サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

作家 平野啓一郎ブックキュレーター作家 平野啓一郎

〈父殺し〉ばかりじゃない!父と子の愛と憎しみと和解の世界。

フロイトの影響で、一頃、小説に描かれる「父親」という存在は、何でもかんでも〈父殺し〉の神話と結びつけて語られる傾向があったが、早くに父を亡くし、母子家庭で育った私には非常に違和感があった。親子もそれぞれというわけで、様々な関係をご覧いただきたい。

35
お気に入り
2132
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 同じ女性を愛してしまう父と息子の物語としては、ツルゲーネフの『初恋』が有名だが、こちらも名作。「カトリック作家」というイメージのため、敬遠されがちなモーリヤックだが、本作は特にそうした意識なしに読める。何とも知れない女性の描写が相変わらず抜群で、父と息子の和解の場面に美しさがある。

  • 父親世代を尊敬できないというのは、戦中派世代の三島の深刻な問題だった。典型は『金閣寺』で、現実の父により、内的世界の美に閉じ込められてしまった主人公は、老師、禅海和尚と理想的な父性像を求め続ける。思想的には、天皇制への飛躍を招いた。それだけに、娘との関係で、珍しく立派な父親を描いた本作は重要。

  • 「商売」を巡る男の生き様というのは、宮本文学の非常に印象的な主題で、取り分け父親像を考える上では重要。サーカス小屋の情景と結びついた「父の匂い」に始まり、事業に失敗し、病に倒れた父との関係が瑞々しく描かれている。事切れる前に発した父の一言が、この親子関係への想像を無限に膨らませる。

  • 私はあまり志賀直哉から影響を受けなかったが、よく読んでいた時期がある。〈父殺し〉の神話一辺倒でウンザリしていた時期にこの小説を読み、感銘を受けた。高齢化社会の到来と重ねるのもどうかとは思うが、父との和解のヴィジョンは示されて然るべきではないか。「初七日」という短篇は、本作に幾分、インスパイアされた。

  • 自殺問題に分人主義からアプローチした本作だが、自分が父の享年三十六を超えるために書いたところもあり、主人公とその早世した父親との関係には、自伝的な要素も含まれている。父性のイメージは、幸福観に強く影響を及ぼすが、時にはそれが深刻なプレッシャーになることも。

作家 平野啓一郎

ブックキュレーター

作家 平野啓一郎

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。2008年からは、三島由紀夫文学賞選考委員を務める。著書は小説に『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』『マチネの終わりに』(20万部突破/渡辺淳一文学賞受賞)、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』『考える葦』等がある。2018年9月にの新作長編小説『ある男』を刊行。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。