小説を原著で読み返し、国境・言語を越えて読者とつながってみませんか――。

病を生きる、病人から学ぼう!

お気に入り
21
閲覧数
806

人は病におかされたとき、意のままにならない自分のからだをもてあまし、悶々と考え、健康体でいたときには気づきようのなかったことを知るものです。病はつらくて苦しくて、それでもだからこそ、病人は私たちに何か大切なことを教えてくれるのでしょう。病と向き合ったとき、その中から立ち上る「生きる勇気」をくれる本を集めてみました。

最初に読むならこれ!初めての英国ミステリーとしてぴったりな古典的傑作

お気に入り
52
閲覧数
2263

米国人のエドガー・アラン・ポーによって生み出されたミステリー小説は、英国で大きく発展しました。そして、1920年代には本格ミステリーの黄金時代を迎えます。複雑な謎、知的な名探偵による論理的推理が、英国ミステリーの魅力です。気になるけど何から読んだらいいのか迷っている方に、傑作として名高い英国ミステリーを紹介します。

不思議の国はこちらです。架空の世界を旅した気分になれる本

お気に入り
103
閲覧数
3662

現実世界でどんなに旅をしても、たどり着けない場所があります。2千年前の唐の国、アラビアンナイトの王宮、人々が超能力を使えるようになった星などなど。物語のなかでしか味わえない、あり得ないアクシデントに巻き込まれてみてはいかがでしょう。波乱万丈の冒険の後、ちょっと哲学的な気分にもなれる小説を集めました。

処女小説『コーヒーが冷めないうちに』の創作の源になった5冊

お気に入り
7
閲覧数
1377

拙著『コーヒーが冷めないうちに』は、脚本家・演出家として活動してきた川口俊和が初めて書いた小説です。この小説を書くときに参考にし、創作の源になった5冊を紹介します。

はじめて読むなら押さえておきたい!SF小説の古典的名作

お気に入り
182
閲覧数
6934

1970年代、80年代、オイルショックやコンピューターの一般化という時代背景のなか、未来の姿を示すSF小説が全盛期を迎えます。90年代以降、映像メディアに押されて暗黒期が続きますが、最近、映像メディアのルーツとして再評価の機運が高まっています。そこで、おさえておきたいSF小説の古典をピックアップしました。

楽し恐ろし女子校が舞台の物語

お気に入り
3
閲覧数
483

美しき秘密の花園?それとも珍獣だらけの動物園?謎に包まれた女子校という場所は、物語の舞台にうってつけです。仲間外れ、嫌がらせ、憧れや嫉妬がいつのまにか大事になっていたり・・・個性的なキャラクターと複雑な人間関係が織り成すスリリングな展開もあります。女子校出身者にもそうでない人も楽しめること間違いなし!

最近、料理や味付けがマンネリだとつくづく感じているときにおすすめの5冊

お気に入り
5
閲覧数
492

なんだかいつも同じパターンの繰り返し、自分の料理や味付けに飽きた、毎日料理している人には誰にもで何度も訪れる悩みではないでしょうか。私も料理は大好きですが、この症状にはしょっちゅう見舞われます。そんな私ではありますが、ここ3年の間に使って料理の方向性を変えてくれたり、味付けに広がりを持たせてくれた5冊をお届けします。

植本一子の家族観を知るための5冊

お気に入り
12
閲覧数
2314

3冊目の単著『家族最後の日』を出版した私ですが、それでも作家やエッセイストなどと名乗れるはずもなく、相変わらず肩書きは「写真家」で通しています。そんな私がインタビューでよく聞かれるのが、家族観についてです。そこで今回は、私の家族観に影響を与えてくれた本を5冊紹介します。読んでもらえると、すこしは私の家族観がわかってもらえるかもしれません。

赤江珠緒が選ぶ、男性も女性もご年配の方も若い方にも読んで欲しい「たまむすび」的珠玉の5冊

お気に入り
46
閲覧数
3593

わたくし赤江珠緒がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」は男女問わず幅広い年齢層のリスナーの方に聴いて頂いている番組です。今回はそんなリスナーの皆様を頭に想像して、これまで読んだ本のなかから私が衝撃を受け、感動し、そして感涙した珠玉の5冊を御紹介させて頂きます。

教科書では語られない、歴史・文化に夢中になれるコミック

お気に入り
25
閲覧数
1858

「歴史モノは敷居が高くて苦手だ」という方でもきっとハマる、歴史マニアの作者たちが描くオススメコミックを紹介します。各作品の登場人物の性格は現代風にアレンジされているため感情移入しやすく、一方で細部の描写は時代考証に忠実なので物語に奥行きが生み出されています。リアルを超えた歴史の世界にどっぷり浸かってみませんか?

代表作とあわせて読みたい!伊坂幸太郎をディープに知れる本

お気に入り
65
閲覧数
2609

伊坂幸太郎作品は、ストーリー序盤からあやしい「かけら」がいくつも置かれていて、中盤以降、それらのかけらがパズルのようにカチカチと一気にハマり、一つの物語に収斂する爽快さが特徴です。ゴールデンスランバーなどの伊坂らしい王道作品に加えて、作品の背景がわかる本、違う著者との合作などを読めば、より多面的に伊坂幸太郎を味わえます。

熱いヒューマンストーリーからサイエンスの魅力を発見できる本

お気に入り
117
閲覧数
4456

サイエンスというと「無味乾燥」「数式ばかり」という印象を持たれている方も多いでしょう。実は、サイエンスは成功と挫折、凡人と天才の幾重にも重なるヒューマンストーリーから生まれています。サイエンスに情熱をかけた人々たちが、その魅力に気づかせてくれる本を紹介します。中高生や学生時代にサイエンスをあきらめた人にもオススメです。

ビジネスマンこそマンガを読もう!仕事に役立つ至極のマンガ5選。

お気に入り
6
閲覧数
726

新聞やビジネス書だけがビジネスマンの必読書ではない!出来るビジネスマンや起業家はみなさんが思っている以上にマンガを読んでいます。そんな中でもこの作品は必ず読んでおけ!と言う至極の5作品を選定しました。大切な事は全てマンガから教わりました。これらの作品を読んでビジネスマンとしてレベルアップして頂ければ幸いです。

ロンドン旅行に行くなら読んでおきたい本。旅先で読めば楽しさ倍増!

お気に入り
7
閲覧数
499

海外旅行に行くなら、その国にちなんだ本を読んでおきたいもの。できれば現地に持って行き、その土地の空気を感じながら読めれば最高でしょう。今回は、日本人にも人気の高い都市・ロンドンを舞台にした本を5冊セレクト。どれも文庫版もあるので荷物にはなりません。旅のお供にぜひ連れて行ってください。

宗教にハマるとこうなる?恐ろしいほどの変化に戦慄する小説

お気に入り
6
閲覧数
998

信じる者は救われるかもしれませんが、傍目にはその救われた人はどう見えているのか。入信者の内面描写は小説だからこそ描けるもの。それが緻密であればあるほど恐怖は増し、そして恐怖はほかの登場人物の姿を通してこそ、はっきりと映ります。他者との対比が印象的で、とりわけ恐怖心を煽り、読者の身をおののかせてくれるような小説を選びました。