サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

「記憶散歩」に誘われる本〜東京篇

街の風景には、いろんな層が積み重なっている。だいぶ下の方の層がぽっかり表面に顕れていることもあれば、表層にほんのわずかばかり残る痕跡から思いがけない風景が立ち現れることもある。それを楽しみに町を歩くのが「記憶散歩」だとすれば、ここにあるのはそのための「手引き書」である。

8
お気に入り
659
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 坂道、路地、坂、地名などなど散歩していて不思議と気にかかるものには、かならずといっていいくらい「物語」が潜んでいる。散歩道に立ち上がるいくつもの小さな「物語」たちを通して、幻となった東京の風景を道ばたに幻視するためのコツを伝術してくれる、「記憶散歩」の決定版でありかつ入門書でもあるのが本書。

  • 見かけはふつうなのにどことなく「イイ匂い」を放つ土地に惹き寄せられてみると、実は怪談の舞台だったというのはよくあること。ここでいう「地霊」とはそういう意味での「霊」ではないが、当たらずとも遠からず。土地には因縁のようなものがあって、歴史はいつのまにかその上に積み重なっているというお話。

  • 「町の記憶」といっても「江戸時代」となったとたん、興味が薄れるほどに遠くなる。だがここでは著者の博覧強記と無邪気な筆致によってその距離が一挙に埋められ、散歩欲を強く刺激する。途中で本を放り投げ、江戸の風景を幻視する「川めぐり」やらなんやらに出かけたくなってしまうので、読了までなかなかに時間がかかる。

  • 風景は建築物によって形作られる。毎日見る風景の同一性によって、人の人格的同一性が保たれているのでは。というようなことを藤森氏は書かれていた。それが人格のどの部分を支えていたのかは過ぎてみないと分からないが、ぼんやりしていてはこの風景もあの風景も永久に失われる。本書に収められた多くの建築物のように。

  • とにかくそそられる写真と文章によって散歩に誘われるのだが、もはや現存しない集合住宅が多い。だが失われたものを嘆くだけではつまらない。ここに収められていないイイ集合住宅をひとつでも多く見つけ出し、風景を蒐集するための散歩に出かける。そのための手引きとして熟読するというのが、本書の正しい活用法だろう。

ライター・編集者・映像制作者。SPLEEN FILMS代表。出版社などの勤務を経て、2016年フリーランスに。カルチャー情報サイト「HarmlessUntruths.net」(http://harmlessuntruths.net)主宰。月刊誌「STUDIO VOICE」元編集長。共編著に『ゼロ年代+の映画』。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。