サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  知見・思考・新常識のヒント ~大人のリテラシーを培うためのワンステップ~5/25

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  知見・思考・新常識のヒント ~大人のリテラシーを培うためのワンステップ~5/25

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

検索結果 515 件中 1 件~ 30 件を表示

日本人と日本社会の「不思議」をひもとく本

お気に入り
9
閲覧数
768

日本人、日本社会は特殊だといわれてきました。グローバル化やデジタル化によってそれが薄れるどころか、むしろ浮き彫りになった感さえあります。ビジネスの世界でも世界の常識がそのまま通用しないケースが少なくありません。日本人、日本社会の特徴を多様な角度からとらえて深く理解し、経営や働き方の実践にも役立ててください。

コミュニケーションについて深く考えるためのヒントを与えてくれる本

お気に入り
3
閲覧数
569

私たちは何の気なしに日々“コミュニケーション”している。でも、日常に埋め込まれているが故に、かえって深く考えることをせず、本質的な意味を取り違えていることも多い。さて、“コミュニケーション”とは何か? 小手先の手段に走ることなく、じっくりと考えてみてはどうだろう。

創立100周年を迎える人気校!芝浦工業大学附属中学校で出題された文章

お気に入り
3
閲覧数
253

同校では、文系と理系の垣根を超えた理工系教育が行われており、教科の枠に収まらずに、今後の日本の科学技術を支える人材を育成しています。同校でしか、受けることの出来ない質の高いSTEAM教育を提供するなど、特色のある教育環境が備わっている事が魅力です。その人気は近年ますます上がってきていると感じます。

ロシア、そして東欧の声に耳を傾ける。はじめてのアレクシエーヴィチ

お気に入り
36
閲覧数
1561

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。彼女はソ連時代のウクライナに生まれ、ベラルーシで育ち、ロシア語で活動する作家です。ソ連や東欧諸国の歴史と、それに翻弄され続ける人々の声に耳を傾け、その証言を書き留めています。歴史書や資料には残らない、しかし、確かに存在する人生に寄り添う。平和を考えるための本を紹介します。

なぜ〈国籍〉にこだわるのか、抗いの歴史を読む

お気に入り
17
閲覧数
825

かつて在日外国人のほとんどは、植民地支配の結果渡日した朝鮮人のほか、中国や台湾出身者でした。祖国の戦乱と分断の痛みに苦悶しながら戦後日本を生きたこの人びとにとって、国籍とは、そして日本の外国人法制とは何を意味したのでしょうか。当事者たちの声を伝える5冊を選びました。【選者:鄭栄桓(ちょん・よんふぁん:1980-:明治学院大学教授】

なぜ、いま、アクターネットワーク理論なのか

お気に入り
105
閲覧数
19841

いま、アクターネットワーク理論(ANT)が多くの人をひきつけている。社会学や人類学はもちろんのこと、経営学、地理学、会計学、組織論など社会科学全般へとその波紋は広がり、哲学や建築学、アートなどでも広く参照されるようになっている。ここでは、社会学的関心から、なぜ、いま、アクターネットワーク理論なのかを考えるための5冊を紹介する。【選者:伊藤嘉高(いとう・ひろたか:1980-:新潟医療福祉大学講師)】

働くこと、お金を得ること、その先にあるもの

お気に入り
35
閲覧数
2844

人々の働き方も、お金の意味や価値(通貨や決済手段の多様性など)も進化し世界との繋がり方が深化し続ける現代において、労働の対価はこれからも金銭であり続けるのか、豊かな社会とは何か、答えの出ない問題に向き合って今日も本を読み、悩みを膨らませる方とともに考える5冊。

冷静に受け止めるために。子どもの不登校に直面した親に読んでほしい本

お気に入り
6
閲覧数
1020

学校に行きたくない子どもが「登校しない」と口にしたとき、冷静に受け止められる親がどれほどいるでしょうか。不安、焦り、戸惑い。さまざまな感情が湧き上がり、そんな感情をどう理解し、子どもにどう接したらいいのか、不登校を親子でどう受け入れたらいいのか。子どもの不登校に直面したとき、親の心の支えとなる本を紹介します。

貧困や格差は誰のせい?自己責任の風潮に「待った」をかける本

お気に入り
20
閲覧数
1639

コロナ禍は、構造的に日本社会が抱える貧困問題を浮き彫りにしたと言われています。メリトクラシー(能力主義)がはびこり、「貧困は本人の努力不足」と、社会的な構造欠陥を自己責任に転嫁する風潮もよく見られます。しかし、貧困は本当に自己責任なのでしょうか?日本の貧困および格差問題の真相を究明する本を集めました。

本をともしびに集まろう。一人で本と対話する時間こそが、誰かとつながる扉を開く。

お気に入り
77
閲覧数
4694

本を読むこと、本について語ることは、孤独な読書が世界を広げる鍵であることを教えてくれる。本があるから会えた人たち、語り、聞くことができた言葉について教えてくれる、素敵な本たち。

どんな歴史&文化?アフガニスタンのことがわかる医師・中村哲の本

お気に入り
3
閲覧数
157

2021年8月にタリバンが再び政権を掌握して以降、政情不安が続くアフガニスタン。これまでにも戦乱や干ばつにより多くの人命が失われてきました。医師の中村哲氏は凶弾に倒れる2019年12月まで、医療や灌漑(かんがい)事業による復興支援に尽力しました。中村氏の著作や功績を紹介した本を通して、アフガニスタンについて学びましょう。

少年刑務所の関連本5冊はこれ!

お気に入り
2
閲覧数
486

少年院といえば犯罪を犯した少年が入る刑務所。実際、大人の刑務所とどう違うのかよくわからんのでこの5冊を読めば大体わかる。

児童養護施設関連の本5冊はこれ!

お気に入り
4
閲覧数
1500

今はもう孤児院って言葉はなくなってるかな。現在は児童養護施設と呼ばれてるみたいですね。そんな施設関連の本5冊はこれ!

この国が誇る知性が、誰にでも分かりやすく知の世界の奥義を伝授!

お気に入り
94
閲覧数
7001

しばしば、「難しい話は、結局は難しくしか語れない」などと言われます。ある程度は、そうかもしれません。でも、本当の知性は、やっぱり誰もが理解できる文章を書く。専門知識をただひけらかすのではなく、物事の本質を見抜き、それをストレートに伝えてくれるから。そんな、この国が誇る知識人たちの本を選書しました。

日本とドイツの歴史を通して「ファシズム」について学べる本

お気に入り
10
閲覧数
525

「ファシズム」という言葉をご存じでしょうか?ドイツ、日本、イタリアにおいて、第一次世界大戦から第二次世界大戦終結までの間に見られた政治形態の一つです。とはいえ、一括りにファシズムといっても、国によってその成り立ちや特徴には違いがあります。ここでは日本とドイツの歴史を通して、ファシズムの実態に迫る本を紹介します。

家族内殺人本ベスト5

お気に入り
2
閲覧数
595

日本で起こる殺人事件の多くは家族内での殺し合いらしい。介護や障害者を持つ親や子供が殺した、というニュースはたまに見かけるし、子供を虐待して殺してしまう親もいるよね・・・そんな家族内殺人事件本5冊がこれ。

虐待される子どもがひとりでも減るように。児童相談所のリアルについて知る本

お気に入り
5
閲覧数
181

子どもの虐待死が報じられると、やり玉に挙がるのが児童相談所です。しかし、報道の裏には、児童相談所が数多くの被虐待児や虐待リスクの高い家庭の子どもたちを救ってきた事実があります。非行や家出、不登校、自殺未遂など多岐にわたる事案を抱えながらも、虐待から子どもを救うために奮闘する児童相談所。その真実に迫る本を紹介します。

その常識は本当に正しい?「当たり前」を再考するための本

お気に入り
6
閲覧数
648

流動的に変化する社会の真っただなかにおいて、私たちは今までの「当たり前」を再考するべきタイミングを生きています。法律、科学技術、時間や空間にまつわる常識や固定観念。時代によってアップデートされていくべき「当たり前」を、あらゆる切り口で見直し、それらをまっさらな思考で、もう一度俯瞰することのできる本を集めました。

危機から浮上する新しい経済

お気に入り
4
閲覧数
837

経済社会は危機を経るたびに変容し、鍛えられる。異常が状態化するなかであっても、私たちが寄って立つ場所は経験と歴史しかない。同じことが繰り返されているように見えつつ、世界はらせん階段を上るように進化を続ける。

今こそ考えておきたい「働く」ということ。その本質に迫る古典

お気に入り
25
閲覧数
1058

多くの人々は「労働者」として一生の大半を過ごしますが、「働く」ことについて、立ち止まって考える機会は少ないかもしれません。労働の価値はどうやって決まるのか?豊かな国とそうでない国は根本的に何が違うのか?そもそも働くことの意味とは?さまざまな分野の古典には、労働者がよりよく生きるためのヒントがあふれています。

わからないで済ませない。少年犯罪に真っ向から取り組んだノンフィクション

お気に入り
20
閲覧数
1690

凶悪な少年犯罪が起きるたび、大半の人は加害少年の気持ちを「理解できない、わからない」と捉え、彼らを自分とは違う世界の人間のように感じてしまうかもしれません。だけど加害少年を作り出す芽は、私たちの社会に確実に存在しているのです。そんな社会の闇から目を背けず、加害少年たちを徹底的に取材したルポルタージュを紹介します。

死刑がテーマの本5冊!

お気に入り
8
閲覧数
2103

日本には100名以上の確定死刑囚がまだ死刑されない状況で収監されてる。そんな死刑囚たちの生の声やら死刑にまつわる話など。そんな死刑がテーマの本5冊と言えばこれ!

「コミュニケーションって何だろう?」を考え始めるための本

お気に入り
58
閲覧数
3837

コミュニケーションという言葉から僕らが受けるイメージは様々だ。言葉による会話がコミュニケーションのすべてなのだろうか?言葉ってそんなにちゃんとしたものなのだろうか?コミュニケーションって伝達手段ってことでいいの?そんな問いを広げていくための5冊を選びました。情報理論から集合知、物理学から言語学まで。思索の旅を始めましょう。

閉塞感をぶっとばせ!生涯自由を貫いたアナキスト・大杉栄に関する本

お気に入り
10
閲覧数
9389

新しい生き方、新しい社会の確立を目指しながら、度重なる逮捕・投獄の果てに虐殺されたアナキスト(無政府主義者)の大杉栄。そんな彼の思想と生涯を知るための本を集めました。『美は乱調にあり』『僕は精神が好きだ』。その自由闊達でエネルギーにあふれた言葉の数々に、自分の、あるいは社会の閉塞感を打開するヒントが得られるかもしれません。

この人の著書は新刊出たら確実に買う!本物のジャーナリスト清水潔さんの本5冊!

お気に入り
62
閲覧数
14332

数多くのノンフィクション作家がいるが、中でもこの清水潔さんの著書における彼の取材力というか直感があり得ないほど展開が凄い。事件を追って取材をしているわけだが、事件そのものを解決するまで関わってしまっているわけだ。こんなジャーナリストは彼以外いない!そんな衝撃の5冊がこれ!

企業の「買わせる」戦略に乗せられてる!?賢い消費者でいたいなら読みたい本

お気に入り
21
閲覧数
5848

スマホの普及やインターネットの発展で、どんどん便利になってゆくショッピング。心理学や科学的な手法を活用し、企業の「買わせる」戦略も巧妙になっている現在、思わずポチって買おうと思っていなかったものまで購入してしまうこともあるでしょう。企業の宣伝・マーケティング戦略などを知り、そんな失敗を防ぐためにも読んでおきたい本を集めました。

天地がひっくり返って、目から鱗が落ちてしまう本

お気に入り
204
閲覧数
13224

この世には、それを読むことで、それまで自分が信じていたことが180度ひっくり返されてしまう本があります。頑迷な固定観念を覆されてしまう本――私の読書の楽しみの一つにそんな本を見つけることがあります。ここではそうした本を並べてみました。

オルタナティブに生きる!

お気に入り
37
閲覧数
1749

自分らしく生きたい、とは誰でも思うこと。でも、そう思った時につい周りを見てしまい、それに合わせてしまった人もいるんじゃないかなと思う。自分の頭で考えて、行動に移すのは難しいことだけれど、そうした人のことを読むだけで、支えになるところもあるんじゃないか。そんな幾つかの本です。

低い食料自給率で大丈夫?日本の農業の現在と未来を知るための本

お気に入り
0
閲覧数
10

かねてから、日本の食料自給率は低いといわれています。そのうえ農業は「危険、汚い、きつい」と言われ、高齢化と後継者不足が深刻です。この先、温暖化の影響で生産量が減ることも心配されますし、国際紛争などで輸入が止まったら・・・と食への不安は尽きません。生きるために欠かせない食料生産の現在を知り、農業の未来を見つめてみましょう。

最近買った犯罪本5冊

お気に入り
0
閲覧数
14

相変わらず犯罪関連本をよく買う。ここ数ヵ月内に買った犯罪関連本5冊がこれ!

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。