サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

「イギリス」が感じられる日本語の著作

「イギリス」を感じるためには、当地に長く滞在すればよい。それが容易にできなければ、イギリス人の著作を読めばよいだろう。私もそうやって日本で「イギリス」経験を重ねてきた。しかしそのような書物群にいつの間にか紛れ込んだ日本語の著作がある。イギリス情報を与えるというよりも、日本語の散文で「イギリス」を感じさせてくれる本・・・。

8
お気に入り
2220
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 英国通の日本の文学者といえば吉田という定評があるが、実際の滞在年数は意外と少ない。吉田における「イギリス」と「日本」の微妙な関係の謎はまだ解かれていないが、彼の文業は、日本語の散文によってイギリスの生活の感覚を再現しようとする試みに見える。ページにイギリスの夏の長い夕暮れの光が移ろうような書物。

  • 小沼にも長いイギリス滞在経験はなく、また本書中イギリスに無関心であるかのような記述が散見される。しかしその距離感ゆえに、この半年の研究休暇中のロンドン滞在記は「イギリス」的である。著者の下宿していた「ウエスト・エンド・レイン」からロンドン中心の「ラムベス橋」に向かうバスの振動が伝わってくる日本語。

  • 英国ファッションに関してもっとも板についた日本語を綴ったのがミュージシャンだったのは意味深い。単なる英国紳士のスタイルの物まねをあざ笑うだけのスノビズムは簡単には手に入れられないが、加藤はそれを膨大な手間暇をかけて自分のものとしている。そのストイックな態度こそがきわめて「イギリス」的に見える。

  • 加藤の「エレガンス」と林の「節約」は表裏一体で「イギリス」に肉薄しているように思える。林の著作ではイギリス紹介エッセイよりも近年の生活指南本にこそ「イギリス」が強く匂う。ヴィクトリア時代に多くいたこのような「奇矯な合理主義者」はいっそ懐かしい。もっとも英国のこの種の男は独身者であることが多いのだが。

  • 学者が書き綴る日本語が一般的に魅力を失って久しいが、イギリス的な学問の蓄積を伝える日本語の書き手の筆頭に挙げられるのは本書の著者である。彼は長きにわたった英国滞在の経験を、その経験自体が絶妙に浸透した日本語で刻み上げる。多彩な対象を語る一貫した文体の核に、そのイギリス的な日本語の感触が潜んでいる。

1972年静岡県生まれ。現在、青山学院大学文学部英米文学科准教授。専門は19世紀イギリス文学・文化。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了(学術博士)。共著に、『混沌と抗戦―三島由紀夫と日本、そして世界』(水声社)など。訳書に、エドマンド・ホワイト『マルセル・プルースト』、ピーター・ゲイ『シュニッツラーの世紀』(以上、岩波書店)、フランク・トレントマン『フリートレイド・ネイション』(NTT出版)など。メンバーの一員である「飯田橋文学」のサイトでは対談インタビュー等の様々なコンテンツを配信中(https://note.mu/iibungaku)。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。