サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

堀江貴文ブックキュレーター堀江貴文

想像力は観察力だ。

存在すらしないものを、あたかも体験してきたかのように描くこと。訪れたことのない世界を読者が追体験できるように描くこと、そんなことができる天才的なマンガ家が想像力とともに持ち合わせているものがある。それは観察力だ。天才的なマンガ家が、思いつきや気分だけで描いているというのは大間違いだ。彼らは人の何倍も努力して、人の何倍も観察して、物語を生み出しているのだ。そんな作家の観察力のすごさを堪能できるマンガを紹介しよう。

28
お気に入り
2474
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「文春砲」の経験者として、深く共感したのは『宇宙兄弟』の中でも27巻のストーリーだ。登場人物の伊東せりかは宇宙兄弟ファンの中では、非の打ちどころがまったくないヒロインといっても過言ではない存在だった。しかし彼女がオファーを断った悪徳製薬会社の社員のデマ文書により、一晩で彼女の評価は反転する。そこには社会的バッシングを受けた者だけが分かる感情が見事に描写されており、思わず私は感情移入して涙してしまった。

  • 奇襲に成功した真珠湾攻撃の時代、連合艦隊司令長官・山本五十六の航空戦力重視の戦略は当たっていた。しかし実際は戦艦大和がつくられ日本海軍は消滅してしまった。そんな歴史の“if”を、東京帝大出身のスーパーエリート若手数学者が海軍に乗り込んで改革を主導していくという驚きの展開で描くという、面白くないはずのないマンガが本書だ。相当の資料を読み込むリサーチャーが起用されているのだろう。リアリティいっぱいに描かれる歴史の“if”が壮大なストーリーとなって眼前に広がるのだ。

  • 「イケメンの添い寝屋ビジネス、これはひょっとしてイケるのか?」と思って実際に探してみたら、まったく同じサービスが実在している。おそらく本書の影響だろう。まったく作家の想像力には驚かされるばかりだ。正直、「いいなあ。いいなあ」と思いながら読んだ。一度でいいからこんな生活を味わってみたいものだ。どんなサービスなのだろうか。実在するサービスを利用した人に体験談を聞いてみたい。

  • このマンガは良い作品を編集者と作家が一緒に作り上げていくだけではなく、どうやって本というパッケージに仕上げて販促していくのか、という過程をライブ感たっぷりにマンガにしている点が非常にリアリティがある。まさに私の著書『ゼロ』の販促チームでやってきた事とそっくりだ。その時の数々の思い出が、本作の泣けるストーリーに重なり、不覚にも涙を流してしまった。私は結構涙もろいのである。

  • 『闇金ウシジマくん』を初めて読んだ時の衝撃が今でも忘れられない。その衝撃は本作で描かれている社会における「闇」の実像の数々、そしてそれらの多くが、徹底した取材に基づいているということだ。とにかく凄まじい観察眼と取材力が、このマンガで描かれている登場人物と自分との距離に表れてくる。登場する舞台に自分の友達がいたり、自分も少し間違ったら・・・とすら妄想してしまう、登場人物とのリアルな“近さ”が、この作品を読むべきマンガにしているのだと思う。

堀江貴文

ブックキュレーター

堀江貴文

1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュース、また予防医療普及協会としても活動するなど幅広い活躍をみせる。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。近著に『多動力』『むだ死にしない技術』など。その他、詳細はHORIEMON.COM へ。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。