サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

タフで凛々しく、しかも艶やかな女性を書かせたら!直木賞作家・桜木紫乃入門

デビュー以来一貫して格好いい女性を主人公に小説を書いてきた桜木紫乃。勝気で逞しく、色気と侠気を漂わせ、そして自分の幸せに正直な女性の魅力が、うねる物語とともに押し寄せます。直木賞受賞作『ホテル・ローヤル』でとどまっていてはもったいない作家の、次に読むべき小説はこれ!

8
お気に入り
1599
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • もっともドラマチックで熱くて衝撃的。桜木紫乃に耽溺するならはずせない傑作!分岐点のたびに覚悟をもって選び取っていく女性たちの怒涛の人生は、波にもまれているようで実はしなやかです。愛と幸せと家族と、湿り気のある昭和の濃い空気に酔う一冊。

  • 女刑事を主人公にしたサスペンスでありながら、独特の情感あふれる大河小説になっています。著者の小説は今も本拠地である北海道を舞台にしたものが多いのですが、これもまたそのひとつ。土地の持つ力が小説を大きく覆います。少年が失踪した釧路湿原、終戦直後混乱する樺太。私が著者に一生ついていくきっかけになった作品。

  • 離島に左遷された女医をめぐる連作短編集。いろいろな人生が場面ごとに切り取られて一話になり、ゆるゆるとつながっていく。その視点が変わってふくらんでいくさまが、またこの作家の魅力でもあります。懸命に生きている彼らが愛おしく、読後は明るく光差す一冊。

  • 釧路ノワールと銘打たれた、緊張感と官能がいり混じる小説。多指症の男娼という強烈に色っぽいキャラクターを持つ男性をめぐる8人の女性。書き込まれないその男性の諸々が、だからこそ余計に想像力妄想力を刺激して際立つ。女性だけでなくいよいよ男性が磨かれてきた著者の第2ステージ。

  • どろどろした状況ながら、主人公の女性は妙にタフでハードボイルド。そのどろどろの原因になっている男性すら置き去りにしてぶっちぎる疾走感。『ホテルローヤル』のエピソード0的な設定のようですが、直接は関係なく物語は進み、終盤は驚きの展開!『凍原』で凄さに気付いた人はこの『硝子の葦』でさらに踏み入れて!

1980年芳林堂書店入社、池袋本店の理工書担当として書店員をスタート。3年後、新所沢店新規開店の求人に応募してパルコブックセンターに転職、新所沢店、吉祥寺店を経て、93年渋谷店開店にかかわり、そのまま勤務。2000年、渋谷店店長のときにリブロと統合があり、リブロ池袋本店に異動。人文書・理工書、商品部、仕入など担当しながら2015年の閉店を見届ける。その後、いろいろあって退社。現在は(株)トゥ・ディファクトで、ハイブリッド書店hontoのコンテンツ作成に携わる。hontoサイト上で書店のように“本との出会い”を創造するキュレーションサービス、ブックツリーを担当し、日々オススメの本を探しています。いつか世の中の新刊がすべて入荷する書店で日がな一日検品して暮らしたい!

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。