サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

日本の伝統芸能を継承する熱き若者たちの青春を描いた物語

さまざまなカルチャーがひしめき合う現代おいても、連綿と受け継がれている日本の伝統芸能。その継承者たちは日々何を思いながら伝統芸能に向き合ってきたのか、その様子が描かれたコミックと小説を紹介します。どう表現し、自分の技を魅せるか・・・さまざまな葛藤と苦悩を抱えながらも、熱く芸能に打ち込む若者たちの物語ばかりです。

12
お気に入り
1319
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 修学旅行で嫌々見せられた浄瑠璃。しかし寝ていた自分を舞台から演技で起こし圧倒した銀太夫に惚れ込み、健は自らも義太夫の道を歩むことになります。数百年前に描かれた浄瑠璃の演目を現代に生きる自分がどう語るか、苦悩に苦悩を重ねながらも健は太夫にかける熱い気持ちを胸に成長していきます。主人公の熱が伝わる青春小説です。

  • 16歳の澤村雪(さわむら・せつ)は、育ての親と同時に師匠でもあった祖父の死によって自分の演奏を見失い、津軽三味線を背負って東京へと旅立ちます。演奏シーンにおける臨場感あふれる描写もさることながら、多くの人と出会い自分の演奏や考え方に対する評価に触れ、「自分の演奏」を必死につかもうとするさまが三味線の音色のように心に響きます。

  • 刑務所帰りの青年・与太郎が底抜けの能天気さと落語愛を頼りに、当時「昭和最後の大名人」と呼ばれていた八代目・有楽亭八雲に弟子入りして物語は始まります。完結直前の9巻では、七転八倒の末に成長した与太郎が自らの落語で引退を考えた八雲の心に訴えかけます。すっかり老いた心を動かす与太郎の若き情熱にグッとくるはずです。

  • 伝統芸能を主とするコミックではありませんが、8巻では神社の息子・恭太郎と友人たちが、この物語のなかで習得してきた雅楽を友人の結婚式で披露するエピソードがあります。普段はまだまだ頼りない風情の恭太郎たちが、真剣な面持ちで臨む演奏の風景は本当に荘厳で、これがまだ20代の若者たちによるものだと思うと胸が熱くなってきます。

  • 親を亡くし危うい立場にいつつも、あふれる才能で人気を誇る若き歌舞伎役者・伊佐衛門と、大きな期待をかけられる血筋ながらもなかなか芝居で客を魅せられない権四郎。生い立ちから性格、演じ方もまるで違う2人は始めこそ反発しますが、やがて同じ志を感じとります。激動する時代に巻き込まれながら傾く2人の生きざまに、たぎる熱き血潮を感じます。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。