サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

若い時の旅は人生の糧。何かを変えたくて旅に出たくなる時に読む本

旅に出るきっかけは好奇心や環境の変化など様々ですが、社会人になると年々長い休暇を取って旅に出ることが難しくなってきます。お金はないけど時間がある学生時代や若い時にこそ自由な旅が必要です。情報が溢れている現代とは異なる未知の土地、未知の人々、未知の習慣など驚きに満ちた日々を追体験できます。

3
お気に入り
294
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「知の巨人」と称される元外交官・佐藤優が高校生の時に東西冷戦時代のソ連、東欧を一人旅した「自叙伝」。当時でもあまり訪問する人がいない東側諸国に目をつけたのはさすがです。好きなことをしている人は必ずそれで食べていくことができるので、「若いうちに外の世界をみておくと後で活きてくる」を地で行っています。

  • 新幹線も開通しておらず海外へ行くこと自体が一般には敷居が高かった1960年代初頭に「まあなんとかなるやろう」の精神で欧米・アジア22ヵ国を旅した貧乏旅行記。英語ができなくても旺盛な好奇心と行動力は誰にも負けない。何かを始めたい人の後押しをしてくれます。まずは行動して、異文化に飛び込もう!

  • ジャズ・ミュージシャンを目指す青年が、トランペットを相棒に横浜港から世界へ飛び立つ。旧ソ連からヨーロッパ、そしてアメリカへ。ジャズの熱狂と退廃をバックに旅は進む中、若者は何を探し、何を得たのか。若い時にしかできない冒険です。

  • 乗合いバスでインドのデリーからイギリスのロンドンへの一人旅に出た若者の日常を描く当時のバックパッカーのバイブル。交通事情や宿泊事情もわからないまま若者はこぞって海外へ向かった。そこに行けば何かに気づき、自分も変われるという想いを胸に。スマホも情報誌もない世界で若者はどう行動したのか!

  • 財閥の跡継ぎになるための条件は、「1年以内に誰もが認める伴侶を連れてくること」。旅先で様々な女性と出会い、経験を積んでいく。主人公が最終的に選んだ相手とは?そして選んだ相手は受けいれてくれるのか?強さ・女・金をすべて兼ね備える男の夢を体感させてくれます。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。