サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

目次

電子書籍

四字熟語の中国史(岩波新書)

四字熟語の中国史

  • 冨谷至 (著)
    目  次

      「四つの漢字」という窓から

     一 聖人を語った言葉――孔子と『論語』
      1 温故知新――なぜ「温」が「たずねる」なのか
      2 韋編三絶――書写材料の変遷
      3 盗泉之水――「正名」それとも「潔癖」
      4 糞土之牆――許されない「魯魚亥豕」

     二 諸子百家の興宴――春秋戦国時代の思想
      1 守株矛盾――韓非子の儒教批判
      2 宋襄之仁――宋の人はなぜ笑われるのか
      3 不射之射――我れ未だ木鶏たりえず
      4 風林火山――信玄の旗印

     三 太史公の歴史がたり――『史記』の世界
      1 酒池肉林――「暴虐なる王」の背景
      2 臥薪嘗胆――語り物と熟語の完成
      3 四面楚歌――天命をまえに
      4 曲学阿世――司馬遷が接した公孫弘

     四 転換する時代と四字熟語――古代の終焉
      1 乱世姦雄――曹操の墓をめぐって
      2 親魏倭王――称号が語る日中交渉
      3 天知神知、我知君知――賄賂はなぜ犯罪となるのか
      4 蛍雪之功――読書人の世界

      あとがき