サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

小説家 綿矢りさブックキュレーター小説家 綿矢りさ

夏を焦がす熱い読書

何気なく読んでいた本の一文にノックアウトされ、完全に心を奪われた経験はありますか?不意を突いてくる小説は、著者の鋭さと残酷さを感じられる、非常にドラマチックな産物です。

57
お気に入り
3891
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 肉を極めると、最後は骨が見えてくるのかもしれない。そんなことを考えさせられた小説だった。主人公は複数の男性との情愛をくぐり抜けてゆくなかで、自分の業の深さ、セックスへの消えない執着にとことん向き合う。そんな彼女は自分の肉体を通して、天国と地獄を行来しているようにも見える。欲望に忠実に生きるのは実は苦しい。このある種の修行の果てに彼女はどこに辿り着くのだろうか。

  • 結構、えげつないほどのホンネを、ずばりと掘り当てて言い切る、爽快な名言集。誰もが気づいてるけど上手く言語化できていなかった日常のなかでの男女のホンネを、あけすけで小気味良い、愉快な言葉で伝えている。特に好きなのが「女はよく変質する。家庭という冷蔵庫の中にいれておいても、腐敗変質する。」 変質、という言葉が正しくって、言い得て妙だと思う。そう、女は劣化するのではなく、変質するのだ。

  • “子供たちの受難は、そのまますべての人間の受難にも通じています。”という著者の言葉にもあるように、幼子たちが放置された末に餓死に至った悲惨な事件を、罪人の母親についてではなく、彼女の生い立ち、さらには彼女の母の生い立ちまで遡り、罪が起きるまでの根深さを追及した作品。すべてのモノローグが痛みに満ちているが、特に子供視点からの語りが読んでいる方も苦しまずにはいられない。語り部の子どもたちがまだ自分の不幸には気づけないほどに幼く、無垢だからかもしれない。

  • 創作でなく、インタビューや講演など、多岐に渡る作家のおしごとを著者の長い歴史と共に振り返った本。仕事の話を通して、著者の人生観や読者にどんな本を届けたいかが、真摯に伝わってくる。一期一会の人びと、として紹介されているモハメド・アリとの思い出の話が、当時のアリの葛藤をまざまざと伝えていて、特に興味深かった。

  • 拙著。“この人じゃないと愛せない”っていうのは、すごくワガママな欲求だけど、そんな唯一の人を探し求めて旅さすらうのも、また人間に与えられた試練のうちの一つかもしれない。などと思いながら書いた。

小説家 綿矢りさ

ブックキュレーター

小説家 綿矢りさ

1984年京都府生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2001年『インストール』で第38回文藝賞を受賞しデビュー。2004年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞。2012年『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。