サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

尾崎世界観サイン本+セレクト本プレゼントキャンペーン(エントリーページ) (~7/14)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

オススメのブックツリー

検索結果 40 件中 1 件~ 30 件を表示

研究はエンターテインメント!

お気に入り
58
閲覧数
3049

研究、というのは単なる考察とかとちがって歴史のなかに自分を位置づけることでもあります。生涯をかけてひとつのテーマに挑んでいる人たちの熱量はもはや笑えるレベルのすごさです!

奇妙な世界観が映し出す・・・「人間の本質」にゾクッとする小説

お気に入り
228
閲覧数
8147

何かがおかしい、現実世界から一歩踏み外してしまったような奇妙な世界感のもと、人間の本質が描かれた小説を集めました。人の心は単純で、きれいなだけではないもの。ふとした拍子に予測できない動きをしたり、過ちを犯したり、弱さに逃げ込んだりします。物質的な恐怖よりもある意味怖い、人間の心を映し出すストーリーです。

私(いとうせいこう)が近頃読んで刺激的だった本

お気に入り
44
閲覧数
2262

若き哲学者が「中動態」について倫理的に思考した話題の一冊、踊り念仏の一遍に迫った評伝、詩人・吉増剛造の最新刊、長く読まれてきた古典中の古典など、私、いとうせいこうが近頃読んで刺激的だった本を紹介。 ※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2017年4月28日)の情報に基づいております。

『苦汁100%』とあわせて読みたい尾崎世界観オススメ本

お気に入り
53
閲覧数
4031

『苦汁100%』が2017年5月に刊行された。そこで『苦汁100%』と一緒に読んで欲しい、尾崎世界観のオススメ本5冊を紹介。

クラシックが苦手な僕がとことん魅了された音楽小説

お気に入り
41
閲覧数
1606

編集を生業にして50年、本にまみれて過ごしてきた。一方、音楽に関しては、鑑賞、演奏ともに得意ではない。これは、かなり偏ったクラシックファンだった父親とヒステリックなピアノ教師のせいだ。そういう僕でも、音楽の楽しみを本によって知るということはしばしばある。そこで、本屋大賞が2年連続、音楽小説だということにちなんで・・・。

はじめて読むなら押さえておきたい!SF小説の古典的名作

お気に入り
253
閲覧数
9374

1970年代、80年代、オイルショックやコンピューターの一般化という時代背景のなか、未来の姿を示すSF小説が全盛期を迎えます。90年代以降、映像メディアに押されて暗黒期が続きますが、最近、映像メディアのルーツとして再評価の機運が高まっています。そこで、おさえておきたいSF小説の古典をピックアップしました。

一文の衝撃!最後に物語が180度ひっくり返る驚愕のミステリー小説!

お気に入り
247
閲覧数
8245

すぐれた構成に、作者のたくらみ、ときに後頭部を殴られたような衝撃を受けるような一文・・・。ミステリー小説の中には、終盤のたった一文で物語の意味をがらりと変えてしまう作品があります。気持ちよくだまされたい方には、そんなミステリー小説がオススメです。終盤の一文で世界が変わる快感を味わえる傑作です。

身も心もこれでスッキリ!いろんなことが片付けられるようになる本

お気に入り
141
閲覧数
4681

「お片付け」といっても、それこそ一言では片付けられないほど、その方法は多種多様です。また、片付けたい場所も人それぞれ。私たちにとって最も身近で難しい問題、それが「片付け」なのかもしれません。そんな難題である片付けの手助けしてくれる本を紹介します。少し目線を変えて片付けに取り組んで、身も心もスッキリしましょう。

自分に合った方法を見つけよう!やる気がコントロールできるようになる本

お気に入り
84
閲覧数
2542

「やらなければいけない」と頭ではわかっていても、やる気が出ない・・・。そんな人に向けて書かれた「やる気を出すため」の本はたくさんあります。ただし、数が多すぎて何を選んだらいいのかわからない、という方も多いことでしょう。そこで、異なる切り口でやる気アップについて書かれた本を紹介します。あなたにあった方法を探してみてください。

数学者の個性的な生きざまを垣間見る5冊

お気に入り
15
閲覧数
666

日がな一日机にかじりつき、数と記号と数式にまみれて小難しいことばかり考えている、頭はいいけれど、どこか浮世離れした人々――世間が持つそんなイメージを覆す、あまりにも個性に溢れた人生を送った数学者たちにまつわる本をご紹介します。

一度は読んでほしい!人生をこじら・・・変える名作少女漫画たち

お気に入り
17
閲覧数
1228

初めまして!の皆様に自己紹介として、人生において大きなきっかけを与えてくれた作品、そしてこれは読まなきゃ損をする!と声を大にしたい少女漫画をご紹介しようと思います。わたしも色々な部分で少々拗らせていますが、色々な生き方があるんだなと思っていただけたら嬉しいです。少し古めなチョイスなのは世代です、今回ばかりはご容赦ください。

時の流れが「絵巻」になってしまっている本

お気に入り
27
閲覧数
1729

2016年12月に『平家物語』の現代語訳を刊行しました。仕事の依頼を受けてから、完成まで、じつに3年半。この古典の全体像を追いながら、僕が考えていたのは「絵巻なんだよなあ・・・」ということです。で、訳の完成直後から平家の外伝(オリジナル小説)の執筆にかかったのですが、そこでも考えていたのは「絵巻」・・・。この感じは、なんなんでしょうね。

恋をしたら男も女も、こんなに切ない・・・本。

お気に入り
18
閲覧数
1100

むかしむかし、栞の裏に書いてあった或ることばをおぼろげに憶えています。本を読む者は二つにわけられる――何かを学ぼうとする者か、さもなくば何かを忘れようとする者か。これから紹介する5冊は、誰かを思うその切なさ、苦しさを忘れさせてくれるのか、それともさらなる苦悩に導くのか。「生まれ変わっても、あなたに会いに行く。何度でも」――そんな思いを感じさせる物語です。

どんでん返しがミステリーの極み!結末に思わずゾクっとくる傑作本

お気に入り
230
閲覧数
7723

ミステリーの中でも、特に「巧妙な叙述トリックで読者をだまして、ストーリーの前提が大きく崩れるようなどんでん返しがある」作品が好きな人にオススメです。ハラハラ!ドキドキ!先が気になって仕方ないです。そして最後の展開に、あっと驚いて全身がゾクっとしますよ!

本を読むにも技術は必要です!能率的な読書ができるようになる本

お気に入り
131
閲覧数
4530

本を読んでもいつの間にか内容を忘れてしまい、全然活用できていない。「もっと能率的な読書法はないのか」と、考えたことがある人は多いと思います。読書技術を高めたい方の参考になる、読書についての本を集めました。正しい読書術を知れば、本から得た知識を自分の血肉にすることができるようになるでしょう。

クラシック音楽✕ミステリー

お気に入り
16
閲覧数
1190

秋の夜長に、ミステリーとクラシック音楽のコラボレーションはいかがでしょうか。まあ今は初夏なんですけど。

デキよりも使い方が問題だった?より最適な脳の使い方がわかるようになる本

お気に入り
33
閲覧数
1538

なんでもテキパキやる人、いつもキレキレに冴えている人、とんでもないユニークな発想をする人。そんな人に憧れるけど、「自分は脳のデキが違うから・・・」なんて考えたことはありませんか?ところが、意識して脳の使い方を変えることでなりたい自分になれるのです。そんな脳の最適な使い方がわかるようになる本を紹介します。

知らなかった世界への案内、そして知っていた世界の転倒。それが、本だ

お気に入り
8
閲覧数
777

貪るように読み耽った本が、どんな本だか考えてみると、二種類ある気がします。一つめが、自分がほとんど知らない世界へ導いてくれた本。二つめが、自分が知っていた世界に新しい光や視点を投げかけて、ものの見方が変るような「転倒」を起してくれた本。そんな本を、ご紹介します。

小説家になりたいと思ったらまず読みたい!小説の書き方、職業人生を学べる本

お気に入り
24
閲覧数
896

小説を書きたい、いつかは売れる小説家に・・・と思っても何をすべきか、何から書いてよいかわからない人が多いでしょう。そんな方は、まず最低限の知識・テクニックを身につけて、小説家としての心構えをもつことが必要です。それらについて、売れる小説を世に出した作家が惜しみなく教えてくれる本を紹介します。読んでいると創作意欲がわいてくるでしょう。

シュールな笑いが効いてくる!?疲れているときにぴったりのギャグ漫画

お気に入り
18
閲覧数
1022

ヒマだから何か読みたい。でも疲れているから難しいことは一切考えたくない。そんなときにはギャグ漫画をオススメします。ギャグにもいろいろありますが、ちょっぴり疲れた体にはじわじわと効いてくるシュールな笑いがよいでしょう。元気が出なかったり気分が上がらなかったりするときは、笑って気持ちを切り替えてください。

不思議の国はこちらです。架空の世界を旅した気分になれる本

お気に入り
169
閲覧数
6120

現実世界でどんなに旅をしても、たどり着けない場所があります。2千年前の唐の国、アラビアンナイトの王宮、人々が超能力を使えるようになった星などなど。物語のなかでしか味わえない、あり得ないアクシデントに巻き込まれてみてはいかがでしょう。波乱万丈の冒険の後、ちょっと哲学的な気分にもなれる小説を集めました。

懐かしくてたまらなくなる物語

お気に入り
4
閲覧数
449

たまには後ろ向きになったって、いいと思う。人生も半ばを過ぎれば、来し方を振り返ることが多くなって当たり前だ。前向きでいることに疲れたら古いジャズやフォークソングでもかけて、ここに挙げたような物語を読もう。思い切り甘い追憶や感傷に浸ったら、翌日は反動で気持ちが軽くなっているかもしれない。それも命の洗濯ではないだろうか。

東京と青年と。この街の青春をめぐる本たち。

お気に入り
11
閲覧数
855

東京だけが特別な街ではないでしょう。それでも、東京がどこか特別なのだとすると、理由の一つは青春の街として自ら選んでここにいる多くの若者たちの存在かもしれません。現実はけしてかっこよくないかもしれないけれど、それでもしがみつきたい「東京の空」が、彼らの頭上には広がっています。そんな姿を私たちに伝えてくれる本を選びました。

僕が読んで、とにかく笑った本

お気に入り
8
閲覧数
576

元お笑い芸人(※全然売れませんでした)の僕は、子供の頃から今に至るまで、笑いに特化した本を多く読んできました。一応今の肩書きは小説家となっている僕ですが、文学について語ってみろと言われても10分も持つ自信はありません。しかしお笑いのことなら1時間ぐらいは語れると思います。そんな僕が、10代前半から20代後半に読んだ「笑える本」をご紹介します。

じつは私たちは、様々な人と会話しながら考えている

お気に入り
23
閲覧数
1369

一人で考えるのも大切だが、それだけだと一人よがりになる。自分が今ちょうど考えていることがただの思いつきなのか、それとも自分以外の人とも共有可能な広がりのあるアイデアなのか、それを検証したり、意見をいただくうえで一番手っ取り早いのが、じつは誰かと会話することである。意見の一致、優劣はどうでもいい。一人よがりにならず、考えを深め、思考を生き生きとさせてくれるのが会話である【選者:篠原雅武(しのはら・まさたけ:1975-:哲学・建築思想)】。

作って食べる楽しみ、幸せを実感する!グルメ&料理コミック

お気に入り
25
閲覧数
1236

日々、食べているごはんのおいしさを、しっかり味わっているでしょうか。外食やインスタント食品で簡単に食事を済ましている人、空腹を満たすための食事になっている人にオススメの、グルメ&料理コミックを紹介します。料理をすることやごはんをおいしく食べることは、楽しくて幸せなもの。そんな、当たり前のことを再認識させてくれる本たちです。

いいことずくめの瞑想法「マインドフルネス」を理解&実践するための本

お気に入り
23
閲覧数
1070

アメリカの大企業などで取り入れられ、日本でも広まりつつある「マインドフルネス」。疲れた脳を休息させることで集中力が増し、ストレスを軽減させて心の平静を保つことにより免疫力まで高まるともいわれています。いいこと尽くめの瞑想法を理解し、実践するために役立つ本をピックアップしました。マインドフルネスの先を見据えた本も、あわせて紹介します。

ステレオタイプはもうたくさん!個性的すぎるヒロインが登場する海外小説

お気に入り
19
閲覧数
939

プロットやストーリーも重要ですが、魅力的な登場人物に出会えるのも小説を読む醍醐味のひとつです。ここではタフであったり、ミステリアスであったり、ぶっ飛んでいたりする、個性的なヒロインに出会える海外小説を紹介します。かわいいだけじゃ物足りない、ステレオタイプのお飾りヒロインにはもううんざり、という方にオススメです。

毎日のストレスが吹き飛びます!豪快に笑って気分転換になる本

お気に入り
17
閲覧数
1080

学校や職場などで疲労やストレスを溜めてしまうと、いつしか笑うことを忘れてしまいます。そうなると愛想笑いや作り笑いを浮かべながら、おもしろみのない毎日を過ごすことになってしまうでしょう。そんな方にオススメなのが、読んでいると思わず吹き出してしまうような本です。滑稽な人々を描いたコミックを中心に、笑える本の数々を紹介します。

読んでほっこり、気持ちあったか。1日の最後に読みたいやさしい物語

お気に入り
19
閲覧数
1243

仕事で疲れて殺伐とした気持ちになっている夜、悔しいことがあった夜、なぜか眠れない夜・・・。そんな夜には、ホットミルクを傍らに、やさしいストーリーを読むのはいかがでしょうか。温かな物語が胸にしみわたって、きっとぐっすり眠ることができます。やわらかなタッチのメルヘンやファンタジー、何気ない日常を描いたコミックを紹介します。