サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

目次

電子書籍

ペトラルカ 無知について(岩波文庫)

ペトラルカ 無知について

  • ペトラルカ (著)/ 近藤恒一 (訳)
    目  次
       凡  例
       地  図
       〔献辞の書簡〕アペニン生まれの文法学者ドナートに

     I 序――新しい厄介な戦いを強いられて

     II 四人の若い知識人によるペトラルカ評とその動機
       本書の執筆意図/物語の発端――四人の若い友人の来訪/詩人にたいする嫉妬――嫉妬の対象はなにか/詩人評――善良だが無学な人間/詩人の名声にたいする嫉妬/四人の友人の学識/詩人の名声にたいする論評/神への祈り――善い人間になれますように
     III ペトラルカの自省と心境
       人知の微小さと無知の巨大さ/老ペトラルカの心境/文学者ペトラルカの生涯/無知を宣告された現在の心境
     IV 古代作家をめぐって
      一 アリストテレス派とアリストテレス
       四人の友人との交友と会話/アリストテレス派の権威主義/アリストテレスと幸福の問題/アリストテレス派の高慢と虚妄/アリストテレスの偉大さと限界
      二 キケロをめぐって――賞讃・批判・同情
       キケロとキリスト/キケロ讃美とキケロ批判/キケロの魅力――文体と思想/キケロの限界
      三 その他の古代作家

    ほか