サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

目次

    まえがき
    1 「フンシ」のにおいの力――谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のおんな」
    2 下手クソで、ゆたかな小説――有島武郎「迷路」
    3 「都会男」による「都会男」の小説――武田麟太郎「井原西鶴」
    4 「土」の文章のこと――長塚節「土」
    5 「小説家」のくらしの話――徳田秋声「仮装人物」
    6 「人びと」を描くということ――徳永直「太陽のない街」
    7 乗合船の話――前田河広一郎「三等船客」
    8 ある否定しがたい力――金史良「郷愁」
    9 総理大臣の胸のうちとまわりの風俗――徳冨蘆花「黒潮」
    10 文章の力――夏目漱石「坊つちやん」
    11 「私小説」におけるつきあいの強制について、他――嘉村礒多「業苦」
    12 大きな小説――壺井栄「大根の葉」
    13 それから、のこと――原民喜「火の唇」
    14 「番外」の重大な小説――ジョン・オカダ「ノー・ノー・ボーイ」
    あとがき