サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

現実からひとっ飛び。人ではない者に惑わされるファンタジー

少しだけ疲れていて、それでもまだ本を開く余裕があったのなら、思いきりファンタジーの世界で心を自由にしてみてはいかがでしょう。そんな時は、あえて「人ではない者」に会ってみるのもオススメです。縦横無尽に人を惑わす「人ではない者」たちの世界は時にちょっと怖いけど、異形がゆえの儚さもあって疲れた心に染み入ります。

10
お気に入り
866
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 平凡なサラリーマンが、突然「ぼぎわん」と呼ばれる邪悪な化け物に付け狙われます。不可解な同僚の死、不気味な電話、ついに危険は愛する妻子にまでおよぶように。そして彼は、破天荒な霊能師に助けを求めますが・・・。そもそも誰がぼわきんを呼んだのか?家族が隠していた秘密とは?その真実に背筋が寒くなるはずです。

  • 妖怪が見える特殊な能力のために、孤独な高校生になっていた夏目貴志。ある時、馴れ馴れしい猫妖怪に遭遇し、「友人帖を寄こせ」と迫られます。叔母レイコが持っていた「友人帳」とは、妖怪たちを子分にできるもの。相棒になった猫妖怪・ニャンコ先生に守られながら、タカシと妖怪たちとの思いがけない交流が始まります。

  • 夏目漱石が見ていた夢は美しく幻想的だけどどこか怖く、つねに死の影のようなものがチラつきます。漱石の心に潜んでいた不条理な世界を文豪ならではの絶品の筆で印象的に綴った珠玉の10の物語「夢十夜」。他に儚い生き物への愛を綴った「文鳥」と、日常を切り取った「永日小品」を収録。漱石の心の中が少しだけ覗ける一冊です。

  • 膨大な記憶力や遠くのことが判るなど、特殊な力を持つ人々が登場する連作短編集の第1弾です。彼らは「常野」と呼ばれる場所に関係した一族でした。その一族の過去を描いた「光の帝国」をはじめ、恋人との未来を知ってしまう「達磨山への道」などを収録。異形者の戸惑いと同時に、なぜ彼らが存在しているのか?大きな謎の始まりを予感させます。

  • 今と昔、善と悪。すべてが曖昧になってゆき、そこだけに異世界が現れるスポットが町にあります。「美奥」と呼ばれるその場所に紛れ込むと・・・。母への恨みで獣になってしまう「けものはら」、神隠しを思わせる「天化の宿」、天狗の子の悲哀を記した「くさのゆめがたり」など、「美奥」に惑わされる人々の5つの物語が収録されています。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。