サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

電子書籍

労働法入門(岩波新書)

労働法入門

  • 水町勇一郎 (著)
    目次  
    はじめに―働くことと法

    第1章 労働法はどのようにして生まれたか―労働法の歴史
    1 労働法の背景―二つの革命と労働者の貧困
    2 労働法の誕生―「個人の自由」を修正する「集団」の発明
    3 労働法の発展―「黄金の循環」
    4 労働法の危機―社会の複雑化とグローバル化

    第2章 労働法はどのような枠組みからなっているか
        ―労働法の法源
    1 「法」とは何か
    2 人は何を根拠に他人から強制されるのか
    3 労働法に固有の法源とは
    4 日本の労働法の体系と特徴

    第3章 採用、人事、解雇は会社の自由なのか
        ―雇用関係の展開と法
    1 雇用関係の終了―解雇など
    2 雇用関係の成立―採用
    3 雇用関係の展開―人事

    第4章 労働者の人権はどのようにして守られるのか
        ―労働者の人権と法
    1 雇用差別の禁止
    2 労働憲章
    3 人格的利益・プライバシーの保護
    4 内部告発の保護
    5 労働者の人権保障の意味

    第5章 賃金、労働時間、健康はどのようにして守られているのか
        ―労働条件の内容と法
    1 賃金
    2 労働時間
    3 休暇・休業
    ほか