サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

目次

電子書籍

永遠平和のために(岩波文庫)

永遠平和のために

  • カント (著)/ 宇都宮芳明 (訳)
    目  次

      永遠平和のために

     第 一 章 この章は、国家間の永遠平和のための予備条項を含む
      第一条項 将来の戦争の種をひそかに保留して締結された平和条約は、決して平和条約とみなされてはならない。
      第二条項 独立しているいかなる国家(小国であろうと、大国であろうと、この場合問題ではない)も、継承、交換、買収、または贈与によって、ほかの国家がこれを取得できるということがあってはならない。
      第三条項 常備軍(miles perpetuus)は、時とともに全廃されなければならない。
      第四条項 国家の対外紛争にかんしては、いかなる国債も発行されてはならない。
      第五条項 いかなる国家も、ほかの国家の体制や統治に、暴力をもって干渉してはならない。
      第六条項 いかなる国家も、他国との戦争において、将来の平和時における相互間の信頼を不可能にしてしまうような行為をしてはならない。たとえば、暗殺者(percussores)や毒殺者(venefici)を雇ったり、降伏条約を破ったり、敵国内での裏切り(perduellio)をそそのかしたりすることが、これに当たる。

    ほか