サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

目次

電子書籍

民法改正を考える(岩波新書)

民法改正を考える

  • 大村敦志 (著)
    目次

    序章 民法改正とは―直近の改正作業をふまえて

    第1章 日本の民法改正
    1 三つの民法典
    2 近時の立法状況
    3 平成民法へ?

    第2章 諸外国の民法改正
    1 ローマ法からナポレオン法典へ
    2 フランス民法典の神話化とその後の改革
    3 ヨーロッパの民法編纂と最近の状況
    4 東アジアの民法編纂と最近の状況
    5 小括―民法改正を考える視点
      a 改正の原因・目的
      b 改正の態様
      c 改正の担い手

    第3章 民法改正をどのように行うか
    1 誰が改正するか
    2 どのような手続きによるか
    3 誰のための民法典か
    4 どのような編成にするか

    第4章 民法改正はどこへ
    1 債権法改正がめざすもの―「契約による社会」の構想
    2 債権法改正につづくもの―人格の保護のために
    3 さらに、その先へ―「市民の法」へ

    結章 民法典を持つということ―社会の構成原理としての民法典

    おわりに
    参考文献