1. トップ
  2. ブックツリー
  3. 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン

日本のミステリーと中華圏のミステリー、その意外な繋がりを知る面白さ。
初心者向けからより深く掘り下げられる選書、個性的な作品まで、ブックツリーでご紹介します。

※お買い物後でも、期間中にエントリーされた方は対象となります。

陳浩基

1975年生まれ。香港中文大学計算機学科卒。台湾推理作家協会の海外会員。2009年「藍鬍子的密室(青髭公の密室)」で第7回台湾推理作家協会賞を受賞。2011年『遺忘・刑警』で第2回島田荘司推理小説賞を受賞し、2012年に『世界を売った男』のタイトルで邦訳版が小社から刊行された。2014年、『13・67』が刊行されると同時に大きな話題を呼び、香港・台湾で三つの文学賞を獲得。世界十数カ国で翻訳され、ウォン・カーウァイ監督が映画化権を取得した。

私が考える“日本の本格ミステリの経典”五選

ミステリ作家たちのたゆまぬ努力によって百年近い歴史を持つ日本のミステリ──欧米ミステリとも異なる個性と美学を獲得した日本のミステリは、いまやアジア各国の創作者や読者にも多大な影響を与えている。その数え切れないほどの個性的な作品群から、ここでは私が考える日本のミステリのメルクマークとなるものを挙げてみた。

ブックツリーを詳しく見る

変化球としてのミステリ

「直球勝負」ともいえる本格ミステリや社会派ミステリ作品とは別に、そうしたジャンルにおさまりきらない作品がある。とうてい考えもつかないような仕掛けを添えて読者をあっといわせる作品など──ここではそうした変化球としてのミステリを挙げてみた。読めば語らずにはいられないこの五冊に、果たして皆さんはどのような感想を持たれるだろう?

ブックツリーを詳しく見る

ミステリマニアでない人にこそおすすめしたい作品

「ミステリってよくわからなくて」「ミステリは好きじゃないんだよ。他の小説はないのかい」──友人にミステリをすすめたとき、多くのミステリファンはそんな反応をされた経験があるのでは。ここでは、そんな食わず嫌いの友人にミステリの魅力を知ってもらい、ファンになってもらうための作品をセレクトしてみた。あなたなら彼らにどの作品をおすすめするだろう?

ブックツリーを詳しく見る

島田荘司

1948年、広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。1981年『占星術殺人事件』でデビュー。御手洗潔シリーズ、吉敷竹史シリーズなどで数々の傑作をものする。2009年、日本ミステリー文学大賞を受賞。

日本と華文の「21世紀本格」作品群5選

本格のミステリは、19世紀社会に現れた新思想、「最新科学」が産み落とした文芸のひとつです。しかし、作中から最新科学発想が消え、舞台が狭くなり、ドラマが定型化したことで、ジャンルは行き詰まってきました。そうなら21世紀の今こそ、新世紀型最新科学の知見を積極的に取り入れ、斬新な謎を作り出し、再び原点に戻ろうという発想が、「21世紀本格」です。

ブックツリーを詳しく見る

立原透耶

「夢売りのたまご」にて1991年下期コバルト読者大賞受賞。ファンタジー、SF、ホラーなどを執筆。主な著作に『立原透耶著作集』(彩流社/既刊四冊)など。熱烈な中華SF愛好家。

今が旬!?傑作華文SF&ファンタジー5冊

中国語で書かれた作品、あるいは華人による作品のSFやファンタジー、幻想小説から、絶賛お勧めするのはこの五冊!中華文明に詳しい方もそうでない方も、様々な角度から楽しめる小説ばかりです。それぞれ雰囲気の異なる作品をピックアップしました。

ブックツリーを詳しく見る

温故知新~中華系を舞台に創作をするなら、まずはこの五冊

一口に中華文明といっても、時代や地域、民族や王朝など文化はさまざま。とはいえ、SFやファンタジーを読む・書くなら、やはりこれだけは抑えておきたいというものがある。数多の作品から選出したのは、基本中の基本。もしかしたら自分の好きな小説や漫画、ドラマや映画の元ネタがあるかも!?

ブックツリーを詳しく見る

玉田誠

台湾において日本ミステリーの紹介や台湾ミステリーの評論を行っている。訳書に藍霄『錯誤配置』、寵物先生『虚擬街頭漂流記』

いま読むべき華文ミステリー5選

華文ミステリーは、作家の出自と背景の多様さから一括りにするのが難しいほどに個性の際だった作品ばかり。ここでは現在も入手可能な邦訳作品を取り上げてみました。欧米や日本の本格ミステリーとはひと味もふた味も違う華文ミステリーの魅力を知るきっかけとなれば幸いです。※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2018年10月18日)の情報に基づいております。

ブックツリーを詳しく見る

天野健太郎

1971年、愛知県三河生まれ。京都府立大学文学部国中文専攻卒業。2000年より国立台湾師範大学国語中心へ留学。帰国後は台湾専門翻訳・通訳、聞文堂LLC代表。ツイッターアカウント「@taiwan_about」訳書に龍應台『父を見送る』呉明益『歩道橋の魔術師』鄭鴻生『台湾少女、洋裁に出会う』ジミー・リャオ『星空』陳浩基『13・67』ほか。

台湾史に隠れていた物語

東アジア史の台風の目、台湾。激動の近代を実直に生きる市井の人びとを描いた物語です。そこに描かれた現実は少しだけリアルでした。とりわけ家族のヒストリーには、独裁政権が封印し、書かれることがなかった当時の風景が生き生きと広がります。

ブックツリーを詳しく見る

稲村文吾

中国語翻訳者。早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。中国語短篇ミステリの翻訳企画「現代華文推理系列」が第17回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)候補に。ほかの訳書に胡傑『ぼくは漫画大王』、文善『逆向誘拐』(ともに文藝春秋)、陸秋槎『元年春之祭』(早川書房)。

すこし角度を変えて、これも華文ミステリー

華文(中国語)ミステリーは近年、中華圏各地で大きなムーブメントを形成しつつあります。しかしその流れをはみだすところにも、ミステリー好きが見逃してはいけない作品は存在しています。華文ミステリー史の各側面や、「ミステリー」のラベルの付いていない小説、また児童文学や漫画から作品を集めました。

ブックツリーを詳しく見る

佳多山大地

ミステリ評論家。1972年、大阪府生まれ。94年、「明智小五郎の黄昏」で第1回創元推理評論賞佳作入選。以後、ミステリ評論家として各紙誌で書評活動を続け、今年(2018年)で足掛け25年のキャリア。著書に『謎解き名作ミステリ講座』、『新本格ミステリの話をしよう』(共に講談社)がある。

中国・香港・台湾を舞台にした必読のミステリ

古来、海路・空路の発達で時間的な距離は短くなる一方、でも心理的な距離はその時代時代で近くも遠くもなる“海の向こうの変容する大国”。中国、香港、そして台湾の過去・現在の精神風俗を映したミステリをひもとくことは、常にその隣人であるわれら日本人と日本のことを知るテキストにもなるはずだ。

ブックツリーを詳しく見る

阿井幸作

1984年北海道釧路町出身。現在は中国北京市在住。現地で中国のミステリー、ホラー、SF、ライトノベル、アニメ、漫画などサブカルチャーをウォッチし、作者や読者らと交流しながら、中国語小説の書評家と翻訳家として活動中。海外ミステリーを専門的に扱う「翻訳ミステリー大賞シンジケート」や毎日新聞が毎月発行する「CHINA WATCH」などでコラムを執筆。2018年、台湾の作家・九把刀氏の代表作である青春小説『あの頃、君を追いかけた』を翻訳家の泉京鹿氏と共同翻訳し、講談社より出版。

中国で話題になった日本ミステリー5冊

中国では日本や欧米のミステリーが好まれ、毎年数多くの海外ミステリーが翻訳されていて、書店には古今東西の海外ミステリー小説が並んでいます。そしていま、中国的要素を取り入れた社会派や本格・新本格などが生まれつつあります。北京在住の私からは、中国の作者や読者の間で話題になった日本ミステリーをご紹介します。

ブックツリーを詳しく見る

ふるまいよしこ

フリーランスライター。香港で14年、北京で13年半暮らし、大手メディアが取り上げない現地社会を観察、解説。香港バプティスト大学ジャーナリズム学院ジャーナリストプログラム2018年度フェロー。著書:『香港玉手箱』『中国新声代』『中国メディア戦争』。

香港、台湾、東南アジア・・・中国大陸の周縁で生きる

今やアジアは中国を中心に動いているといっても過言ではない。かつてない勢いで成長するこの国をさまざまな周縁地域が見守っている。中国という国と付き合い、揉まれ、いかに共存しているのか。我々がそこから学べるものは多い。

ブックツリーを詳しく見る

キャンペーン名

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン

キャンペーン概要

期間中にキャンペーンにエントリーいただき、丸善丸の内本店、ジュンク堂池袋本店、丸善日本橋店、またはhonto本の通販ストア・電子書籍ストアにて対象商品をお買い上げの方を対象に、hontoポイントが通常の【5倍】になるキャンペーンです。

キャンペーン対象

期間中に以下の全ての条件を満たしたお客様

  • 当キャンペーンページからエントリーした方
  • 対象店舗にて対象商品をお買い上げの方
  • 店頭でのお買い物の際は必ずお会計前にhontoカードまたは「honto with」アプリ内カードをレジにてご提示ください。
  • hontoカード未登録のお客様は対象外となりますので、キャンペーン期間中に登録を行ってください。お買い物とhontoカード登録はどちらが先でも対象となります。

対象期間

2018年11月9日(金)~2018年12月5日(水)

ポイント付与時期

2018年12月中旬予定

  • 本キャンペーンの付与ポイントはお買い上げ時の基本ポイントを含めて5倍です。基本ポイントはお買い上げ時に付与、残りをキャンペーンポイントとして上記時期に付与いたします。
  • キャンペーンポイントは、付与月の3ヶ月後の月末まで使える期間限定ポイントとして付与いたします。
  • ストアによってポイント付与率が異なります。ポイントについてはこちらをご確認ください。

注意事項

  • hontoポイント・クーポンを使ってお支払いをされた場合は、ポイント・クーポンご利用後のお支払い金額に対してキャンペーンが適用されます。
  • 本キャンペーンは他のキャンペーンと併用可能です。
  • 本キャンペーンは予告なく変更・中止する場合があります。ご了承ください。

《ポイントサービス実施店舗でお買い物の際のご注意》

  • 店頭でのお買い物の際は必ずお会計前にhontoカードまたは「honto with」アプリ内カードをレジにてご提示ください。
  • hontoポイントカード未登録のお客様はキャンペーン対象外となりますので、期間中に登録を行ってください。
  • 本キャンペーンは、実施店舗以外は対象外です。
  • キャンペーン対象期間は、各対象店舗の営業日・営業時間に準じます。