サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

港の人 編集者 井上有紀ブックキュレーター港の人 編集者 井上有紀

一筋縄ではいかない、だからこそ、代わりのきかない関係、夫婦の肖像。

夫婦は難しい。恋愛も難しいけれど、結婚はさらに難しい。自分をさらして生きる芸術家、感情を大切に生きる芸術家どうしであれば、なおさらのことかもしれません。対立とか共犯といった単純な言葉では表せない複雑な男女の関係からあふれ出てくる、激しすぎる感情の渦。でも、全部まるごとひっくるめて、やはりそれは「愛」なのかもしれません。

17
お気に入り
1780
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 天才写真家・アラーキーは「私を写真家にしてくれたのはヨーコだった」と言います。42歳で亡くなった奥さんの陽子さんは、荒木作品の被写体であり、そしてエッセイストでもありました。写真や人間の本質をビシッと捉え、それを自分だけの言葉で表現する陽子さんは、やはり特別な女性だったのだと思います。

  • 『死の棘』は、夫の浮気を知って妻が錯乱し、夫婦が極限まで追いつめられていく様子を夫視点で綴った私小説。本当は何が起こったのか、妻・ミホさんが遺した膨大な日記や手紙をひもといていく過程がスリリング。作家とその妻、ではなく、作家どうしとして島尾夫妻を捉え直す、重厚なドキュメンタリーです。

  • ギャンブル漬け、浮気、3億もの借金・・・メチャクチャな生活をしていた末井昭さんが、写真家の神藏美子さんと出会い、夫婦としてふたりで歩んでいく過程を、ものすごく正直な文章で書いています。高橋源一郎さん、植本一子さんとの対談も収録されていて、きれいごとでない夫婦の機微が語られていて、心にしみます。

  • 「家に虎が2匹いるようなもの」と周囲に心配されながら始まった48歳の小説家と49歳の詩人の結婚。夫の獰猛な虎ぶりは生半可ではありません。世間との軋轢は絶えず、さらに精神を病んで、年がら年中が修羅場。でも思い出を語る妻の文章は、澄んでいるのです。それは、ふたりの間に「文学」があったからかもしれません。

  • 詩、小説、児童文学、翻訳などで活躍する三木さんが、妻を癌で亡くした後に書かれたものです。妻は詩人、50年におよぶ結婚生活の半分以上は別居していました。いわゆる愛妻ものでもなく、夫婦バトルでもなく、複雑なことを複雑なままに書き、そして奥の方に何かが光っている。ひとつの文学の境地が、ここにあります。

港の人 編集者 井上有紀

ブックキュレーター

港の人 編集者 井上有紀

鎌倉の由比ガ浜にある出版社「港の人」勤務の編集者。手がけた本は、『目であるく、かたちをきく、さわってみる。』(マーシャ・ブラウン)、『きのこ文学名作選』(飯沢耕太郎編)、『胞子文学名作選』(田中美穂編)、『世界 ポエマ・ナイヴネ』(チェスワフ・ミウォシュ)、『90度のまなざし』(合田佐和子)など。海を見ながら自転車で通勤する時間が、毎日のいちばんの贅沢です。本棚の隅っこにあるような本もふくめて、一冊一冊大切に紹介します。ホームページhttp://www.minatonohito.jp

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。