サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

本のフェス実行委員 長谷川潤ブックキュレーター本のフェス実行委員 長谷川潤

狩猟と生きる人間たちの情念にゆさぶられる物語

長らく獲物と格闘し、食いつないできた人類。身体の中に組み込まれた、その野性を呼び覚ますような物語を選んだ。近代という時代のうねりの中で衰退に追い込まれた狩猟を通して、人間の情愛や葛藤を濃厚に描いた力作。アイヌもマタギも捕鯨も、今の時代が失ってしまった何かを教えてくれる。命と向き合い、熱く生きるたくましさ、やさしさ。

8
お気に入り
828
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 狩猟生活を営んできたアイヌ。森羅万象に心があるとする独特な世界観に支えられた生活は、近代明治の荒波に飲みこまれていく。道内に入植した和人とアイヌとの交流、やがて生活を脅かされていく悲劇と敗北をやさしく、せつなく描いた感動作。時代に抗えぬ虚しさと、わずかな希望に、一生ひきずるような複雑な後味がした。

  • 山にこもり、ケモノと対峙するマタギに骨太なかっこよさを感じるようになったのは、この物語の影響だろう。時は、明治末期から大正。秋田の阿仁を拠点に狩猟しながら旅をするマタギ・富治の生々しい人生に「男の覚悟」をみた。掟の厳しいマタギの世襲が縦糸なら、村の男と女の艶かしくも泥くさい物語の横糸が秀逸である。

  • 無我夢中で読んだ。大正から昭和への激動の時代、阿仁マタギの濃密な世界に没入せしめる志茂田景樹の筆力に感動。自然のゆらぎをとらえる鋭敏な情景描写と、多様な人間関係の繊細な心の機微を描く演出がすごい。最後のマタギがたどり着くせつなさと怒りは、そのまま、空虚な現代社会に対して鋭く突きつけられた気がした。

  • 熱い!鯨という巨大な獲物に死をかけて、集団で立ち向かう男たちにしびれた。胸が高鳴り、波に飲みこまれるような緊迫感を作り出しているのは、江戸から明治にかけて、掟と絆に守られた小さな村におけるワケありの人間模様である。海を生きる男たちの野太さと情の深さに血が騒ぐ。近代捕鯨の時事ネタがかすむようだ。

  • 現代の狩猟には、どんな意味があるのだろう?“生きるか死ぬか”の犯罪物語のスリリングな展開の背景には、そんな一貫した問いがある。そして、自らが生きのびるために殺生するのは、人間の宿命であることに気づかされていく。山に分け入り、細胞に刻まれた記憶をたぐり寄せながら息子は狩猟を受け継いでゆくのだろう。

本のフェス実行委員 長谷川潤

ブックキュレーター

本のフェス実行委員 長谷川潤

広告会社で出版プロモーションの仕事をしている。「本のフェス2019」では、全体をまとめるプロデューサー。祭りの渦が年々大きくなっていることを実感し、10年後は世界に誇れる日本のイベントになることを夢みる。プライベートでは、地元鎌倉、葉山で里山の雑木林の手入れがライフワーク。炭焼きにも挑戦しており、四季折々の自然の素晴らしさを『炭やきじいさん』(冨山房インターナショナル)として物語にした。NPO法人イクメンクラブ代表として「わんぱく子育て」を推進。https://honnofes.com/

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。