サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

映画プロデューサー 叶井俊太郎ブックキュレーター映画プロデューサー 叶井俊太郎

クッキング本でもグルメ本でもないが食べ物にまつわる本5冊!

いろいろな料理本があるが、どれも有りものの素材を使ったお弁当の作り方などのクッキングがメインの本が多いが、食べるために生き物を殺すということをテーマにした本も意外に多く出版されてるわけだ。今回はそんな食にまつわる本5冊!

12
お気に入り
619
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 日本ではタブー的な雰囲気がある、食肉の世界。著者は「食べるために動物を殺すこととは?」をテーマにアメリカ、インド、モンゴル、エジプトなど世界中の屠畜現場を取材。そして動物を殺してから商品になるまでをイラストで詳しく紹介してる。日本では屠畜業界の内部のことはほとんどメディアで紹介されないので、これは新鮮だったね。

  • 著者は現役の猟師。日々、山に行きシカやイノシシを猟銃で撃って解体して食べるという日常を漫画で描いてる。たまに何も捕れない日はハトやカラスを猟銃で撃って食べたりする。ある意味、実録サバイバル漫画だね。著者のとりあえず何でも食べてみる!という姿勢は面白い!

  • 大阪のとある被差別部落では、そこでしか食べられない料理がある。あぶらかす、さいぼしなど聞いたこともない料理の数々。一般地区の人々が食べない余り物を食べやすいように工夫した独自の食文化がある。
    そして著者は世界各国にある被差別の人々が作る料理を食べるためインドや東南アジアを巡ってハリネズミ料理やナゾのチキン料理を食べるという、ある意味ソウルフード本!

  • 同和と暴力をバックに日本を裏で支配していた、食肉業界のドンである浅田満氏。著者は彼のタブーを取材し、この本で暴露。そして食肉のドンはこの本が発売されてすぐに逮捕されてしまった!真の暴露本!

  • 屠場は日本では放送禁止用語だろう。食肉解体場だったら問題ないみたいだが。本書は被差別部落についての内容ではなく、食肉解体という仕事とその周辺の肉の文化、解体場で働く職人たちを著者は取材してる。食肉職人たちの労働問題がテーマという硬派な一冊です!

映画プロデューサー 叶井俊太郎

ブックキュレーター

映画プロデューサー 叶井俊太郎

(株)サイゾーTOCANA編集部 配給宣伝プロデューサー。『キラーコンドーム』などのホラーコメディ映画から、日本でも大ヒットした『アメリ』まで幅広い買い付けと宣伝をプロデュース。ピクトアップ、日刊サイゾーなど雑誌連載コラム多数。主な著書に映画評論家江戸木純氏との共著『映画突破伝』、『ビッグヒットは五感でつかめ!』、奥様で漫画家の倉田真由美氏との共著『ダメになってもだいじょうぶ—600人とSEXして4回結婚して破産してわかること』など。ノンフィクションやコミックを中心に1,000冊を超える本を所有。気になる本があれば片っ端から購入するクセがあり、自宅の本棚には本が日々増加中。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。