1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 特集一覧
  4. 2018年本屋大賞 ノミネート作品発表!:紙の本

 2019年本屋大賞 大賞作品発表!

「2019年本屋大賞」 大賞受賞作品はこちら!

そして、バトンは渡された

紙の本

そして、バトンは渡された

血のつながりのない何人もの親から深い愛情を注がれた少女の成長を描く、一風変わった家族小説

評価5 投稿者:ぴんさん

全国の書店員たちが「いちばん売りたい本」を投票で選ぶことしの「本屋大賞」に、次々と親がかわる境遇で育った女子高校生が主人公の瀬尾まいこさんの小説、「そして、バトンは渡された」が選ばれた。この作品は、幼くして実の母親を亡くし、育ての親も結婚と離婚を繰り返したため、次々と親がかわる境遇で育った17歳の女子高校生が主人公の物語。父親が3人、母親が2人という複雑な家庭環境の中、主人公の成長や血のつながらない親子の日常のやり取りが温かい目線で描かれ、家族とは何かを問いかけている。愛情を注がれることはすごく幸せなことですが、愛情を注ぐあてがあるということは、もっとはるかに幸せなんだということを、改めて感じた。

バトン

評価5 投稿者:なま

題名から、陸上の話かと思ったが、全く違っていた。離婚する人が多くなったとはいえ、これほど珍しい家庭環境の主人公もいないだろう。その主人公が、そういった環境を悲観的にとらえず、前向きに思考していくところが、痛快であり、ほんの少し悲しかったりした。

瀬尾さん

評価5 投稿者:おどおどさん

やはり陸上競技を思い出させる題名やお話が多いなあ。
前はよくフルマラソンも走ったり、自分の特技はマラソンだ!と思っていたけれど、最近はフルやハーフも走らなくなってしまった。
でも、瀬尾さんの作品を読むと走りたくなる。

【1位】
血の繫がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった森宮優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた−。身近な人が愛おしくなる、優しい物語。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

「2019年本屋大賞」 2位~10位はこちら!

ひと

紙の本

ひと

受け入れる強さ

評価5 投稿者:咲耶子

母の急死で天涯孤独になった聖輔、大学を中退し偶然出会った総菜屋でのバイトを始めます。
孤軍奮闘する聖輔にみんなが手を差し伸べる人情が暖かい。もちろん、不愉快な人や相容れない人も出てくるけど。
境遇を受け入れ、やらなければならない事を自覚、目標を見つけながらも諦めなければならいことは諦める。
でも、最後には諦めたくないものが見つかります。

「ひと」というタイトルのもつ意味

評価5 投稿者:たんぽぽ

「ひと」というある意味壮大なタイトルに内容が負けていないのか、と若干不安をもちながら読んだ。だが、それは杞憂だった。まさに「ひと」というタイトルがぴったりの作品だった。漢字の「人」ではなく、ひらがなの「ひと」であることで、よりやわらかさや危うさのような、この作品のもつものが現れていると思った。
 若葉の元彼への感覚は、とても共感できた。毎日生活している中で、私の中で少しずつストレスになっていくことが、まさにこういったことだったのだと思った。今の日本人に少しずつ欠けていっている感覚ではないだろうか。多くの人に読んでもらいたいと思ったが、若葉の元彼や、主人公の叔父のような人にはきっと読んでもぴんとこないだろう。同じ感覚を持っている人だからこそ、共感できる作品なのかもしれない。

天涯孤独

評価5 投稿者:おどおどさん

言葉だけ聞くとすごく悲しみに満ちているけど、1人でも楽しく生きている人もいるし、彼のように暖かく見守る人がいる場合もある。
「ひと」とは何なのか、考えながら読みたい。

【2位】
母が急死し、たった1人になった20歳の柏木聖輔。空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、聖輔は買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに…。


ベルリンは晴れているか

紙の本

ベルリンは晴れているか

ベルリンの街が目に浮かぶ

評価5 投稿者:コアラ

なんという描写力。ベルリンの街が目に浮かぶ。そして緻密な歴史考証。すばらしい。分類ではミステリに入るのかもしれないが,偉大な文学である。迫害されるユダヤ人の恐怖,ナチスとその追随者のおぞましさが迫ってくる。決して読んでいて楽しいわけではないが,締切りが迫っていてそれどころではないはずなのに,ページを繰る手を停められなかった。
ナチスによ言論弾圧と思想統制人種差別の箇所を読んでいて,チベットやウイグルでこそ今現在行われていることに思いをはせないわけにはいかない。沖縄人は明日は我が身ということを知っているのだろうか。
読み終わった。それで感想は?だ。なんだか気が抜けてしまった。正直ミステリとしてはつまらない。前半のおどろおどろしくも迫力のある場面の連続に圧倒されていただけに,最後のあっけない終わり方に?だ。おまけに最後に説教臭くなってしまって…。う~む…。それでも読む価値はあります。多くの読者を得ますように…。

読み応えが半端ない。

評価5 投稿者:紗螺

ズッシリと重い小説だった。今までも作者は戦時中のドイツを舞台にした話を書いてはいたが、ここまで真正面から、そしてつまびらかに、ユダヤ人迫害や戦争中の陰惨な出来事を描いてはいなかったのではないだろうか。
その分、正直にいえば読んでいてしんどい物語になってはいる。けれど、それでも読むのはやめられなかった。描き方の迫力に、こちらが引きずり込まれていく感じだった。
途中まで、ミステリであることを忘れていた。けれど、後半になってまさかの展開があり、見事にミステリになっている。結末に関わる事件背景には一部、やや唐突なきらいもあったけれど、読後感をそこなうものではない。読み終わって、色々な感情が湧いてくる一冊だった。

戦争の後ろめたさ

評価5 投稿者:suka

「これって日本人作家が書いたの!?」
と驚きを隠せなかった。作者が終戦後にタイムスリップをして、ベルリンを歩いたんじゃないかと思うくらい、街の情景や戦争で疲れ切った市民の様子が詳細に描かれている。
『水のにおいを嗅いで安全を確認してから』のように、主人公の何気ない仕種ひとつひとつに戦争の凄まじさが伝わってきた。
胸が締め付けられる内容だけれど、未来を自分で切り開こうとする強い女性達が魅力的だった。
もうこれは壁建設後の物語を期待するしかない。

【3位】
1945年7月、4カ国統治下のベルリン。米国の兵員食堂で働くドイツ人少女アウグステは、恩人の男の不審な死を知り、彼の甥に訃報を伝えるため旅立つ。しかし、なぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になり…。

熱帯

紙の本

熱帯

そうなんだ

評価5 投稿者:おどおどさん

直木賞候補なんだ。過去に森見さんの作品は何冊か読んだけど、どうも難しい。アニメや舞台化されて見に行ったが、うーん。
しかし、もし賞をとればわかりやすく解説してくれる方が現れるはずだ!

読み終わらない物語

評価4 投稿者:咲耶子

筆が進まない小説家の現実から小説の中へ、さらに物語の中へどんどん進みます。
幻の小説『熱帯』の結末を求め巡り集まった人たちが一人また一人と行方をくらます中、いつの間にか物語の世界へ。
妄想と思い出が支配する不思議な世界から抜け出したそこは・・・。
あいかわらず不思議空間を作り出す森見ワールドでした。

熱帯

評価4 投稿者:なま

本屋大賞にノミネートされた事もありますが、ずっと読んでみたいと思っていました。熱帯に住む人たちには、独特な傾向があると感じています。私もできるなら、熱帯でのんびりしたいです。

【4位】
沈黙読書会で見かけた奇妙な本「熱帯」。それは、どうしても「読み終えられない本」だった−。結末を求めて悶えるメンバーが集結し、世紀の謎に挑む!

ある男

紙の本

ある男

凛と、素晴らしい。一度失敗するとやり直しのきかない世の中になっているという話。

評価5 投稿者:ぴんさん

今のリアルな社会がかなり書き込まれていて小説なのにノンフィクションである、という不思議な感覚。この小説を通して、人が人をどのように判断しているのか、人が持つ過去とは何かを考えることができるとともに、ミステリーとしても楽しめる。Xの正体を探りたどり着いた真実、自分の生い立ちや妻との確執、依頼人の辛い過去やXと過ごした幸福な日々とかなり密度の濃い作品。相手の過去が全くの別物だとしても、自分が相手に感じた感情は嘘ではない。だからその感情を信じたい。

【5位】
里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取り、14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚するが、「大祐」は事故で命を落とす。さらに、衝撃の事実が…。


さざなみのよる

紙の本

さざなみのよる

しみじみ・・・

評価5 投稿者:トクちゃん

新聞で書店の定員さんが薦めていたので、購入しました。
最初からページをめくるたびに、しみじみ・・・。一気に読みました。
翌日には友人に薦めていました。
ああ・・・読んで良かったです。

【6位】
小国ナスミ、享年43歳。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちたひと雫の波紋のように、家族や知人へと広がっていき…。命のまばゆいきらめきを描いた感動と祝福の物語。

愛なき世界

紙の本

愛なき世界

あこがれ

評価5 投稿者:neconoco

理系の研究室は個人的に未知の世界です。
三浦しをんの小説は、未知の世界を舞台にしていることが多いのですが、読後にはその世界へのあこがれが胸に芽ばえてしまうのです。
そして登場人物が…魅力的!!
松田先生から目が離せません!

【7位】
洋食屋の見習い・藤丸陽太が恋をした本村紗英は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。人生のすべてを植物に捧げる本村に、藤丸は恋の光合成を起こせるのか!?

ひとつむぎの手

紙の本

ひとつむぎの手

知念実希人らしい内容

評価5 投稿者:sato

理不尽だったり切なかったり、でも最後は温かい。気持ちよく読み終えられる。
知念実希人らしい内容。読んで良かった。

【8位】
大学病院で過酷な勤務に耐える平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に3人の研修医の指導を指示される。さらに、赤石が論文データを捏造したと告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられ…。


火のないところに煙は

紙の本

火のないところに煙は

言うほど怖くないじゃん、と思っていたのに。。。

評価5 投稿者:つきたまご

テレビやネットで話題となっていて、いつもはあまりホラーは読まないのですが、手に取りました。
事前情報では「かなり怖い」と言われていたので、覚悟して読んでいたのですが、1~4章まで、ゾワッとはするものの、眠れない!と言うほどではなく。そこで、甘く見たのが失敗でした。
あらすじにもあるように、最恐の結末。これは、やられました。。。
(小説家が依頼された小説を書く、という話ですが、実話じゃないですよね?不安になりました。。。)
表紙のカバーも凝ってて、かなり好きです。

【9位】
「神楽坂を舞台にした怪談」を依頼された作家の「私」は、かつての凄惨な体験を振り返り、事件を小説として発表することで情報を集めようとするが…。

フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALE

双子

評価5 投稿者:なま

フーガとユーガは、特殊能力を持つ双子である。その二人が、妙に泥臭いところが面白い。伊坂幸太郎さんの作品は、どれもそうだが、物語の展開が面白く、続きが気になってしまい、どんどん読んでしまう。

【10位】
仙台市内のファミレスで、常盤優我は語り出した。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のことを…。不思議で、切ない、長編小説。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

「2019年本屋大賞」 超発掘本はこちら!

サスツルギの亡霊 (講談社文庫)

2008/9/14 Amazonにて...

評価4 投稿元:ブクログ

2008/9/14 Amazonにて購入
2011/3/5〜3/10

フリーカメラマンの矢島巧海に2年前に南極で亡くなったはずの兄から絵はがきが届く。その巧海に次期越冬隊の密着撮影取材依頼が舞い込む。謎につつまれた兄の死をさぐるべく、巧海は南極へ向かう。果たして、兄は何故死んでしまったのか。謎を探ろうとする巧海につぎつぎと苦難が降りかかる。

 「カタコンベ」につづく、神山氏の第2弾。魅力的な謎と厳しい自然の描写は氏ならでは。残念なことに、第3弾長編はまだ発表されていないようだ。どうしたのだろうか。

すごく優れているとも思わず、特に...

評価3 投稿元:ブクログ


すごく優れているとも思わず、特に感動もせずにさくっと読み終わってしまった。


違った名字の兄弟が喧嘩別れし、兄が南極で亡くなったとの知らせが。その死んだはずの兄からきた絵はがき。
写真家の弟は兄の死の謎を解くために南極へ・・


うーん。
遭難した兄が実は・・ということもなく、謎とのかかわりも浅く、舞台が寒い以外には特に・・
というわけで、頭も使わず、後にも残らずの読書向きってことで。

真相が知りたくて、あっという間に読了...

評価3 投稿元:ブクログ

真相が知りたくて、あっという間に読了。
でも読み終わってしまえば、あまり感想が思い浮かばない。結末が最初に比べて、あっけないように感じてしまったのかも。

カメラマンの矢島拓海のもとに届いた一葉の絵はがき。差出人は二年前に南極で死んだはずの兄だった。時を同じくして、拓海に越冬隊への密着撮影の仕事が舞い込んでくる。「死の真相を知りたければ南極に行くといい」。これは偶然なのか、それともあいつが—。冷たく広大な“密室”で、過去の事件が甦る。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

過去に受賞した作品はこちら!

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。