サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

【総合】honto 6周年 「超スーパーセール」(~5/31)

目次

電子書籍

百年前の日本語(岩波新書)

百年前の日本語

  • 今野真二 (著)
    目  次
       はじめに――日本語に明治維新はあったか

     第一章 百年前の手書き原稿――夏目漱石『それから』の自筆原稿
      一 漢字のかたち――漱石の書いた「所」の字
      二 漱石も「新字体」を使っていた
      三 手書きと印刷との間で

     第二章 「揺れ」の時代――豊かな明治期の書きことば
      一 日本語を漢字によって書く
      二 活躍する振仮名
      三 語形の多様性
      四 書き方の多様性――同語異表記・異語同表記
      五 和漢雅俗の世紀――漢英対照から和漢雅俗へ

     第三章 新しい標準へ――活字印刷のひろがりと拡大する文字社会
      一 『朝日新聞』に掲載された夏目漱石の『それから』
      二 新聞紙面の日本語
      三 雑誌の日本語

     第四章 統一される仮名字体――失われた選択肢
      一 仮名のさまざまな使い方
      二 一九〇〇年のできごと
      三 消えた「仮名文字遣い」

     第五章 辞書の百年――辞書を通してみた日本語の変化
      一 英和辞書の訳語
      二 漢語辞書から考える
      三 和語・漢語・外来語
       おわりに――日本語が得たもの、失ったもの
       あとがき