サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

目次

電子書籍

テレビの日本語(岩波新書)

テレビの日本語

  • 加藤昌男 (著)
    目  次
       はじめに

     序 章 テレビが息をのんだ「3・11」

     第1章 テレビのことばはこう作られる
      1 不特定多数に伝わる「音のことば」
      2 新人アナウンサーに必要な日本語力
      3 ニュース原稿ができるまで
      4 ことばの“品質”はだれが保つのか

     第2章 時代を映すテレビのことば
      1 テレビはどこまで饒舌に
      2 技術革新と軽量路線がことばを変えた
      3 テレビにみる“日本語の乱れ”
      4 日本語の音声はただいま変身中?
      5 大事件を他人事と感じさせることば

     第3章 ニュース文体はこう変わってきた
      1 それは「耳のコトバ」から始まった
      2 「読む」ニュースから「話す」ニュースへ
      3 キャスターニュースが主流に
      4 “見せる演出”が文体を変えた

     第4章 災害報道のことば
      1 「東日本大震災」はこう伝えられた
      2 原発事故報道を点検する
      3 「阪神・淡路大震災」以来の教訓
      4 災害列島・被災者が語ったことば

     第5章 報道現場でのことばの選択
      1 “理”のないリポーターは単なる運搬係

    ほか