1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 特集一覧
  4. 2018年本屋大賞 ノミネート作品発表!:紙の本

2018年本屋大賞 ノミネート作品

「2018年本屋大賞」 ノミネート作品はこちら!

AX

紙の本

AX

構成力

評価5 投稿者:テラちゃん

主人公の兜は、文房具メーカーの社員。が、裏の顔は殺し屋。「グラスホッパー」「マリアビートル」と同じ設定で、実際、その第3弾に当たるのだが、シリーズとしては初めて連作短編の形を取っている。しかし、書きおろしを含む5作が見事に繋がっており、巧みな構成力によりリンクしている。過去の2シリーズ以上の出来と評価してよかろう。

殺し屋シリーズに外れなし

評価5 投稿者:kn

前作から続く判子の演出がたまらないです。短編だからシュールっぽさが強くて、でもなぜかグッとくる言葉もあって。最後の2話はずるいなあ。殺し屋小説を読んでこんなにも感動するのは伊坂さんだからこそです。

伊坂幸太郎先生ありがとう!

評価5 投稿者:moon

すごく面白かったです!夫婦や家族にはいろんな形がありますが伊坂先生が描かれる夫婦愛、親子愛、家族愛が好きです。「重力ピエロ」が好きな人は好みかも。帯の文句負けしてる作品はよくあるけどこの作品はその通り極上のエンターテイメントでした。
殺し屋シリーズというと殺伐としたイメージをもたれる方がいるかもしれませんがそんなに暗くはないし、ときにはユーモアがあってクスッと笑えるシーンも多かったです。そして暖かい気持ちになれる物語でした。
実写化しないかなぁ~。漫画をやたら実写化してるけどよっぽどこちらの方がいいと思う。

「兜」は一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えながらも爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け…。全5篇を収めた連作集。

かがみの孤城

紙の本

かがみの孤城

名作!

評価5 投稿者:美佳子

「言えない。だけど助けてほしい・・生きにくさを感じるすべての人に贈る辻村深月の最新刊。涙が止まらない、感動溢れる一冊です!」と商品紹介にあるように、きめ細やかな愛情をもって描かれたこの小説には癒しと勇気づける力が溢れています。

主人公・こころおよび主要人物たちが中学生なので、最初は感情移入がどれほどできるかちょっと疑問だったのですが、あっという間にストーリーに引き込まれました。
この不思議な城は何なのか、なぜこの7人が選ばれたのか、本当に鍵があって願い事が叶うのか。という謎解きの枠組みの中で、7人それぞれの事情が徐々に明かされて行きます。

たとえば、こころが「心の教室」とかいう不登校の子供たちのためのスクールに通い、そこの仲間たちとだんだん親しくなって、また理解のあるスクールの先生に癒され、母親の理解と援護を得ながら立ち直っていくという筋書きでも十分ドラマは成立すると思うのですが、それはリアルである一方、もしかしたら平凡で味気なかったかもしれません。けれど、こころはそのスクールにすら足がすくんで行けなかったのです。

そこに「鏡の城」というファンタジーの異空間を最後の逃げ場のように出現させ、そこに集められたの子たちの意外な繋がりが(最後に)明かされる仕掛けが加えられることで、こころの成長物語にぐっと面白味が増しているように思います。

その構成力の秀逸さもさることながら、言葉の通じない同級生や無理解な担任の先生等から受けるこころの衝撃や恐怖や憤懣がきめ細やかな愛情をもって描写されているところも素晴らしいです。是非とも「生きにくい」と感じている人ばかりでなく、10代の子供を持つ親御さんたちや学校の先生や学校教育にかかわるすべての大人たちに読んでもらいたい一冊ですね。そのメッセージが果たして通じるのか、やっぱりかなり疑問ではあるのですが。

心震えた

評価5 投稿者:ちょびっと

本当に久しぶりに本の世界に入り込む時間でした。一人一人の子どもたちの抱えている痛みが、心に迫って来て、途中、読むのが苦しい時もありました。
子どもたちを見つめる辻村深水さんのまなざしが何てあたたかいんだろうと救われる思いで読み終えました。
久しぶりに心をガシッと掴まれ、ワシワシと揺さぶられました。

恩人

評価5 投稿者:かぐや

ああ、また救われてしまった。
辻村さんは、この本の子供たちだけでなく読者までをも助ける力を持っているんだな、と。
まさに心が震える小説でした。

私はいじめにはあっていませんでしたが、体調不良をなかなか理解してもらえない時期があったので、気づいたらその時を重ねて読んでいました。当時の自分を迎えにきてくれた、と本当に本当に救われたと思います。
辻村さんにはたくさん助けられたので、心から"恩人"だと、そう思います。

最後の勢いがすごかったです。からだじゅうがビリビリしました!

部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が。秘めた願いを叶えるため、7人は城で隠された鍵を探す−。

キラキラ共和国

紙の本

キラキラ共和国

辛い時は「きらきら」と唱える。

評価5 投稿者:咲耶子

鎌倉のゆったりした空気感が心地いい物語です。
優しい夫、可愛い娘、旦那の家族、気になる旦那の前妻、そして変わらず見守ってくれる鎌倉の人たちなどなど。
代筆の仕事は時には困難な内容もあるけど、ポッポちゃんの新婚生活一年目が暖かく描かれてます。
辛い事も悩める事も幸せの一部だと思えます。

ツバキ文具店の続編ながら、主人公鳩子...

評価3 投稿元:ブクログ

ツバキ文具店の続編ながら、主人公鳩子の環境が変わり、ストーリーにも大きな変化が。
ツバキ文具店のほうが、代書のことが丁寧に扱われていたような気がする。読みやすくて楽しめたけれど、期待とはすこしズレていたかな。

なんとなくにおわせていたけど突然結婚...

評価4 投稿元:ブクログ

なんとなくにおわせていたけど突然結婚しててびっくりしました。結婚生活についてだったり、QPちゃんとの関係、前の奥さんとの関係が詳しく書かれていてじーんときました。前の奥さんに対する引け目もあると思うけど、奥さんがいなければQPちゃんも生まれていなかったし今がなかったとおもうと人の巡り合わせは奇跡に近いんだなあとおもいます。
みんなで七福神めぐりをするシーンや、集まっておいしいごはんを食べるシーンはほっこりしたし、何気ない毎日をたいせつにしていきたいなあと思います。

夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。鎌倉を舞台にした代書屋の物語。「ツバキ文具店」の続編。

崩れる脳を抱きしめて

紙の本

崩れる脳を抱きしめて

昨年、妻が55日間のホスピス病棟で世...

評価5 投稿元:ブクログ

昨年、妻が55日間のホスピス病棟で世話になったこともあり、ホスピスが舞台だとどうしても意識がそちらに行きます。「爆弾」は爆発してしまったけど1日1日有意義だった55日間だったなあ。それはそれとして、この本は、食わず嫌いで、最初は苦手かなと思ったのですが、読んでみたら読みやすかったし、集中して読み切ることができました。それくらいテンポいい感じでした。ところどころ「あれ?読み飛ばしたかな」って引っかかる部分がありましたが、実はそれは読み飛ばしではなく後の伏線になっていたというものありました(いきなりその部活か(^^;)。主人公の同期の「冴子」って女性が魅力的です。

神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会い、心を通わせる。実習を終えた碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女はなぜ死んだのか? 幻だったのか? そして明かされる衝撃の真実!?

屍人荘の殺人

紙の本

屍人荘の殺人

奇抜なミステリー

評価5 投稿者:たっきい

読メの感想を見て面白そうなで、ハードカバー(置く場所もない)にもかかわらず、買った作品。館がゾンビに囲まれるというありえない空間ので起こる殺人。ゾンビが登場した時点でホラーか?と思いきや、ちゃんとミステリーに仕立てている手腕は鮮やか。殺害方法も奇抜でなかなかのミステリーでした!シリーズ化してほしい気もしますが、この作者のいろんなバリエーションの作品が読んでみたいと思いました。

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、紫湛荘を訪ねた。その夜、想像しえない事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もった彼らだが、翌日部員の1人が密室で死体となって発見され…。

騙し絵の牙

紙の本

騙し絵の牙

大泉洋とのコラボや業界ものとしてのおもしろさは保証しますが…。

評価4 投稿者:坂の下の落人

大泉洋との映像化ありきのコラボ小説。
大手出版社を舞台に、雑誌業界を主人公・大泉洋で描く異色のミステリーなのかもしれませんが、ラスト部分に少し蛇足感というか、違和感を感じました。

雑誌廃刊の危機を回避すべく、雑誌編集長の速水(大泉)と経営陣との攻防を主軸に、家族の問題や作家とのつき合い、コンテンツ利権などが絡み、いまの業界の問題点を次々と浮き彫りにし、飽きさせません。
会話も洒落ていて、主人公と周りの丁々発止もおもしろおかしく、いかにも大泉洋が言いそうなフレーズに思わずニヤリとさせられます。

ただ、1点気になったのは、間の章立て部分、一章から六章までとプロローグ、エピローグが別物のような印象で、悪く言えば、後から取って付けたような印象を受けました。無理にミステリー仕立てにするために、エピローグやプロローグを付け足したような感じです。
私だけですかね? そんな風に感じたの。それが理由なのか、エピローグだけで40頁近くも割いています。
間の本筋部分(章立て部分)がおもしろかっただけに、ちょっと惜しい気がしました。

大手出版社で雑誌編集長を務める速水は、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、組織に翻弄されていく…。唯一無二の俳優・大泉洋を「あてがき」した社会派長編。

たゆたえども沈まず

紙の本

たゆたえども沈まず

原田マハがゴッホを書いたとなると読まずにいられない

評価5 投稿者:夏の雨

ゴッホといえば世界中の人が知っている画家であることは間違いないが、日本人ほど彼を好きな国民はいないのではないだろうか。
 もしかしたら日本のどこかでいつもゴッホの絵が公開され、人々は長い列をなしているような気さえする。
 おそらく日本人がどんな日本画家よりもその名を知っているゴッホをアート小説の旗手原田マハがどのように描いてみせるか、この作品ほど読む前から興味をひいたことはない。
 そんな期待は多くの読者が抱いたと思うが、原田は単にゴッホとその弟テオ(そういえば日本人はこの兄弟の往復書簡も大好きだ)の関係だけでなく、そこの日本人の画商林忠正を配することで、ゴッホが愛した浮世絵との関係も浮かび上がらせることに成功した。

 おそらく原田の創作と思われる林の部下である重吉という人物が、ゴッホ兄弟と林との仲介と林が持っていた野望と熱情を描くのに必要であったのであろう。
 創作上のそんな構成は見事であっても、原田もまたゴッホの持っている悲劇性から脱却することはできなかったといえる。
 もちろん画家ゴッホの生涯は確かに悲劇であるし、その弟テオも兄の死から半年で死んでしまうのであるからそれもまた悲劇であるが、もし純粋にゴッホという画家を評価するならば、そういう悲劇性から切り離れた描き方もあってもよかったような気がする。
 それは画商林忠正をどう描くかによって違ってきたはずである。

 ゴッホを描いた原田マハの次なるアートは何だろう。

売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、パリにいる画商の弟テオドルスの家に転がり込んでいた。そんな二人の前に、浮世絵を売りさばく日本人、林忠正が現れ…。

盤上の向日葵

紙の本

盤上の向日葵

オススメです

評価5 投稿者:本都ユーザー

将棋の世界を舞台にしたミステリーですが、一気読みでした。

タイトルの盤上はわかるが向日葵は何を意味するのか、作品の中でどうかかわってくるのか、興味をもって読み進めていきましたが、なるほどそうつながってくるのかと。
本の帯にもありますが、殺人犯は一体誰なのか、殺人に至った経緯を解きほぐしていく過程がとても面白かったです。

山中で発見された白骨死体。現場に残された唯一の手がかりは伝説の名駒だった。4か月後、2人の刑事が竜昇戦の会場である天童に降り立つ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは−。

百貨の魔法

紙の本

百貨の魔法

『百貨の魔法』

評価5 投稿者:百書繚乱

風早の街にある星野百貨店

時代の波にさからえず閉店のうわさも流れている老舗を愛し守ろうとする人たち──エレベーターガールのいさな、百田靴店の咲子、贈答品フロア責任者の佐藤、資料室の一花、ドアマンの西原、そしてコンシェルジュの芹沢結子──それぞれの視点を通して百貨店に起きる小さな不思議をつづってゆく

「この百貨店には、『魔法を使う猫』がいるって、ほんとうですか?」

素晴らしき哉、百貨店

2017年本屋大賞5位『桜風堂ものがたり』(PHP)の姉妹編

風早の街にある百貨店の老舗、星野百貨店。存続が危ぶまれる百貨店の運命と、店員たちの愛と誇り、お客さんたちの思いが重なり合う。

星の子

紙の本

星の子

あんまり

評価3 投稿者:0o0o

終わりがわからない 結局締めはなんなのかわからない

林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だった娘を救いたい一心で、ちひろの両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族のかたちを歪めていく…。

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

過去に受賞した作品はこちら!

本屋大賞受賞作品の検索結果 をもっと見る

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。