サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

目次

電子書籍

改訂版 虎の巻 低線量放射線と健康影響

改訂版 虎の巻 低線量放射線と健康影響

  • 編著者 独立行政法人放射線医学総合研究所/ 編集責任者 土居雅広/ 編集責任者 神田玲子/ 編集責任者 米原英典/ 編集責任者 吉永信治/ 編集責任者 島田義也
    序章 変貌しつつある放射線防護の考え方
     ・制御可能な自然放射線も放射線防護の対象に
     ・広がる「被ばく」の管理・・・・・・わが国の対応
     ・原発事故由来の環境汚染による被ばくへの基準値の適用
     ・「先生、放射線を浴びても大丈夫?」と聞かれたら
     ・放射線の影響を正しく理解することはなぜ大切か

    第1章 一夜漬け「放射線の健康影響」

    第2章 規制者も医師・保健師も猛勉強「低線量放射線の健康影響」

    第3章 虎の巻「低線量放射線の健康影響に関する一問一答」

    終章 化学物質のリスクコミュニケーションに学ぶ
     ・原子力分野で行われてきたPA(パブリックアクセプタンス)
     ・「絶対安全」から「リスクを基準とする安全の評価」への転換
     ・リスクコミュニケーションとPAはどこが違うのか
     ・リスクコミュニケーションに失敗しないために
     ・別表1 急性・慢性放射線被ばく影響
     ・別表2 放射線の規制値と生活環境放射線のレベル

    こらむ 低線量発がんのリスク評価の基になるデータと理論
    こらむ 低線量放射線影響評価における論点と今後の課題