サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

尾崎世界観サイン本+セレクト本プレゼントキャンペーン(エントリーページ) (~7/14)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

岩波書店編集者 西澤昭方ブックキュレーター岩波書店編集者 西澤昭方

鈴木敏夫著『ジブリの文学』を読む前に

スタジオジブリの名プロデューサー・鈴木敏夫さんの新刊『ジブリの文学』(岩波書店、2017年3月28日刊)がこの春、発売を迎えます。以下では、担当編集者の西澤より、本書の内容と、あわせてお読みいただきたいお薦めの作品をご紹介いたします。ぜひ、ご参考にしていただければ嬉しいです。
※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2017年3月6日)の情報に基づいております。

11
お気に入り
1462
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。
  • 自らを「編集者型プロデューサー」と呼ぶ著者は、時代の空気をつかむために、どんな本を読み、いかなる文章術を磨いてきたのか?朝井リョウ・池澤夏樹・中村文則・又吉直樹といった、現代を代表する作家達を迎え、何を語るのか?歴史的大ヒットを支えた〈教養〉と〈言葉の力〉を凝縮したエッセイ&対談集です。

  • 著者が自らの戦争経験を、12世紀末の鴨長明の体験へと折り重ね、『方丈記』の世界を浮き彫りにした乱世のルポルタージュ。『ジブリの文学』のなかで鈴木さんは、「ぼく自身のその後の人生の立ち位置を決めることになった」本だと書いています。いわば「編集者型プロデューサー」誕生のきっかけとなった一冊、お薦めです。

  • 宮崎駿監督の飛行機・戦車への愛情と知識、そして「妄想」がつまった漫画エッセイ。このなかに、アンドレ・マルローの小説『希望』に触発され、スペイン内戦の一情景を描いた物語があります。そして『ジブリの文学』では、不思議な縁のもと、鈴木さんが実際にスペイン内戦の元兵士の方と出会ったエピソードが・・・。

  • 累計250万部を超えるベストセラーとなった著者初の小説。しかし『ジブリの文学』収録の対談で、鈴木さんは「最初のほうだけ読んで、やめちゃった人が多いんじゃないか」と発言。その真意は?そして又吉さんの反応は?対談中では、又吉さんが「二作目を出すプレッシャー」について鈴木さんに尋ねたりもしています。

  • 2011年刊行、『ジブリの文学』の兄貴分です。特にお薦めは「宮崎駿の情報源」と題された講演記録。ヒット作をうみ続ける宮崎監督は、ふだん何を読み、どんな番組をみて、どういう視点で映画を楽しむのか。ゲームやPC、インターネットに対して何を思うのか。毎日の食事や着るものにも「創作の秘密」がひそんでいます。

岩波書店編集者 西澤昭方

ブックキュレーター

岩波書店編集者 西澤昭方

2005年入社。『フロイト全集』を担当後、雑誌「思想」「文学」編集部に。現在は単行本書籍を担当しています。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募など、各種お問い合わせはこちらから。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター