サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

厳選コミックセット25%OFF(~5/27)

目次

電子書籍

平家物語の知恵(講談社文庫)

平家物語の知恵

  • 青木雨彦 (著)
    まえがき
    プロローグ 子殺しと平家物語
    ■頼朝はなぜ平家一族を皆殺しにしたのか。
    ■孫悟空のモデルたち。
    第一章 平家全盛 組織運営と人間関係
    ■祇園精舎を読んで、わたしは、ダメ人間のいる会社のほうが良いのではないかと考えた。
    ■大権力者をそでにした十六歳の小娘。
    ■源氏没落をみて、人事のありようを考えた。
    ■平家一族をみて、三代目育成の困難さを考える。
    ■鹿谷・陰謀発覚をみて、裏切りについて考える。
    ■成親卿の涙をみて、不平不満の持ち方を考える。
    ■いさめ役・重盛をみて、出来レースについて考える。
    ■体制内反対派はいたほうがよい。
    ■実定のやり方から、不平不満の乗り越え方を考える。
    ■俊寛の悲劇をみて、恩の売り方について考える。
    ■頼政反乱をみて、「敵をつくるタイプの男」について考える。
    ■競の活躍から、再度「裏切り」について考える。
    ■福原遷都をみて、企業三十年説を考える。
    ■頼朝の伊豆配流生活から、左遷について考える。
    ■文覚上人の行動力をみて、自分を信じることについて考える。
    ■平家敗走をみて、サラリーマンの禄について考えた。
    ほか