サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

「いざ、インドへ!」という気持ちにさせられる体験記

仏教発祥の地であり、悠久のガンジス川が流れ、かつてインダス文明が栄えた土地であり、多様な芸術の霊感の源となってきた国、インド。そんなインドに魅せられた人たちによるドキュメント本を紹介します。治安が悪くて危険というイメージはありますが、それ以上にインドのみなぎる生命力に対し、あこがれをかき立てられる本ばかりです。

1
お気に入り
458
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 写真家の藤原新也が1972年に発表した、「印度」を旅したドキュメント本です。若い写真家の、ある意味で未熟な印度旅行記でありながら、ページのそこここに挟まれている写真はすごい力があります。何より本書は若い感性が印度という巨大な国と一対一で対峙した精神の記録でもあるので、ティーンエイジャーにこそ読んで欲しい一冊です。

  • 舞台美術家であり作家の妹尾河童が、緻密な絵と文章とによって、インドの旅を記録しています。文庫本でありながら筆者独特の感性でとらえたインド論とスケッチが、ページにぎっしりと詰まっています。そこに飄々とした空気感があり、それが何ともいい感じです。20年以上前の本ですが、最新のガイドブックと一緒に持って行かれることをオススメします。

  • 美術家の横尾忠則が旅した1970年代インドの記録です。ヒッピームーヴメントまっさかりの頃、若者たちはこぞってインドへと向かいました。著者もまた当時の風潮を体現しており、ドラッグあり、UFOあり、瞑想ありのスピリチュアルな内容になっています。これも一つのインドの受容の仕方。インドそのものが、横尾忠則の絵に見えてくるから不思議です。

  • インド駐在のメキシコ大使を務めたノーベル賞詩人である、オクタビオ・パスによるインド論です。本書では1960年代のインドの様子を知ることができます。自国メキシコやパリと比較しながら、政治、芸術、文化、思想などの多角的な視点からインドを論じています。インドという国のとらえ方が、日本人とは全然違うところが興味深いです。

  • 発売当時、本書を読んで世界放浪に憧れる若者が多発した、沢木耕太郎によるベストセラーシリーズのインド・ネパール編です。ベナレス、ブッダガヤ、カルカッタなど、生と死が入り混じり、背中合わせで同居している様子が、熱気とともに伝わってきます。これは小説家の技量があってなせるわざ。インドを五感で感じられる一冊です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。