サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

週刊読書人 宮野正浩ブックキュレーター週刊読書人 宮野正浩

手にすると自分の「家族」の顔が思い浮かぶ本

家族・・・。親がいて、子がいて。あるいは夫がいて、妻がいて。これだけじゃない。一人の男性がいれば、その人は父かもしれないし、息子かもしれないし、兄なのか弟なのか、はたまたもっと違う役割があるのか。ともかく読み進めると他人の家族のことなのに、いつしか自分の家族と重ねあわせてしまうのです。さまざまな家族(パートナーも含む)のかたち。「みんなちがってみんないい」(byみすゞ)

4
お気に入り
997
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • いつかはおとづれる親の死。来るとわかっていても、なかなか直視できない案件です。しかしそれは突然やってくる。著者の母の急死から父の逝去までの四ヶ月、その体験を赤裸々に記す。それぞれの親の送り方があるけれど、「いつかくる、その日」のためにひとつの参考になります。正解がない、という当り前のことも考えさせられます。

  • 家族を被写体として多くの作品を残した写真家・植田正治。没後に発見された大量のネガから妻だけを被写体とした写真だけを抜き出して編まれた写真集。愛おしい人への眼差しそのものが写真となって焼き付けられている。作品「パパとママとコドモたち」にも写っている娘のカコちゃん(和子)が父のことを語る「植田正治の写真と生活」もおすすめ。

  • 作家・阿川弘之の娘である著者が、父の没後に書いたエッセイ。幼少期、青春期、そして大人になってから、いつも怒られてばかりの娘がいて、怒ってばかりの父がいる。そんな中で印象的なのは、著者が初めて本を書いた時に、さりげなくアドバイスをする父の姿。このシーンは物書き同士の親子だからこそできるやりとり。娘から父への長い手紙のようにも読める。しかし、どこを読んでも基本的には怒っている阿川弘之。他人の家族のことだから、笑って読めるけど、当事者だったら大変ですよね。

  • お酒の味より先に出産の味を知った著者が描く家族論。十代で結婚、二児を授かり、その後離婚。夫は都知事選で泡沫候補として騒がれた家入一真。これだけでも波瀾万丈さがチラリズム。専業主婦を経て遅めの社会人デビューを果たした著者が、家族のこと、社会のこと、様々な障害を乗り越えてすすむ、すすむ。息苦しい「現代社会」「家族」への自由な提言が炸裂する。

  • 「家族」の新しい形を実現するための手引書。従来の婚姻制度ではなく、同性カップルが安心して暮らすためにはどうすればよいのか。例えば、住まいのこと、お金のこと、そして老後や死後の相続のことなど、現実問題としてまだまだ多くの壁が立ちふさがっている。行政書士である著者が、いざという時に役立つ法的書面の書き方、考え方を伝授する。

週刊読書人 宮野正浩

ブックキュレーター

週刊読書人 宮野正浩

書評紙「週刊読書人」(http://www.dokushojin.co.jp/)で編集をしたり営業をしたり。神楽坂のオフィスに出勤し、門前仲町の印刷所に通い、自宅の泉岳寺に戻るといった江戸の匂いのする三点を巡り過ごす。幼くして収集癖があって、某おまけシールの収集に全力を傾けた少年期を過ごし、高校生時代は池波正太郎と「モノマガジン」を愛読。小説、ノンフィクション、美術書、写真集など基本的には雑食系読書。トイレでの読書を好み、「トイレに置く5冊」の定期的な選書も楽しんでいる。最近スマホに買い替え電子書籍にチャレンジするも早々に挫折。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。