サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

作家 渡辺裕之ブックキュレーター作家 渡辺裕之

世界は混沌とし、誰もが不安を感じている。信じるべきものは何か

世界各地でテロが勃発し、欧米は保護主義に走り、中国は核心的利益を追求し、周辺国を恫喝する。また隣国の北朝鮮はいつ暴発か分からない。危機的状況であるが、世の乱れは今にはじまったことではない。
いつの時代も世の中の矛盾と戦ってきた強者の生き様を知ることで、人々は勇気をもらう。ハードボイルドは、世界を救う。けっして大袈裟な話ではない。

11
お気に入り
1367
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 柴田氏の作品を一番に紹介するなら、『下山事件』かもしれない。彼がメジャーデビューするきっかけとなった作品であり、日本の暗部を暴く傑作だからだ。だが、ハードボイルドという視点に絞って選ぶなら、数ある作品の中でもあえて『国境の雪』を選んだ。
    北朝鮮の最高機密とともに脱北した女と日本人の凄腕工作員の逃避行。この物語は、中国を舞台にした諜報戦でありながら、壮大な恋愛ドラマでもある。このドラマのラストは、読み手によって変わるが、あなたならどう捉えるであろうか。

  • 南アルプス山岳救助隊K9シリーズは、山岳小説の中でも秀逸である。なぜなら著者は南アルプスに居住し、山を知り尽くした人物だからだ。その中でも『ブロッケンの悪魔』は、同シリーズの中でも異色である。
    南アルプスに国家を揺るがすテロが勃発。その時、山岳救助隊は?
    山といえば男と捉えがちだが、このシリーズでは女性の隊員の活躍がめざましい。また、山岳救助犬たちの活躍も見逃せない。美しい南アルプスを舞台にしているだけにハードボイルドでありながら、女性にもお勧めできる作品である。

  • 1993年無政府状態のソマリアの首都モガディッシュに、米軍特殊部隊が派遣される。彼らは武装組織アイディッド派幹部の拉致という危険な任務を帯び、作戦は緻密に立案されていた。ターゲットの位置を確認し、部隊を乗せたブラックホーク(戦術ヘリ)は所定の位置に就く。だが、作戦初期の些細なミスが連鎖反応を起こし、彼らを窮地に追い詰める。米国の運命を大きく変えたと言っても過言でない戦闘のノンフィクションだけに、戦場の地獄を目の当たりにすることになるだろう。

  • 池波正太郎は『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』などの傑作があり、どのシリーズを推しても間違いなく大一級の時代小説である。残念なことは、作者の死去により未完になっていることだろう。
    『剣客商売』は、主人公の老剣客秋山小兵衞を中心に、江戸を舞台にした活劇で、テレビドラマにもなっているためよく知られているが、原作を読めばテレビ映像では得られない江戸の情緒や小兵衞の含蓄ある言葉を楽しむことができる。時代小説ファンならずとも楽しめるエンターテイメントであることは間違いない。

  • 北方氏の時代小説といえば、『水滸伝』を代表とする中国の歴史的英雄の生き様を描いた作品がまず浮かぶであろう。だが、日本の歴史小説として、また安土桃山や戦国時代ではなく、あえて南北朝時代を舞台にした作家の着眼点に敬意を表して『破軍の星』を選んでみた。
    主人公である南朝の若き名将である北畠顕家と北朝の足利尊氏との壮絶な戦いを通じ、天皇に仕える公卿としての苦悩や多勢の敵に果敢に挑む武将としての姿に人間としの魅力がある。また合戦の描写の迫力はまさに北方謙三ワールド。存分にハードボイルドの世界を味わえることは折り紙付き。同じく南朝を舞台にした『武王の門』(上)、(下)と併せて読みたい一冊だ。

作家 渡辺裕之

ブックキュレーター

作家 渡辺裕之

1957年生まれ。2007年、『傭兵代理店』(祥伝社)で鮮烈デビューを飾り、本シリーズは新しいアクション小説として注目を集め、累計80万部を突破した。主な著書に「暗殺者メギド」シリーズ、「シックスコイン」シリーズ(以上角川文庫)、「オッドアイ」シリーズ(中央公論新社)など。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。