サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

目次

    はじめに

    「危険学プロジェクト」と「航空」
     人間が全体を見られない時代/新しい事故の形/時間の経過と事故/人間と機械の役割

    第1章 代表的な航空事故例
     生みの苦しみ──1954年、コメット機(イギリス)
     事故調査で先鞭をつける
     予測できた事故──1974年、トルコ航空DC10(パリ)
     会話の脆弱さ──1977年、KLM747とPanAm747(テネリフェ)
     人間を信用し過ぎてはいけない
     改善と改悪は紙一重──1979年、アメリカン航空DC10(オヘヤ空港)
     最悪の単純ミス──1985年、日本航空747(御巣鷹山)
     1985年8月12日
     奇妙な話
     帰国後の事故調査
     安全啓発センター
     安全アドバイザリーグループ
     裏目に出た威信──1986年、スペースシャトル・チャレンジャー(ケネディ宇宙センター)
     組織事故の代表例
     経年化と整備──1988年、アロハ航空737(マウイ)
     相反する設計要件──1992年、エル・アル航空747(スキポール空港)
     人と機械のせめぎ合い──1994年、中華航空エアバス(名古屋空港)

    ほか