サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

検索結果 697 件中 1 件~ 30 件を表示

働くこと、稼ぐことが「腑に落ちる」きっかけになる本

お気に入り
25
閲覧数
1504

人生100年時代にどんなマインドで、どんな方法で働けば、今以上に稼ぎ、しかも今以上に楽しく幸福になれるのか?がわかる、すべての業界、年代で役立つビジネスパーソンのための聖書ともいえる5冊です。

あたりまえの外に出るために

お気に入り
17
閲覧数
1307

先行きが見えない時代。「あたりまえ」の外に出る必要があるのはわかる。でも、具体的にどうしたらいいのかわからない。そんなときの試行錯誤の手がかりになる5冊を選びました。日常のフレームからわざわざ外に出て、私たちの「あたりまえ」を問い直す。これらの本は、きっとあなたの「もやもや」をときほぐすヒントになってくれるはずです。

ミニマルに働き、ミニマルに生きるための5冊

お気に入り
47
閲覧数
14145

大量生産・大量消費が良しとされ、長時間労働・高所得を目指す時代から一転、AIによる無人化やベーシックインカムの予兆で「働かなくてもいい未来」が見え隠れする現代。令和を生きる僕たちは「どれだけ少ない労働時間で、いかに効率よく稼ぐか」「稼いだお金を無駄なく使い、自由な時間をいかに最大化するか」を追求することが求められているよう。ミニマルに働き、ミニマルに生きるための5冊を選びました。

「片づかない!」問題に自分だけの解決法がみつかる5冊

お気に入り
20
閲覧数
1067

数年前の引っ越しを機に、モノにあふれた暮らしを完全リセット。散らかってはいないものの、洋服は大幅増。現在は反省して「1年間服を買わないチャレンジ」の9ヶ月目に突入しました。買い物をやめてみたら、買い物で得ようとしていたものが何なのかということに気づいてしまいました。今回は自分がわかり始めたからこそ参考になった5冊です。

本をきっかけに「旅してみたい!」と思った5冊

お気に入り
21
閲覧数
1345

本を読むことでいつでも古今東西、どこへでも旅することができる。いままで数え切れないほどのそんな旅を続けてきたが。実生活では昔ほど旅に出ることができなくなっていてちょっと残念。今回は読みながら本当に旅してみたいなと思った5冊を紹介。1冊目の仙台は行けるとして、ニューヨークもなんとか。他はどうだろう。 

「どう考え、どう語るのか」を哲学するための5冊

お気に入り
12
閲覧数
1020

何かについて説明しようとするとき、しかも他者が納得するような形で、ものを言おうとする私たちはどのように語ろうとするだろうか。哲学的に、論理的に語るだけでひとは納得するだろうか。もっと言えば、〈私〉自身はどのようにものを知れば自らを納得させられるのだろうか。思考し、語ることを考え直すための5冊を選びました。

働き方と仕事の経済学

お気に入り
16
閲覧数
1832

私達の給料って社会の中でどうやって決まっているの?やりがいや充実感を持ちながら働くにはどうしたらいいの?仕事と家庭の両立はどうやればうまくいく?人間の行動と意思決定を理解するための学問である、経済学の世界に触れてみてください。あなたの働き方と仕事にまつわる疑問にきっと答えてくれます。

情報過多な時代だからこそ身につけたい。頭をクリアにする方法がわかる本

お気に入り
23
閲覧数
793

誰もが大量の情報に触れるようになった今、頭はつねに考えごとで埋めつくされている、といっても過言ではありません。自分にとって必要な情報が何なのかを判断するためにも、肩の力を抜いて成果を出すためにも、思考を整理することがますます大切になってきます。ここでは、思考をスッキリさせる習慣を身につけることができる本を集めました。

「ポリティカル・コレクトネス」を再考するための5冊

お気に入り
34
閲覧数
4045

「ポリティカル・コレクトネス」を説明できる人は、意外と少ないのではないでしょうか。にもかかわらず、この言葉をめぐって不毛な論争が日々起こっています。ここでは少しでも見通しをよくするための5冊を紹介します。手前味噌で恐縮ですが、拙著もぜひお読みください。【選者:綿野恵太(わたの・けいた:1988-:批評家)】

自分の能力を最大限に発揮するには?その方法がわかりやすく紹介された本

お気に入り
79
閲覧数
3460

どんな勉強をするにも、どんな仕事をするにも、自分の能力を最大限に発揮できれば結果は変わってきます。そこでここでは、思考法や読書術、脳をアップグレードさせる技術などがわかりやすく紹介された本をセレクトしました。自分の能力に限界を感じてしまっている方、あきらめるのはこれらの本を読んでからでも遅くはありません。

もう一度しっかり学び直したい!英語学習の強い味方となる本

お気に入り
422
閲覧数
16448

学生でも大人になってからでも、「英語をしっかり勉強したい」と思う人は多いはず。しかし勉強できないのはなぜでしょうか。難しいから、文の構造がわからないから、発音が聞き取れないから。さまざまな理由があると思います。そこで、英語学習の際の障害を取り除く助けとなる本を紹介します。本の助けを借りて、もう一度、英語の勉強をはじめませんか?

会社に行きたくない人必見。なぜ、なんのために「働く」のかを見つめ直す本

お気に入り
2
閲覧数
88

仕事がおもしろくないとか、毎日が同じことの繰り返しでうんざり、という悩みを抱える人は多いかもしれません。せっかく憧れの会社に入っても、希望の部署に行けるとは限りません。生活のため、自分の成長のため、世のため人のため、理由はさまざまですが、今日も人は働きます。壁に突き当たったら、ちょっと一息、働く意味を考えてみませんか。

美人はやっぱり得?外見について考えさせられる本

お気に入り
2
閲覧数
35

自分が美人かそうでもないか、誰もが一度は考えたことがあるでしょう。人は内面が重要、と言われますが、やはり外見が一番大切なのでは?と感じてしまう場面は多いものです。ここでは容姿について、新しい価値観や考え方を知る手掛かりになる小説やエッセイを紹介します。

ポストAI社会における生存戦略 ~働き方とお金の教科書~

お気に入り
14
閲覧数
695

インターネットによって価値の中心が実世界(モノ)から仮想世界(データ)へと移り、労働や資本の意味が再定義されつつある。働き方改革の名の下、AI搭載ロボットに労働力が代替され、チャップリン映画に描かれた産業革命のように仕事が奪われてゆく時代、組織での生存戦略を描くため、自分の仕事の「価値」「働くとは何か」を再考してみよう。

やる気が出ない時に読みたい!モチベーションを復活させてくれる本

お気に入り
10
閲覧数
1080

「なんだかだるくて元気が出ない」「上司に怒られて仕事のやる気がゼロ」そんな風にモチベーションを失ってしまったままでは、高い成果を上げることができません。しかしモチベーションの高さは、自分ではなかなかコントロールできないもの。ここではモチベーションが低くなってしまった時に読みたい、やる気を回復させてくれる本を紹介します。

「旅に出たい!でも・・・」そんなあなたの背中を押してくれる本

お気に入り
8
閲覧数
1610

ドキドキの1人旅、お洒落なヨーロッパ旅行、美しい自然を楽しむ旅。「旅に出たいなあ」と思っていても、ちょっぴり怖かったり、行きにくい事情があったり・・・なかなか実行にうつせない人も多いのではないでしょうか。そんなときに読むと、ポン!と背中を押してもらえる本、旅に出る勇気をもらえる本をご紹介します。

生きることの意味を投げかける。日記文学の傑作

お気に入り
10
閲覧数
473

日記とは、日常の出来事や個人の想いを書き留めるものです。本来、日記をつける行為は個人のささやかな記録に留まるもの。しかしなかには、読者に深い感動を与えたり、読者に生きる意義を考えさせる日記もあります。ここではそんな生きることの意味を読者に投げかける日記文学を紹介します。

音楽と数学はコインの裏表?理性と感情の臨界点を探るための本

お気に入り
18
閲覧数
409

たとえば、数を数えることとリズムを数えること。数学と音楽はともに数えることの上に成り立っているという意味で、コインの裏表のような存在と言えます。数学が理性だけを、音楽が感情だけを司っているようにも見えますが、どうやらそうでもないようです。その理由の一端を、ここで紹介する本たちが鮮やかに示してくれています。

女性というだけで・・・モヤっとした違和感や理不尽さを感じ時に読みたい本

お気に入り
26
閲覧数
1180

あからさまなセクハラでなくても、女性だというだけでなんとなくモヤっとするようなことを言われたり、カチンとくるような態度を取られた経験がある方も多いでしょう。その場は受け流したとしても、理不尽さや違和感を覚えたのには理由があったはず。そんなモヤモヤを整理するのに役立つ本を集めました。ぜひ、絶妙な切り返しも習得しましょう。

新年度・進学・転職などを機に変わりたい人へ。「よい習慣」が身につく本

お気に入り
46
閲覧数
2074

規則正しい生活や毎日の勉強を当たり前にしたい、怠惰な自分を変えたい人にオススメの「良い習慣」が身につく本を紹介します。読めば、「つい流されてしまう」「腰が重い」といった悪習を改善できるかもしれません。新年度や進学、就職に転職などの節目にモチベーションを上げ、自分をリセットするために役立つ本ばかりです。

これからどう働き、生きていく?人生を考えるきっかけがもらえる本

お気に入り
30
閲覧数
1552

時代の変化に合わせて、私たち日本人の価値観も変化しています。この前まで常識だと思われたことが、少し時間が経てば「本当に正しいだろうか?」と疑われる変化の早い時代のなかで、私たちは何を大切に生きたらいいのでしょうか?そんな悩みを抱えた方にオススメしたい本をずらっとまとめてみました。

毎日を最高の状態で過ごせる自分になるために。「マインドフルネス」のススメ

お気に入り
146
閲覧数
6145

自分の内面と向き合い、自分を最高の状態にする「マインドフルネス」をご存じですか?米国では、社員のパフォーマンス向上、モチベーション向上のための人材育成プログラムとして、取り入れている企業も多数あります。ぜひ知りたいという方にオススメの、入門書、実践書、そして実践した人たちの結果を記した本を紹介します。

最小限の物しか持たない人が急増中!?「ミニマリスト」を知るための本

お気に入り
30
閲覧数
2143

厳選した必要最小限の物だけでシンプルな暮らしを楽しむ「ミニマリスト」と呼ばれる人が増えています。物を減らすことで掃除などの家事の負担が減り、自分の大切なことにより時間を使うことができるようになるそうです。そんなミニマリストの暮らしの工夫を知ることができる本を紹介します。快適で穏やかな暮らしがあなたを待っているはずです。

女は強くて脆くて熱い生き者~30代から読みたい女のリアルがわかる本

お気に入り
1
閲覧数
72

女の30代は熱い吹きガラスのようです。その熱くたぎる個体の中には、さまざまな種類の強さと葛藤が閉じ込められています。その熱が冷めた時に女は急に脆くなるものです。愛、欲、業、性、そしてたくましく生きる強さ。主人公の女性たちに共感し、自らを投影してしまう小説を紹介します。

漫才やコント、音楽活動だけではない芸能人の多才さを知る本

お気に入り
2
閲覧数
43

テレビでの漫才やコント、ひな壇でのトークや司会業などを行う芸人やステージで華やかに演奏し歌い踊る姿を披露するアーチスト達。一芸に秀でた彼らの才能はそれだけではなく、文才にも発揮されています。コントの脚本作りや作詞、上質な音楽に触れ磨かれた感性を発揮した作品の質に驚いてください。

GOING MY WAY! 我が道を行く

お気に入り
1
閲覧数
39

折衷案を考える、妥協点を見出す、自分の考えを曲げて相手に合わせる―。大人になるとそうした場面も増えてきて、時には気持ちが後ろ向きになることも。そんなときには児童文学を紐解き、「Going my way!」とばかりに軽やかに我が道を進む登場人物たちに出会ってみてはいかがでしょうか?自分の信念を貫く勇気をきっと持てるはず。

どんな出来事もプラスに変えていける。そんな心の在り方がわかるようになる本

お気に入り
9
閲覧数
358

人生には嬉しいことだけではなく、怒りや悲しみの感情を伴う出来事もやってきます。それは誰でも同じですが、捉え方は人それぞれで、傷つき落ちこみながらも、プラスの方向へと進んでいく人たちがいます。そのためにはどのような心の在り方でいたらいいのか、自分の経験から発せられる言葉で詳しく教えてくれる本を集めました。

アフリカ的霊性からヒップホップを考える

お気に入り
13
閲覧数
822

魂の叫びの音楽とも形容されるヒップホップ。その背景には、ヒップホップを形成してきたアフリカ系アメリカ人の霊性や宗教伝統があるといえる。いっけん宗教とは無関係な「世俗」の音楽であるヒップホップを、新しい視点から考えてみるための本を選んでみたい。【選者:山下壮起(やました・そうき:1981-:日本基督教団阿倍野教会牧師)】

あらゆることを気にしすぎてしまう人へ。読めば心が楽になる処方箋

お気に入り
4
閲覧数
146

他人の反応や言動、自分の失敗などを気にしすぎてしまうときにオススメの本を集めました。学校や職場、SNSでの人間関係に疲れている人も多いのではないでしょうか。そんな疲れに効く、処方箋のような本が揃っています。読めば気持ちが軽くなる、悩みがくだらなく感じられるかもしれません。気分を変えたいときにぴったりです。

仕事に疲れた時読みたい、読めば元気が湧いてくる本

お気に入り
8
閲覧数
1062

世の中を見渡せば、多くの人が仕事に不満を抱えている。上司とも後輩とも上手くいかず、業務をこなせど達成感は得られず、「なんだか疲れてしまった・・・」という人は決して少なくはない。そんな人にこそ、読んでほしい本がある。本を読んで気分転換。仕事に前向きに取り組む手助けとなりそうな本を集めてみた。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。